■プロフィール

いんたげ

Author:いんたげ
FC2ブログへようこそ!

■最新コメント
■最新記事
■カテゴリ
■カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■全記事表示リンク
■月別アーカイブ
■ブロとも一覧

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
やっつけ水槽とゆかいな魚達(PART2)
前回のやっつけ水槽とゆかいな魚達(PART1)に続く第二弾です(^-^)

まずはこの魚から

CIMG3700_convert.jpg

ピグミーグラミーです。
イエローハニーグラミーに続いて再びグラミーなのですが、これも元々買う気はなかったのにセールで売っているのを見てついついお持ち帰り^^;
「まるで宝石のよう!」なんて売り文句が書いてあったりして気になってしまったのでした(>_<)
どうやらセール品と売り文句にとても弱い体質のようです…

それはさておき上の写真をじっくり見ると意外とシルエットがかわいらしいのに気がついていただけるでしょうか。体型といい、尖った背びれに丸っこい尾びれなんてなかなかチャーミングだなと思う飼い主。英語ではこの特徴ある体型をarrowhead-shaped(矢じり型)などと表現しています。

一方でまるで宝石のようという宣伝文句にあった体色ですが

CIMG3765_convert.jpg

うっすらとメタリックな淡い青色が乗っています。実物はもっとはっきりと青が全体的に乗っているのですが、光の加減で綺麗に見えたりそうでなかったり、私自身の腕がなくてこのくらいの写真を撮るので精一杯でしたヽ(´Д`;)ノ
このように体がキラキラ光るところから英語圏ではスパークリング(sparkling)グラミーなどと呼ばれることもあるようです。
熱帯魚には数多くの美魚が存在するのでこれをもってして「宝石のよう」という形容が一番似あうかは議論が分かれるところかもしれませんが、それでもなかなかの美種だとは言えるかとは思います。

この魚は成魚でも3cmほどにしかならないグラミー最小種なのですが(水槽にいるのもすでに成魚サイズ)、空気呼吸をするためのラビリンス器官もあれば泡巣を作る習性も持っています。現在5匹いるので泡巣を見る機会があるとすればきっとこちらのピグミーの方でしょうね(5匹いればペアが一つくらいはできるだろうという願望デス。雌雄の判別は難しいらしい)。水面近くをたくさんのプラティが泳ぐこの水槽で見つけるにはかなり運が良くないと難しそうですが。

またこのグラミーは鳴き声を出すことでも有名です。
ユーチューブで鳴いているところを撮った動画を見つけることができました。
(高音はおそらくノイズでカタカタいってるのが鳴き声だと思われます)
http://www.youtube.com/watch?v=TKUGJqK2j04

この鳴き声、ごくごく最近になって初めて聞くことができました(*^^)b
TVを見ている時にチャンネルを変えたら一瞬の静寂の中でこの鳴き声が響いたのです。本当にその時一度だけだったのですが、事前に見ていた上の動画の声にそっくりだったのでまず間違いないと思われます。
たまたまセール品でショップに居合わせたピグミーグラミーですが非常に興味深い魚で満足度も高かいです(*^。^*)


CIMG3759_convert.jpg

黄色と黒の縞々で目立ちたがりのこの魚はクラウンローチ
名前のクラウン(ピエロのこと)はこの模様がピエロの衣装を連想させることからきています。ローチとはドジョウのことですね。

実はこの水槽には不釣り合いで本来は入れてはいけない魚です。というのもこの魚はドジョウの仲間であるのにも関わらず野性では40cmほどになることもあるかなり大型な魚だからです。しかも40年くらい生きることもあるとか!

*やる気のあるクラウンローチはでかい!
ちょっとごちゃごちゃしてますが50秒くらいに凄い体格のクラウンローチがでてきます。姿形は似ていてもうちのとはもはや別種の魚^^;
http://www.youtube.com/watch_popup?v=LxbdbrC-kM8&vq=medium#t=60

といっても大きさについては野性ではということで、飼育下では水族館のような設備をもってしても20cmオーバーにしかならず、一般家庭の水槽では15cm程度にするのがせいぜいといったところのようです(寿命も5~10年くらいだとか)。金魚で良く知られているように魚は水槽の大きさにあわせて成長を止めるという性質があり、クラウンローチもこの点では同じなうえ、さらに大きな入れ物に入れても限界まで大きくするのは難しいという性質も持ち合わせているようです。

また繁殖をするためには30cmくらいにまで成長する必要があるとのことで、水族館のような設備でもなかなかそこまで大きくならないのに一般家庭の水槽で繁殖を狙うのはまず無理ということみたいです(最初から大きくなった野性採取個体を手に入れてるんなら別ですけどね)。じゃあショップにいつでも置いてあるあれはどこから来てるのかというと、例によって東南アジアで大量にブリードされたもののようですがその際はホルモン注射を使ったりするんだとか。いろいろ調べてみるとやや微妙な感じもしたりしなかったり…

とまあちょっと出鼻をくじかれた感がありますが(@_@;)、写真で見る通り通常のドジョウっぽい体型とは異なりかわいらしい姿をしていて(ドジョウ本来の姿が好きな人にはゴメンナサイ>_<)、仕草にも非常に愛嬌があることからとても人気のある魚でもあります。

いや本当に仕草が良いんですよ、この魚♪
底にべたっと横になって寝てしまう姿はあまりにも有名ですが、ひょうひょうとした顔で赤く小さな胸鰭をバタバタさせながらホバリングをする姿も良いです。この水槽ならではということでは穴が好きなのか、投げ込み式のフィルターの空気が出てくる穴へしょっちゅう入って行こうとして逆さになって泳いでいたり、見ていて飽きないです(^-^)

ホバリング中のクラウンローチの動画もありました。
http://www.youtube.com/watch_popup?v=vIkepEjeAWA&vq=medium


CIMG3751_convert.jpg

この水槽には現在2匹いますが、本来群れで泳ぎ回る臆病な魚でもあります。従って数はたくさんいればいるほどいい。単独で飼うと長生きしないとか。ま、大きくなるのでたくさん入れるのは難しいですけどね^^;

ところでいくら水槽ではそれほど大きくならないと言っても、やはりこの水槽で飼い続けるにはちょっと最終サイズが大きすぎます。ではなぜこの魚を飼い始めたのかと言うと、ここで十分に大きくしたのち将来的にはヒメニのマーシャルがいる水槽で飼う予定だからです。

某爬虫類雑誌によるとカメは自分と同サイズ以上の魚は襲わないんだとか。それならば10~15cmくらいにはなるクラウンローチはヒメニにはぴったりのサイズです。他に底物系のヒメニの同居魚候補としてはナマズなどもあったのですが、ナマズはテトラなどの小さな魚は食べちゃいますからね。そこへさらに水陸問わずカメ大好きの黒松さんからも「クラウンローチは良いよ~♪」というサジェストがあって、育てて入れるというとやや迂遠ですがこの魚をチョイスすることにしました(^-^)

マーシャルと同サイズにまで育てるのにおそらく数年はかかるでしょうから、初志貫徹で同居させる勇気があるかはその時になってみないとわかりませんけどね^^;

えーっと、ここまで二種類の魚を紹介しましたが存外に長くなってしまったので^^;、残り二種についてはPART3を設けてそこで紹介しま~す(^O^)


小型水槽 | 15:59:56 | トラックバック(0) | コメント(8)
コメント
キレイですね~。
クラウンローチは、40cmにもなるのですか!
数年後、マーシャルちゃんと混泳している姿を見るのが楽しみです。

引越しを機に熱帯魚は手放しましたが、また飼いたくなりました~。
PART3も楽しみにしていますね。
2011-09-20 火 03:49:45 | URL | ななちゃん [編集]
Re: タイトルなし
ななちゃんさん
なかなか愛嬌があって綺麗です(^-^)
クラウンローチは本気出されたらうちでは飼えませんね^^;
出せと言っても出さないのが現実みたいですがw
熱帯魚手放されたんですね。荷物になりますしね~。大変ですもんね。もし当分引っ越しの予定がなければぜひまた始めてください(^o^)/
2011-09-20 火 08:43:04 | URL | いんたげ [編集]
かわいい^♪綺麗な水槽をみて癒されていますね~♪
でもお手間も半端ではなさそうですね、、、(毎回かきますが、、笑)
クラウンローチ、、ローチとはドジョウのことだったのですね~
これがムシなら、、、(爆)
2011-09-21 水 15:19:46 | URL | kajikaji [編集]
すごいーあんなに小さな魚が鳴く声が聞こえるんですね!
クラウンローチはとてもきれいなのですがしましまのせいか
とってもおいしそうに見えてしまいました(笑)
2011-09-21 水 16:02:33 | URL | zeroko [編集]
Re: タイトルなし
Kajikajiさん
この水槽、本当にやっつけなのですがwでも意外と楽しめるので今回念入りに記事にしてみました(^-^)
メンテは実はそんなでもないです。リクガメのお世話などよりはずいぶんと楽ですよ♪
そうなんですよ、日本語英語ではドジョウもアレもローチw
英語だと綴りが違うんですけどね(もちろん発音も)向こうの人たちはきっと同じだなんて思わないでしょうね。
2011-09-22 木 08:21:13 | URL | いんたげ [編集]
Re: タイトルなし
zerokoさん
カタカタという音がちゃんと聞こえてきます。いつも鳴いてるわけでもないですし、耳障りでもないのでうるさいとも感じません。美味しそうですかwそれはあんまり考えませんでした^^;
確かに美味しそうな色かなーw大きくなると食べでがありそうですけどね。
2011-09-22 木 08:23:18 | URL | いんたげ [編集]
クラウンローチ
クラウンローチの繁殖は、ホルモン注射と言われていた時代がありましたが本当だったのですね。
最近では判りませんが、この魚、白点病に弱く直ぐ☆になってしまったのですが、最近はどうなんでしょうか・・・。
私も熱帯魚を飼い始めた時代に、習志野のヒロセペットで、クラウンローチの成魚を観たことがありますが、高価だったことだけ覚えています。
40年位前の話しですが、これは凄い熱帯魚だな~と、当時欲しく成りました。
大きさも30cm位だったような記憶ですが、動画よりスリムで綺麗に観えました。
2011-10-05 水 03:04:15 | URL | ほっしー [編集]
Re: クラウンローチ
ほっしーさん
さすがほっしーさん、なんでもご存知ですね♪
白点病に弱いのですか…確かにお店で売ってるサイズのクラウンローチは水質なんかにも多少弱い気がします。大きくなれば丈夫なのでしょうけれどこのサイズではそれほど丈夫ではないなという印象はあります。
ただ10cm以上に大きくしてる人も結構いるみたいなのでその辺を気をつければなんとか行けるんじゃないかと。
昔は高価だったんですねえ。これも今は大衆魚になって掃除屋として数百円というレベルで売られています。
ただ30cmだとワイルドでしょうから、ワイルド個体の大きな奴は今でも結構するかもしれませんね。
2011-10-06 木 08:44:33 | URL | いんたげ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。