■プロフィール

いんたげ

Author:いんたげ
FC2ブログへようこそ!

■最新コメント
■最新記事
■カテゴリ
■カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

■全記事表示リンク
■月別アーカイブ
■ブロとも一覧

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
やっつけ水槽とゆかいな魚達(PART3)
やっつけ水槽とゆかいな魚達(PART2)に続いて第三弾、意外と長くなってしまいました^^;

最後は底もの2種です(^-^)
まずはこいつから~

CIMG3775_convert.jpg

みんな大好きコリドラス♪
どの種もそれほど派手なわけではありませんが、60cm水槽などでも複数匹入れて群れにして泳がせられるほど良い大きさ、底砂をもふもふしてまわる愛らしい仕草とその習性から餌の食べ残しを綺麗にする水槽の掃除屋さんとして、繁殖も比較的容易なうえなんといっても種類が豊富(200種!)でマニア受けもするコレクション性の高さなどから熱帯魚飼育をしたことがある人ならたいてい1度くらいは入れたことがあるのではないでしょうか?


CIMG3724_convert.jpg

これはコリドラスの中ではもはや定番とも言えるコリドラス・ステルバイ。
昔はそれなりに高価で、現在ではコルレアなんかがその地位にあるのかもしれませんがかつては最も美しいコリドラスと呼ばれたこともあるそうです。今では養殖物であれば1匹600円程度の大衆魚になりました。でもこれは良いことだと思います。養殖物が安価に出回れば野性で乱獲されることも減りますし、値段が下がっても美しいのは同じことですから(野性採取物とは体格などが若干異なりますが)。
オレンジの入ったフィンが良く目立つのがチャームポイントです(^-^)


CIMG3725_convert.jpg

おとぼけ顔がかわいらしいコリドラス。ひょうひょうとした感じがまたいい(・∀・)イイ!!

ステルバイ名前の由来はドイツの動物学者で著名なアクアリストでもあるGünther Sterba氏から。The Aquarium Encyclopedia等、主に80年代にいくつかの熱帯魚に関する本を出しているようです。英語ではSterba's Coryなどとそのまんま呼ばれるそうです。
1962年に命名ですからすでに半世紀近く経っているわけですね。もはやコリドラスの中でも古参と言える部類かもしれません。


CIMG3837_convert.jpg

後ろから見ても何かの宇宙船のようで面白い魚です。こんなのガンダムとかに出てきそうだw
ここでもオレンジの入ったフィンが良いアクセントになっていますね♪


CIMG3834_convert.jpg

流木の上で勇ましくポーズを決めるステルバイ。遠い故郷ブラジルはアマゾンを想うのか…ってまあこいつ養殖なんですがw

下の動画は賞を獲ったらしいステルバイが群泳する様子です。
こんな感じで群れになって泳ぐ姿はさらに魅力的ですね(^O^)
http://www.youtube.com/watch?v=A3Zjv86n5oo


さて最後はこれ


CIMG3728_convert.jpg

ちょっと見づらい(@_@;)


CIMG3730_convert.jpg

シルエットはこんな感じ


CIMG3840_convert.jpg

顔はこうなっとります(^O^)

こちらも底物として定番のプレコ、タイガープレコです。
そしてやはりステルバイと同じブラジルのご出身。

プレコはコリドラス同様ナマズの仲間ですが、こちらの方はサイズもカラーリングもはるかにバリエーション豊かで様々なものが存在します。こんなのやあんなのと、ド迫力だったり派手派手だったりとこちらも多くのコレクターが存在しますね(^O^)

ただ大きいものは本当に大きいですし(50cm以上になるものも!)、気性が荒いのも少なくなく他のプレコとの混泳が難しかったり、他の魚の体を吸盤状の口で舐めて傷つけたり、気性が荒いと書いて矛盾するかもしれませんが流木の影から全然出てこなかったりするものもあり(これは夜行性ということもあります)、排泄物の量も多くそこら辺はコリドラスと比較すると一長一短というか、間違いなくコリドラスの方が圧倒的に手軽でしょうねw

ただその中でもこのタイガープレコはもっとも一般的で良く目にする小型プレコであり、体長10cm程度とされますがなかなかそこまでいかないことも多く、しかも丈夫で長生きで(ちゃんと飼育できれば10年くらいは生きるみたいです)小型水槽にはうってつけのプレコです。


CIMG3833_convert.jpg

ステルバイ、ニアミス危険!(>_<)
タイガープレコも普段は流木の陰などに隠れてなかなかその姿を見せてくれません。しかし一方で縄張り意識が強く自分のテリトリーに入って来たものには容赦なく攻撃を加えます。ステルバイなどがそこへぼけーっと寄っていくといきなり飛び出してきて追い出されます(苦笑
プレコはメスが産んだ卵をオスが孵化するまで守る習性がありますから縄張り意識の強さはそんなところから来ているのかもしれませんね。

以上、小型水槽に泳ぐ魚の紹介でした。

この水槽は水草などのレイアウトに特には凝ったりはしてません。むしろやっつけ水槽の名のままにメンテ優先で底砂も入れず、レイアウトも適当、そこへ外の睡蓮鉢のマツモを取ってきて入れただけです^^;
またここにいる魚はほぼすべて熱帯魚屋に行けばいつでもいるような定番種ばかりで目新しいものもいません。しかしそれでもなお十分すぎるほど個性的な魚たちを見ていると飽きることがありません(^-^)

もちろん個性的な水槽をと拘るのであれば上層はここでも紹介したクラウンキリーに、中層をミクロラスボラ・ハナビディープレッドホタルテトラを入れたり、あるいはグラスフィッシュ南米淡水フグなんかも面白いかもしれません。コリドラスも玄人受けするような種類に拘ってみるのも楽しいかもしれませんね。小さな水槽でもできることは結構あるものです。

また良く聞かれるのですがメンテはそれほど大変でもありません。基本的には2、3日に一度でかいスポイトを使って底に貯まった糞をまとめて吸い取って、その際に減った水を足すだけで15分もあれば済んでしまうことです。リクガメのケアの方がよほど手間です(苦笑
これはニオイガメのマーシャル水槽のメンテと全く同じやり方で、カメ水槽もこのやり方で維持しています(ただしカメの方は排泄物・食べ残しで非常に水を汚すのでほぼ毎日メンテをする必要がありますが><)。

良く小型水槽は初心者には維持するのが難しいと言われますが、その原因のほとんどはいじくりすぎたり水換えの塩梅に関わることなんじゃないかという気がしています。私にも経験がありますがどうしても水換えをしすぎてしまう傾向があるんじゃないかなと。この辺の塩梅がつかめれば実際はそれほど難しいものでもないと思うんですけどね(フィルターは大きめのものを使っています。30数センチの水槽に対して60cm用の水作エイト)。


CIMG3736_convert.jpg

寝転がってこんな確度で水面が揺らめくのを眺めているだけでも癒されます(^-^)
この水槽を設置したのはたまたまなのですが、私にとって思いのほか効用が大きかったです。
卓上に小型水槽を一つ置いてみるのはいかがでしょうか?


小型水槽 | 07:43:14 | トラックバック(0) | コメント(10)
コメント
おぉ!!(*^o^*)
コリドラス&プレコまで飼っておられたんですね♪
うちはブッシープレコと赤コリを飼育していた事がありますよ(^^)金魚と一緒に入れていたのですがメインの金魚よりも働き者でよく動いてくれるコリドラスは本当に可愛いですよね(≧∇≦)
最近ではショップを見て見るとランチュウ水槽に色々なコリドラス達を泳がせて流木などでレイアウトしているのを見たんですが派手なグッピーとかよりも見応えがあってまた水物に挑戦しようかな…と悪い誘惑にかられそうになりました(^_^;)
けどいんたげさんのお家のステルバイを見てたら近い内に実行してしまいそうな気がします(-^〇^-)
2011-09-24 土 21:54:50 | URL | 小夏 [編集]
Re: タイトルなし
小夏さん
実はコリドラス、小型プレコともにすでにいくつか飼った経験があります。
ブッシープレコとはまた凝ったものを入れてましたねw赤コリの方は王道ですが。そうですね。コリドラスはそんなに派手な魚じゃないと思いますが、底をモフモフする姿はとてもかわいらしいですよね(^-^)
コリドラスは群れで飼うともっと良い感じですよね。元々はそうやって生活をしている魚ですし、みんな一緒に移動する姿はなかなか見ごたえがあると思います。この水槽では小さすぎるのでさすがにそこまではできませんが^^;
ぜひまたアクア始めてみてください。魚は魚で他の生き物とはまた違った魅力がありますよね♪
2011-09-25 日 05:17:20 | URL | いんたげ [編集]
私の実家でも昔熱帯魚の水槽があったんですが、コリドレスステルバイはすごく
綺麗で欲しかったんですがちょっと高価で親父が入れてくれませんでしたねえw
私が高1のころで確か2500円くらいでした。
さらに昔はもっと高かったんですかねえ?最近熱帯魚屋さんみてて他の子たちと
同じくらいの値段で流通してて驚きましたw
2011-09-25 日 11:22:45 | URL | 乙 [編集]
Re: タイトルなし
乙さん
コリドラスなら2500円でもかなり高価な種類だと思います。もちろん1万円を超えるようなものもありますが、そういうのはそれほど多くはありませんから。2500円でも群泳させたり産卵のために複数匹揃えたりするのは結構痛い値段ですよね^^;
今はブリードもの中心でかなり下がってるようですね。本文では1匹600円と書きましたが、3匹1000円以下で出てることもありますし。
2011-09-25 日 14:00:15 | URL | いんたげ [編集]
ステルバイかわゆす
コリドラスかわいいですよねー
ステルバイは結構増えやすいといいますし
ここはあれだ、繁殖などいかがですか?
群れはもっとかわいいですよー
1cmくらいの仔コリなんて鼻血ものですよ☆
2011-10-03 月 10:23:39 | URL | ゆー [編集]
Re: ステルバイかわゆす
ゆーさん
コリドラスって体色はそんなに派手じゃないですが愛嬌があって良いですよね♪
確かにステルバイは繁殖しやすいって言いますよね。小型水槽なのでなかなかそこまで持って行くのは難しいですがもう少しだけ増やして運に任せてもいいかも。
確かに1cmのちびコリめちゃめちゃかわいいでしょうね(^-^)
2011-10-03 月 16:33:44 | URL | いんたげ [編集]
スカベンジャー
ステルバイはポピュラーな魚になっているのですか・・・。
近所に出来たペットショップにも、コリドラスが多く居ますが、衝動買い出来ない程高価な種類が居ますね~
ヘソクリでも買えない程のコリが居たりして・・・。
嫁さんに見つかったら大変な事態になり兼ねません^^;
でも、またコレクションにしたい魚でもあります。
2011-10-05 水 03:18:59 | URL | ほっしー [編集]
Re: スカベンジャー
ほっしーさん
ステルバイは現在では熱帯魚屋によくいるコリの一つになっていますね。赤青にステルバイやジュリー、パンダ、アドルフォイあたりは定番種と言っていいかと思われます。
高いというと真っ先に浮かぶのはコルレアですが、あとはマニアだけに垂涎の的みたいな希少品種のワイルドなんかだとやっぱり高いんでしょうねえ。
さりげなく金魚の水槽に混ぜておくのはいかがでしょうか?w
2011-10-06 木 08:52:20 | URL | いんたげ [編集]
底もの(底もの?)もかわいいですね~♪流木とかがやけに似合っていますよね~♪
まだまだ増やされて行く予定なのですね~淡水フグ、、あれはかわいいですよね~♪
かなりな癒しの力がありそう~♪
2011-10-06 木 15:12:29 | URL | kajikaji [編集]
Re: タイトルなし
Kajikajiさん
底ものは体型や仕草に味があってこれはこれで面白いですね(^-^)
プレコなんて流木良く食べますよねー。
いえいえ水槽を増やす予定はないんですw魚もこの水槽ではこれ以上増やしようがありませんから代変りした時には別な魚を考えるかもしれません。
2011-10-06 木 20:00:00 | URL | いんたげ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。