■プロフィール

いんたげ

Author:いんたげ
FC2ブログへようこそ!

■最新コメント
■最新記事
■カテゴリ
■カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■全記事表示リンク
■月別アーカイブ
■ブロとも一覧

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
インドホシ問題考えるよ!
しまったプラケと浮島、飲み屋に置いてきたorz
カバンもプラケと一緒に置いておけばよかったorz

早速、路線検索。店まで往復する切符代の方が
プラケと浮島より高いのであっさり諦めるよ!(マーシャルすまん…)
お店もプラケなんて置いてかれて困ってると思うけどね!

精神的ダメージ 50


居酒屋を出たあといつもの店に梯子…。
頭イテエ、気持ちワルイ…。今日は使い物にならん…。
梯子やめておけばよかったorz

肉体的ダメージ 50


もうやめてっ、私のHPは0よ!\(^o^)/



6月7日、Blackoutという昆虫・爬虫類の展示即売会に行ってきました。
AKIさんのブログめ・が・く・りにて当日の様子について詳細な
レポがありますので、興味がおありになる方はそちらをご覧ください。

私もいくらか写真を撮ってきましたのでネタに困ったらブログに書く機会もあるかもしれません。



今日の本題はリクガメジャパンでも取りあげたお話。

リクガメ飼いにとって密輸といえばインドホシ、インドホシといえば密輸というくらい
あちこちの飼育書やネットのHPなどでも取りざたされています
(他にもビルマホシガメやホウシャガメなども密輸の対象として言及されることがあります)。
例えばhttp://allabout.co.jp/pet/reptiles/closeup/CU20070305A/index.htm


けれど密輸の実態というのは数字の上で把握することは可能なのでしょうか?
よく言われることですが、(日本)市場で取引されているインドホシに対して輸入量があまりにも
少なすぎる。だからそのギャップを埋める分がすなわち密輸であると。
でもこれって本当なのかな?過去にインドホシの密輸を試みて逮捕された例が
あるのは事実なので密輸があること自体は疑いようもありませんが、それにしても
その時に押収されたインドホシの数は16匹とかその程度です。
曖昧な推測ではなく、事実がどうなのかちょっと気になります。


実はCITESに指定されている動物の取引についてにはUNEP-WCMC CITES Trade Database
という便利なデータベースがあります。ここには過去の取引を含めCITESに指定されている
動植物の輸出入国、数量が掲載されています。

これを見ると2000年に入ってからの日本へのインドホシの正規輸入数は以下

年 頭数
2000 700
2001 1,920
2002 3,970
2003 3,640
2004 1,619
2005 7,488
2006 3,767
2007 0

これも問題の一つではあるのですが、実際にはCITES非加盟国からの輸入も
若干あると思われ実際の輸入数はこれを多少上回るかもしれません。

さてこれに対して日本において実際に供給されているインドホシの数が問題となるわけですが、
これを把握するのが非常に困難です。
この資料を見る限り2002年時点でペットショップの数は日本全国で5,861店舗となっています。
厳しい不況が続いたので店舗数は減ることはあっても増えることはなさそうですが、
一応2000年代の店舗数はおおよそこの水準を維持してきたとして、
この約6,000店舗のペットショップの中には犬猫専門のところもあるでしょうし、爬虫類などの
いわゆるエキゾチックアニマルを扱っていないお店もあるでしょう。
この部分のデータが取れない限り全くの憶測になってしまうのが残念ですが、
例えば控え目に約10分の1以下の店舗(500店)が扱っていたとして、一店舗当たり平均で
4頭のインドホシを仕入れたとすれば2,000頭のインドホシが市場に供給されることになります。

*東京には50店舗近くの爬虫類専門ショップがあります。各県にも平均で10店舗近くの
爬虫類専門店があるとすればホシガメを取り扱っている店舗数を500というのはそれほど
無理のない想定かと思います。
また我が国でエキゾチックアニマルに関する市場調査を行った貴重な資料として
日本における淡水ガメ・リクガメの市場調査がありますが、この調査は爬虫類専門ショップに
インドホシが置いてある確率の高さをある程度サポートしてくれると思います。

さらにこれに大手だけでも2,000店舗以上あるホームセンターなどでもインドホシは
時々販売されていますし、店舗の個体が販売されたり、あまり考えたくはないですが
弱かったりストック状況が悪く死んだものがあれば新たに仕入れを行うことは
容易に考えられることで、インドホシの市場において年間供給量が2,000や3,000
といったオーダーを下回る可能性はかなり低いような気がします。

ただデータを見ればわかるとおり2002年以降はそれなりにまとまった数のインドホシが
輸入されており、若干にせよ国内CBの存在というものも勘案すれば密輸が馬鹿みたいに
横行している市場とまで言えるかどうかは微妙かもしれません。

*ただし海外においては依然密輸が深刻な問題であることは明白な事実のようです。
http://wildlife.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/post-bb0f.html


そしてもうひとつCITES Trade Databaseのデータを眺めていて気になったのは
ある特定の国からのインドホシの正規輸入数量が突然拡大していることです。
ヨルダンからは2004年、2005年とそれぞれ300頭強のインドホシガメが輸入されています。
しかし2006年になるとこれが突然2,663頭へと激増します。
ヨルダンからの世界への輸出総数を見ても05年で450頭程度なのに、
これが06年になるとTH(タイかな?)向け800頭を含め輸出総数は3,600頭にも達します。
この数字は他国向けのインドホシを日本向けに振り替えたわけではないことを意味します。
果たしてこんなに急激な増産(いやな言い方だな)は可能なのでしょうか?

ご存じのとおりヨルダンにはもともとインドホシは生息していません。
従っていきなり種親を増やすことはできません。またヨルダンは確かにギリシャリクガメの
輸出なども行っておりリクガメのファームがあるのは間違いないようですが、
人口500~600万人の小国で、国内にそれほど大きなインドホシマーケットがあるとは
考えづらく国内マーケットのインドホシを日本へ振り向けているというのもちょっと無理がありそうです。

このことは一体何を意味するのだろうかと調べているとこんなHPが
http://www.reptilestoregalapagos.com/menu/basis/kihon6.htm

これを見る限り結局のところインドホシの原産地(インド、スリランカ、パキスタン)からいったん
CITES非加盟国を経由したり、ヨルダンなどへ直接密輸されてしまえば
どんな経緯であれ日本への正規輸入が可能となってしまうのではないでしょうか?
一種のロンダリングが行われている可能性があるのではないかと思うわけです。
そう考えれば日本への急速なインドホシの輸出増加も理解できそうな気がします。


もちろん私はリクガメを飼っているだけの素人で、活動家でもなんでもありませんから
だから○○すべきだというべき論を言うつもりはありません。
ただ盛んに密輸が言われ私自身もインドホシを飼っているので事実が知りたかっただけです。
そして事実を知るにはあまりにも情報が不足していることに気がついただけです。
(まあその道のプロなら本当はいろいろ知っているのかもしれませんけどね)


さ~て、いろいろ調べてマジ疲れた。
最後は軽い話題で。

CIMG0995_convert_20090608213847.jpg

Blackoutに出かける前、天気が良かったので2時間ほど日光浴に出していた時のジルです。
こんなにのんびりと気持ち良さそうに日光を浴びる姿を見たのはこれが初めてです。


CIMG0996_convert_20090608213923.jpg

もちろんこいつも含めてw


CIMG0987_convert_20090608213815.jpg

でもまあ最近はクローバーなどをよく食べる健康生活なので良しとします。

リクガメ | 07:30:00 | トラックバック(0) | コメント(14)
コメント
まじめな話
そうそう、こういったまじめな話がいんたげさんのイメージなんですよね。
先日で180度までは行かなくとも150度くらい変わりましたけど。(笑)

密輸入・・・後を絶たないようですね。
需要があるからこそなのでしょうが・・・。
カメだけではなくさまざまな希少動物などが密輸入されているのはそれを求める人間がいるからですよね。
でもこういった問題は無くなることはないんだろうなぁ・・・と思いました。
内容は分りやすくてよく理解できました。
2009-06-09 火 10:16:50 | URL | AKI [編集]
日曜日は、お疲れさまでした~♪あの後、梯子ですか~(笑)
AKIさんの言われていた通り、私も160度位変わりました~(*´艸`*)
そ~ですよ!真面目なお話しをするのが、いんたげさんですから!!
以前、某カメ専門店でギリシャの出身地を聞いた時、ヨルダンに大きなストック場があって、一旦集められると言われました。なので、CBでもない限り正確な出身地は断言出来ないらしいですよ。最近、他の種でもヨルダン産が多いのはそういう理由みたいです。
2009-06-09 火 12:34:48 | URL | riku-nati [編集]
なるほど~そんなことになっているのですね~なんとも、、、
でもそんなこんなで僕の手元に今インドホシ達がいるってのもまた事実
なのでえらそうなことはいえませんけど、、、(苦笑)
いってみれば合法的密輸??そんなかんじでしょうか?法をくぐる、
どうなんでしょうね~今はヨルダンからがおおいのですか~?
僕は東南アジアとアメリカと聞いてましたので驚きです~。
ジルちゃん気持ちよさそうに日光浴ですね~♪わははは~ぽっぽちゃんは
うちの姐さんとおなじく闇の住人?(爆)
2009-06-09 火 16:28:12 | URL | kajikaji [編集]
Re: まじめな話
AKIさん、ちょっとはしゃぎすぎましたね(汗。調べてみたらCITES2はCITES2なりで規制の甘さが透けて見えるような気がします。特にCITES2の場合、いったん密輸でも何でも国内に入ってきてしまえばそれを売ろうがなんだろうと罰則はありません。人間の欲望はそれ自体を否定しても仕方ないのでうまく知恵を使って乗り越えていくしかないでしょうね。国内CBの流通を進めるのが良いのかもしれませんが、免許がなければ増やしたインドホシを売ることすらできないのが現状で、誰でもすぐにブリーダーにというわけにいかないのも問題ですね。
2009-06-09 火 17:44:41 | URL | いんたげ [編集]
Re: タイトルなし
riku-natiさん、お疲れ様でした。非常に楽しい時間が過ごせて行ってよかったと思います(^-^)
やや?はしゃぎすぎたことでクールな私のイメージが台無しみたいですがw
そうですか、ヨルダンはファームというよりストック場なのですか。貴重な情報ありがとうございます。やっぱりお店の人はそういうところは詳しいですね。なぜ王国ヨルダン?というところにそこはかとなく香ばしさが漂っていて私を魅了してやみませんwこれからも気が向いたらサーチしてみたいと思います。
2009-06-09 火 17:49:40 | URL | いんたげ [編集]
Re: タイトルなし
kajikajiさん、まあ私たちの手元にいる以上あまり大きなことは言えないのは事実ですねwインドホシの多くはヨルダン、レバノン、アフガニスタンなどなぜか紛争の匂いが漂う危険なところからやってくるみたいです。なぜこんなところから?というのが何やらありそうで興味が尽きませんw
ジルの日光浴は本当に気持ち良さそうでした。10cmの小さなジルですが、大きな大きなゾウガメのようにゆったりと日光を浴びる姿はリクガメっていいなあーと思う瞬間ですね。ぽっぽは常に闇の住人ですがw
2009-06-09 火 17:55:29 | URL | いんたげ [編集]
先日はお疲れさまでした。
私は148度位かな(^_-)
ウチのななちゃんもヨルダンの子ですので、今回の記事を興味深く読ませていただきました。
PDFなどは時間がある時読ませていただきます。
私も以前専門店で「ヨルダン産」と書かれているのを見て、「ヨルダンの何処ですか?」と聞いたら、「う~ん…都心部だよ…」と言うようなやり取りを行ったことがあります。
その時は企業秘密みたいなものかなと思いましたが、違うのかななんてふと思いました。
相変わらずマツバギクわさわさしていますね(^^)
2009-06-09 火 18:33:24 | URL | ななちゃん [編集]
Re: タイトルなし
ななちゃんさん、いえいえこちらこそお疲れ様でした。また何かあればよろしくです。
うちのもヨルダンですwなのでとても気になりました。これからも折を見てウォッチしていければなあと思います。松葉菊、ジルにはいい餌なんですがぽっぽは未だ見向きもしません><
2009-06-09 火 19:52:44 | URL | いんたげ [編集]
この問題に関しては皆さんと同様複雑な思いです。
自分自身もそんな市場に関わっている事実に声が小さくなってしまいます。
以前は深く考えたことはなかったのですが、めろんマンを迎えてからはそんな密輸事情にも納得しました。飼育の難しさ以上にelegansといわれるこの甲羅の美しさなのでしょうか...。
今こうして迎えた以上はしっかり成長させてあげなくてはと思う毎日です。
あら。。。プラケと浮島、置いてきちゃったのですね ^^;
いずれにしてもどこかしらには忘れてきちゃいそうな感じでしたよ ^^
ジルちゃん、えら~い! お日様のあたる場所で気持ち良さそう。
ぽっぽちゃんは。。。あ... やっぱりそこがいいんですね。
2009-06-09 火 20:46:33 | URL | u-ko [編集]
Re: タイトルなし
u-koさん、プラケ置いてきちゃいました><
確かにインドホシの派手な模様の甲羅は人を引き付けますよね。私もそうですw
なので手に入れたいと思う人は後を絶たず、それに対して自然破壊なども手伝って個体数はどんどん減っていくという現状があるんだろうと思います。ただこういう話ってこれに限らず何か正しいっぽいなと思われることに感情的に流されてしまう部分があって、やっぱりきちんとしたデータの裏付けがあって判断されるべきなんだろうと思います。今回はそれを検証してみたかったのですが、素人の私が手にできるデータや情報ではこの程度のことまでしかわかりませんでした。密輸を懸念するのは当然としても、安易に言い立てるのではなくて少し説得力のある裏付けを用意するべきだと思います。
ジルいいでしょ?wこの夏はこういう姿がたくさん見れるといいんですけどね(^-^)
2009-06-09 火 21:55:56 | URL | いんたげ [編集]
うーん
プラケ置いてきちゃったんですかー(*_*)
もったいなかったですねぇ。。。

密輸ですか・・・深刻な問題ですね。
インドホシはWC個体しか流通していないと某ショップから聞きましたが・・
密輸なのか正規なのか買う方はわからないですもんね。
でも、お迎えした子は縁あって来た子に代わりはありませんケドね。。。
なんだか、輸入されるだけされて弱い子がたくさん死んでゆくのを考えるといやなものです。
ヨルダン産ギリシャの子が多いと思ってはいましたが、(うちもそうです^^;)
ファームがあるんですか。知らなかったー

ジルちゃん、ひなたぼっこ楽しそう♪ぽっぽちゃんも元気そうですね!
2009-06-09 火 23:42:19 | URL | bell [編集]
Re: うーん
bellさん、プラケ置いてきちゃいました!シマッタ><
そもそも原産国では保護されているのでWCがそれほど入ってくること自体がおかしいわけですね。ただbellさんがおっしゃるとおり売られているホシガメに罪があるわけではないので購入者は大事に育てていけばいいと思います。また日本でインドホシがどのような形で輸入されてくるかなんて、最初から消費者に高い意識を求めても詮ないことですし。私だってそれなりのお店で売ってるインドホシだから別に大丈夫でしょ、くらいにしか考えていなかったというのが本当のところです。
riku-natiさんのお話だとファームというよりはストック場ということですね。私はファームと言われていたのをどこかで見た気がしますが、インドホシの状況を考えるとやっぱりストック場というのが本当のところかもしれないと思いました。bellさんのところのケン太君も一度どこかからヨルダンに集められて日本へやってきたのかもしれません。
ジルもぽっぽも元気です\(^o^)/ジルの日向ぼっこ、また見られるといいのですが(^-^)
2009-06-10 水 00:55:17 | URL | いんたげ [編集]
う~ん、これはリクガメを飼っている人ならば一度は考える問題ですが、いんたげさんの話は資料を引用されてますので、とても良かったです♪
この問題は、原産地側の生活文化や経済・教育問題とも絡んでいるので、すぐに全ての密輸がなくなることは期待出来ません。 ただ、一旦原産地を離れた個体を元の場所に戻すシステムがない現状、各自縁あって迎え入れた個体には、十分な愛情を注いで、元気で長生きさせてあげることが一番大切だと思います。
お~、ぽっぽちゃん、あまり強い日光を好まないのですね! うちのラミレスも同じですよ (;^_^A
 
2009-06-11 木 19:02:32 | URL | ダルウィン [編集]
Re: タイトルなし
ダルウィンさん、ありがとうございます。たぶんダルウィンさんの方が肌でいろいろ感じていらっしゃるところが多いと思います。パキスタンにも住まわれたことがあるそうですし。杓子定規でダメダメってやってもなかなかうまくコントロールできない気がしますね。ではどうすべきか、というところは私のような一飼育者の範囲を超える問題ですが、少なくともそれを議論するためのデータの整備は必要だと思います。とりあえずぽっぽを大事に育てることが先ですがwぽっぽはホント日光嫌いですw臆病なんでしょうねやっぱり。
2009-06-11 木 21:44:00 | URL | いんたげ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。