■プロフィール

いんたげ

Author:いんたげ
FC2ブログへようこそ!

■最新コメント
■最新記事
■カテゴリ
■カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■全記事表示リンク
■月別アーカイブ
■ブロとも一覧

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
レインフォレストなイメージで
CIMG2541_convert.jpg

先週の植え替えが良かったのかここのところ天気に恵まれたのが良かったのか、ハイビスカスが大きな赤い花をつけました。ま、うちではじっくり鑑賞する間もなくリクガメのお腹に飛び込んでいくんですけどね(-"-)


CIMG2546_convert.jpg

ジルの日光浴はシェルターからはみ出したお尻だけが日を浴びているお尻日光浴になっていましたw
ひょっとするとアカアシガメはインドホシよりも日光を浴びるのには消極的かもしれません(個体差も当然あるでしょうが)。去年もジルが日光を全身に浴びる姿を見たのは2回くらいですかねー。


CIMG2543_convert.jpg

相変わらずチコリはスクスク成長しています♪
でもそろそろ間引かないとやばいかな…(汗


CIMG2544_convert.jpg

こちらはサツマイモジャンゴー。
左の太かった部分はグングン葉が出てきていますが、細かった右からは一向に芽が出ません。こっちはもう駄目っぽいかな…根は出てるんですが。


CIMG2545_convert.jpg

これは越冬できなかったコリウスが植えてあった鉢に種を撒いたアカツメクサです。レンゲソウやこのアカツメクサあたりが一番成長が早くローテをしやすそうなのですが実際には秋までに2、3回収穫できれば良い感じでしょうか。


CIMG2547_convert.jpg

CIMG2548_convert.jpg

日光浴を終えたジル。
足の鱗の赤が際立って見えます。さすが南米出身、熱帯雨林の住人といった派手さですが(実際にはアカアシは熱帯雨林から外れたところが主な生息地なようですが)、ドクトカゲとかドクガエルに通じる禍々しさを感じなくもありません(もちろんドクはありませんw)。

そういえばカメって毒を持っている種類はありませんよね。堅牢無比な甲羅があれば毒など必要としないということでしょうか。
神経毒を持つアルダブラソウガメ…うん、相当無意味、まず誰が噛みつかれるんだと。しかし出血毒を持つサルヴィンオオニオイガメだったら?…こ、これは危険な香りがする…凶暴極まりないサルヴィンに出血毒とか、ゴクリ…

急に妄想、入りだしました(;・`д・´)!?


CIMG2549_convert.jpg

そしてちょっとお出かけ。御茶の水橋に佇んで写真を撮る。
子供の頃から何度この光景を眺めたかもう数え切れないほどだと思うけれど何度見ても癒されます。こんな風に春~夏の青々とした緑を見るのも良いけれど、駅や通過する電車の明りが優しく漏れる夕暮れ時も良いですね。どこもかしこもコンクリートだらけな都会にあって数少ないほっとする景観。


CIMG2550_convert.jpg

室内放牧も終え、今日のプログラムは終了のジル。念のためペットシーツのオムツをつけておきましたが粗相は無し。なかなか良い子の一日でした(^-^)


リクガメ | 01:31:41 | トラックバック(0) | コメント(27)
ウチワサボテン
CIMG2535_convert.jpg

先日ケイティママさんからウチワサボテン、イワダレソウ、ツユクサをいただきました。
特にウチワサボテンは以前から一度リクガメ用に育ててみたいと思っていたのでとてもうれしいプレゼントです♪
ケイティママさんありがとうございます\(^o^)/


CIMG2536_convert.jpg

ウチワサボテンは一緒に植えるつもりはなかったのですが鉢や土が足りなかったので一時的な措置として一緒に植えておきました。


CIMG2539_convert.jpg

そして今日になって100均に土と鉢を買いに行き、まずはハイビスカスを一回り大きな鉢に植え替えました。ハイビは花も葉もカメの良い餌になって重宝するので特別待遇ですw
特に花は嗜好性が高いうえに室内などに入れておけば12月になっても咲いたりするので大助かりです。

CIMG2537_convert.jpg

ハイビを鉢から取り出すと想像通り根が所狭しと張っていました。


CIMG2538_convert.jpg

そしてハイビが植わっていた鉢にはウチワサボテンを植えなおしました。ここからどんどん大きくしてカメ餌に!そして他のリクガメキーパーさんにおすそわけできるくらいに育てるのが目標です。果たしてうまくいくかな?


CIMG2540_convert.jpg

またリクガメキーパーさんのご親切で餌にバリエーションが増えるよ!感謝して食べるんだよ?


リクガメ | 00:42:31 | トラックバック(0) | コメント(22)
多湿系向きの季節になってきました
CIMG2513_convert.jpg

先日宝の前にまず一杯!のriku-natiさんから発情で絶食中のぽっぽの身を案じて送っていただいた野草です。
riku-natiさんありがとうございました<(_ _)>

残念ながらぽっぽの調子は依然芳しくありませんがこうした親切に触れると、ブログを始めたりネットで他のリクガメキーパーさんとの交流が持てたことは本当に良かったと思えます。

しかしながら一方で残念なことにネットの世界は決して善意だけで成り立っているわけではありません。今回のぽっぽのように状態が芳しくない個体がいたり、あるいは飼育方法がセオリーと少し違っているというだけで鬼の首を取ったように誹謗中傷を書いていく残念な人がいるのもまた事実です。こういった人には対処法がいくつかあるのですがその一つは最初から餌をやらないということでしょう。

ぽっぽのように発情をこじらせ絶食に陥ったカメの状況をブログで公開し検討していくことは、同じリクガメを飼う人にとっても参考になるところがあるかと思います。しかし誹謗中傷でしか自分を表現できない残念な人にとっては単に良い餌でしかないこともわかりました。私はそのような人間と情報を共有したいとは思わないので、今後ぽっぽの近況についてはブログで公開していくことはやめようと思います。

ただしこれまで当ブログでお付き合いのあった方の中にはぽっぽのことを親身になって心配してくださる方も少なくありません。従ってこれまで当ブログにコメントをいただいたことがある方で、ぽっぽの近況ついて気になるという方がいらっしゃれば、その旨をコメントに書いていただければ個別に対応させていただきたいと思います。

ぽっぽが元気に復活してくれればまたブログに登場することもあると思います。それまではしばしの間治療に専念することにしたいと思います。



さて、あまり楽しくない話はこの辺にしていつものブログに戻りたいと思います(^-^)

CIMG2526_convert.jpg

昨日のベランダは日陰でも27℃以上ありました♪
早速ジルは日光浴へGo!

CIMG2523_convert.jpg

去年も使用していたしょぼしょぼの自作のシェルターですが(まだ捨ててなかったのかという突っ込みはなしでw)、ちょうど良い風よけになりそうです(風は若干ありました)。紫外線はガラスを通してだと拡散してしまいますが、日陰には十分届くそうなのでこんな感じでも良く紫外線を浴びているのではないかと思います。

ベランダの植物はというと…

CIMG2525_convert.jpg

細い方はまだですが、太いほうのサツマイモから無事に芽が出てきました(^-^)
これでサツマイモジャンゴーゲットはほぼ間違いないと思われます。


CIMG2524_convert.jpg

チコリの葉もみるみる大きくなってきました。あまりたくさん植えない方が良いという助言をいただいたので、少し間引きながら最終的には2~3株を大きく出来ればいいなと考えています。


CIMG2518_convert.jpg

プランターの端っこにちょっとだけ植えたオオバコとヤブガラシも季節の代わりを受けみずみずしい緑色の葉がでてきました。もっとも端っこにちょっと植えただけなのでカメの餌にはならないと思いますが…。


CIMG2519_convert.jpg

ちょっとグロいですね(汗、こちらは睡蓮鉢で養殖しているラムズホーンやスネールです。これまでなかなか大きくならないなーと思っていたのですが、なんのことはない、茹でたキャベツやホウレンソウなどの餌を入れておくとガンガン増えてガンガン大きくなります。こんなに増えるならヒメニのマーシャルの主食として使えるかもしれません(まあ、言ってはみたもののそれはちょっと大げさかw)。配合飼料だけではなく自然での主食とされる貝類をたくさん与えられれば巨頭化もあるかな?


CIMG2522_convert.jpg

最近定番となりつつあるベランダ日光浴と室内放牧を終えてケージに戻されるジル。室内の温度や湿度的にはアカアシならもうケージを必要としないと思われますが、水入れにはいって寝ることが多いジルなので夜は必ずケージに戻しています。やっぱりアカアシは水が大好きなようです♪


リクガメ | 08:46:14 | トラックバック(0) | コメント(27)
ともかく日光浴
今日も一日天気が良かったです(^-^)

となればやることは一つ!

リクガメの日光浴!



CIMG2497_convert.jpg

相変わらず絶食中のぽっぽですが、日光浴に出したらがっつり水を飲んでいました。それこそどんだけ飲むんだよというくらいに…。絶食中でも体重が減るだけではなく増えてたりしたのはやっぱり水をよく飲んでいたからなんですね。
以前から水は飲むのなら水入れの水にレプチゾルなどを添加するのはどうかと思っていたのですが、でもそれをやって、逆に水すら飲まなくなったらどうしようとも思ったり。レプチゾルって無味無臭かな?とりあえず手に入れるだけ入れてみるか。


CIMG2496_convert.jpg

目の下に隈ができちゃってすっかり病的な感じのぽっぽ。おじゃる丸でいえばさしずめうすいさちよさんといったところか(いや、知らん人は知らんでいい…)。リクガメに隈なんかできるのかと思うけれど発情前はこんな感じじゃなかったし…。照り返しの強いコンクリのベランダでは、デイゲームで野球選手が貼るアイパッチくらいには役に立っているのかもしれない。眩しくないようにね。


CIMG2498_convert.jpg

前回の記事で紹介したチコリの鉢ですが、早速芽が出てきました\(^o^)/
完全に成長するまでは結構な時間がかかるそうですが、意外と早くぽっぽやジルに食べさせてあげられるかもしれませんね?

CIMG2499_convert.jpg

こちらも少し前に種を撒いたレンゲソウの芽が出てきました。レンゲソウの方は育つのが早いので近いうちにジルのお腹に入るでしょう(ぽっぽは食べないんですけどね)。


CIMG2503_convert.jpg

ぽっぽは20分くらいでケージに取り込んで今度はジルの番。
外に出すとどでーんとした感じで、やっぱり最近は大きくなったと実感します。甲羅はもちろんですが頭の大きさなんかもぽっぽとかなり差が出てきました。大きくなった頭はなで甲斐がありそうな気がして、実際時々なでてやるのですがとても嫌がります(´・ω・`)


CIMG2501_convert.jpg

しばらくするとそそくさと日陰に入っていってしまうジル。

え、どこにいるんだって?

上から見るとこんなでも


CIMG2500_convert.jpg

横から見ると松葉菊の屋根の下でじっとしているのがわかります。
このような状態でも紫外線を浴びるには十分でしょうからこのまま放っておきます。
幸い今日は風もほとんどなかったのでジルにはとても居心地が良かっただろうと思われます。


…そしてそのまま放っておくこと約2時間…


CIMG2504_convert.jpg

ベランダ日光浴を終えたジルは今回も室内で引き続き放牧です。
ペットシーツオムツをセッティングすれば後はご自由に~♪
といってもまたシェルターの中に入ったらこちらが出すまでは出てこないんですけどね(苦笑。


CIMG2506_convert.jpg

夜まで室内で放牧された使用後のジル…
…あ、使用後だったのはペットシーツオムツだった(^-^)

前回よりもおしっこの量が多かったのか、ペットシーツの許容量ぎりぎりな感じでした。
横から漏れてはいませんでしたが、さらにおしっこをしてしまった場合には漏れてしまったかもしれません。
もう少し大きめにペットシーツは切った方が良いかな?
今後も試行錯誤を繰り返してみたいと思います。


リクガメ | 21:41:03 | トラックバック(0) | コメント(22)
ベランダシーズンキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
CIMG2451_convert.jpg

現在はまだ700gくらいですがアカアシのジルが1kgを超える日もそう遠くはなさそうということで新調した量り。この手のキッチンスケールって思っていたより安かったので即注文。代金と送料が同じくらい(苦笑。これは3kgまで量れるので前回用意したノギスと同様当分の間使えそうです(ま、3kg超えたら次は人用体重計ですね)。

といってもスケールに乗っているのはぽっぽの方です。前回の記事でも書きましたが、昨日はぽっぽに栄養剤の注射を打ってもらいに病院へ行ってきました。今日も相変わらず餌を食べませんが、獣医師が言うにはそろそろ発情も終わる頃なんじゃないかとのこと。体重の方は一度308gまで落ちましたが、水を飲んでいるので平均的には減っているというわけでもなく、脱水症状もとりあえずは心配無しとのこと。最悪注射でつないでいくこともできますし(ってかなり最悪だけど(涙)まあ発情は病気じゃないからと自分に言い聞かせ気長に餌を食べ始めるのを待つしかありませんね。



さて、今日もとてもいい天気でした(^-^)
そしてもちろんリクガメキーパーとして真っ先に思い浮かぶのが日光浴!
日本全国津々浦々でリクガメの甲羅干しが見られたに違いない!?

というわけで早速ベランダ日光浴へ。食べてないので体力面が若干心配されますが、十分に暖かかったのでぽっぽも短時間の日光浴に出しました。ベランダの様子をチェックしていきながらぽっぽとジルの日光浴です。


CIMG2452_convert.jpg

まずはハイビスカス。ほぼ絶食状態のぽっぽが唯一そして一番最後に食べたのがこのハイビスカスの花。つぼみが出来てから3週間くらい経つはずですが。これが咲きそうでなかなか咲かない(´・ω・`)
調子が良ければつぼみができてから咲くまでなんてそんなに時間はかからないのですが、多少寒い日でも表に出しっぱなしにしたのがなかなか咲かない原因かな?状況的には明日にも咲いておかしくないような感じなのですが…。


CIMG2456_convert.jpg

新しい種はまだ撒いたばかりなのですが、枯れずに残っていたレンゲソウから花が咲いていました。ハイビスカスと花つながりでぽっぽが食べないかなと差し出してみましたがやっぱり食べず(´・ω・`)
ま、そんなに期待しちゃいなかったけどね。


CIMG2469_convert.jpg

コダカラソウも最近になって再び大きくなり始めた感じです。もっとも今のままでもうちのリクガメ2匹じゃ食べきれないくらいの量ですがw


CIMG2458_convert.jpg

そして今年もやっぱりセッティングしたサツマイモジャンゴー!(予定)ぽっぽもジルも葉っぱは好みじゃないらしくほとんど食べてくれないのですが、ジャンゴー化すると夏場のベランダ飼育時に良い日陰を作ることができるのでその点では大変重宝する植物です♪

CIMG2468_convert.jpg

こんなふうに。
松葉菊のカーテンも猛暑のベランダで良い日陰を提供してくれます(お尻が出てますがw)。


CIMG2454_convert.jpg

そしてコモンマロウ(&ヤブガラシ&オオバコ(笑))
レンゲソウ、松葉菊と続きこれもジルは食べるけどぽっぽは全く食べない植物です(#^ω^)
ああ、発情してなくてもやっぱり偏食大魔王なぽっぽ…orz
そして実はジルもそんなに好きではなさそうで時々仕方ないから食べるって感じ。まあでもいい、これは花が咲いたら私がハーブティーにして飲むものだから。去年は全然咲かなかったけどな!


CIMG2453_convert.jpg

こちらはコリウス…
あれ?春になっても枯れたまま?もしかしてこれもう駄目?
コリウスは完全に鑑賞用でリクガメの餌にしようという意図は一切なかったのですが、これ越冬できない植物だったのかな(汗。ダメなら仕方ない、オオバコでも植えるか

オオバコやヤブガラシを植えたいなんてのがリクガメキーパーの悲しい性


CIMG2467_convert.jpg

こちらはぽっぽとジルに日光浴をさせながらセッティングした新しいプランターです。百均で鉢を購入しリクガメの床材のためにストックしておいた腐葉土を入れたらそれで終了。先日お座敷がめと一緒のu-koさんからいただいたチコリの種を撒いてみました。野菜は近所のスーパーで買ってプランターではスーパーで買えないものを栽培する方針なのですが、うちの方のスーパーではチコリなどというオサレ野菜は売ってないので無問題。大きくなれよ~♪そしてu-koさんありがとうございました<(_ _)>


CIMG2459_convert.jpg

睡蓮鉢のトクサもどんどん伸びてきました。一度コケ掃除をやる必要がありそうだなと中をのぞきこんでいると今年も無事に越冬した青コリが泳ぐ姿が目に入りました(^-^)極端に大きくなったということはないようですが、去年見た時より一回りくらいは大きくなった感はあります。


CIMG2464_convert.jpg

と、こんな感じで新しいプランターをセッティングしたり、ベランダをぼーっと眺めている間もぽっぽはずっとうろちょろしっぱなしでした。絶食中でどこにそんな体力が残っていたのか本当に不思議です。

CIMG2460_convert.jpg

かなり頬がこけてしまった感じですが、それでも歩き続けるぽっぽ。ケージに戻したら腹減ったなあと餌を食べてくれないかなと期待しましたがやっぱり見向きもしませんでしたorzとりあえず水だけは飲んでいましたが。


CIMG2461_convert.jpg

こちらは快眠・快食・快便にしてあまり動かないジル(苦笑
カメに疎い人にはカメはのろいというイメージがある場合が多いと思います。しかしミズガメなどが特にそうですが実際は結構素早く動くことができたりします。ぽっぽもちょこまかと動くスピードは意外に速いです。でもそういう人が見たらああイメージ通りのザ・カメとして納得できそうなくらいにのんびりしているのがジルですw


CIMG2462_convert.jpg

日光は気持ちよかったかな?


CIMG2471_convert.jpg

ぽっぽは30分ほどでケージへ戻しましたが、ジルは2時間くらいはベランダに出しっぱなしにしその後さらに室内放牧へ。これはレプトミンの入れ物に気づいて急いでやってくるところです(急いでいてもやっぱりのろいですがw)。ジルに与える動物性の餌はリクガメフードに若干入っているものと、このレプトミンだけ。犬のおやつ感覚で時々名前を呼びながら与えています。きっちり学習してそのうち名前を呼んだだけで寄ってくるようになるかな?


番外編

CIMG2473_convert.jpg

井上真央主演の映画「ダーリンは外国人」で知っている人も多いかと思いますが、これはその原作の続編(みたいなもの)。最初の「ダーリンは外国人」が出た頃からずっと読んでいますが、この最新作はいつにもましてさらに驚くべきうんちくの多さ。一体こんなのどうやって調べたんだ?と思うくらい日本を含めた言語のうんちくに満ち溢れてます。こういうのって異文化を知ると言えば聞こえはいいけど、実は他人の生活をのぞくのは楽しいというわりと下世話なところにその根源があるような気がしなくもない。けれど楽しいものは楽しい。一読して頭にたたき込めば居酒屋で大威張りできること間違いなし(笑)


リクガメ | 23:08:41 | トラックバック(0) | コメント(28)
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。