■プロフィール

いんたげ

Author:いんたげ
FC2ブログへようこそ!

■最新コメント
■最新記事
■カテゴリ
■カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■全記事表示リンク
■月別アーカイブ
■ブロとも一覧

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ベランダの夏
CIMG3644_convert.jpg

最近はすっかりベランダに馴染んだジル。
食欲も旺盛でベランダの夏を謳歌しているようです(^-^)

日の出とともに目覚め日没とともに休み、時に雨風にさらされしばしの間大自然の営み…とまでは行きませんが、ケージとは大きく異なるプチ自然に刺激を受けて逞しくなってほしいところです。


CIMG3645_convert.jpg

毎年ベランダの日陰作りの一環でサツマイモの葉を栽培するのですが、ジルによって葉が出るたびに食べられてしまうのでなかなか増えません(汗
写真を見てもらえばわかるとおり枯れ木のようになってしまっていますヽ(´Д`;)ノ
去年まではサツマイモの葉なんて滅多ことでは口にしなかったのに、成長とともに嗜好も徐々に変化したり広がったりするのが観察されます。

ちなみにベランダにはいくつか水入れを用意してあるのに、わざわざこのサツマイモが入った入れ物から水を飲んでる姿を見かけたりもします。人間とは違いこういうところの水を飲んだくらいでお腹を壊すこともないと思いますが、毎朝替えてる水入れの水より美味しいの?とかちょっと複雑。


CIMG3646_convert.jpg

こちらは飼い主の執念がかいま見えるサボテンのプランターです。
ジルはこのサボテンが大好きなので、できたら冬にも少し使えるくらい増やせないかと子株をせっせと切っては植え切っては植えを繰り返しかなり密集させてしまいました。あらためて見るとその過密ぶりに近いうちに崩壊の日とかが来そうでちょっと不安だったり(´・ω・`)

手前には赤クローバーが植わっていますが高温とともにだんだん元気がなくなっていき、そこへ飼い主がサボテンの子株を植えるという状況の中少しずつ陣地が後退していっています。結構カメ餌として役に立つ奴なんですけどね。


CIMG3652_convert.jpg

ジルの快適度50%くらいのシェルター(当社調べ)
さほど落ち着く場所ではないのかベランダではこのシェルターに入ってないことも多いです。しかしそれでも日差しが熱すぎたりするとここへ避難しにきます。アカアシは多湿系にカテゴライズされるカメで、この種はたいてい低温に弱く高温で多湿な環境を好むとされます。実際かなりの高温にも強いです。すでにベランダ飼育も3回目、私は10cmくらいのベビーでもベランダに出してしまいますが、問題らしい問題は感じたことがなくこの手の多湿系のカメは本当に高温に強いなあと実感しています。ただじゃあ高温がアカアシにとって快適かというとそうでもないようで、意外なことに本来アカアシが好む温度は28℃くらいなんだそうです。30℃も行かないなんて。

また冬眠ができるリクガメには比べるべくもないですが、うまく慣らしてあげれば相当程度の低温にも耐えることも知られており単純にタフなカメなのでしょうね(あ、だからといって無理に低温にさらすのはリスクが小さくないので避けた方が無難だと思います。)。

話が逸れてしまいましたがシェルターに戻ると大きさ的にはまだ余裕があるはずなのですが、頭から入って中で反転するには横幅がやや不足していて、写真のようにシェルターごと移動しながら最終的に頭を出口に向けます(苦笑
来年あたりはベランダシェルターは自作か(汗


CIMG3651_convert.jpg

少し前に記事にした睡蓮鉢ですが思い切って中の水草を間引いてみました。だいぶすっきりしてアカヒレも悠々泳いでいます(^-^)


CIMG3650_convert.jpg

ノーマルのアカヒレはこの睡蓮鉢ではあまり目立ちませんが、ゴールデンアカヒレの方はもとても良く目立ち映えます。
ただ目立つとはいえ、この猛暑の中だとかなり暑苦しく感じる色合いなのが残念なところです(爆



*補足
本文にも書きましたがアカアシは急激な温度の低下には弱く、アカアシのタフさを過信しすぎて春先や冬の足音が聞こえてきそうな秋などに丸一日外に出しておいて、その後急に気温が低下したところで死んでしまったという事例が過去に多々あります。従って春や秋は用心した方が良いと思われます(短時間であれば問題ないですが)。またじっくりと低温に慣らしていけば相当程度の低温に耐えるというのは、そうするためにはそれなりの飼育技術が必要だと心得ておくべきでしょう。
さらに言えば耐寒性には産地も関係がありそうです。アカアシは南アメリカ大陸の熱帯から亜熱帯にまで広範に分布していますので、亜熱帯産のものなどは相対的に低温に強いということはあるようです。
また一口に多湿系と言っても意外なほど低温に強い種もいて、ビルマムツアシガメなどはこの日本でも越冬できてしまうと聞くことがあるほどです。エロンガータリクガメなども比較的耐寒性に優れていると言われますが、アカアシに関してはやはりこの2種には劣るかもしれませんね。


アカアシガメ | 08:33:57 | トラックバック(0) | コメント(20)
コメント
いんたげさんもジルちゃんもブログを見る限りでは台風の影響無かったようで安心しました(^_^;)

しかし、改めてジルちゃんを見てみると本当に立派ですね~(*^o^*)
甲羅のボコツキとか全然無いんですね♪
やっぱり食生活とか何かコツでもあるのでしょうか??

サツマイモの水入れからしか水を飲まないって言う所が凄く興味深いですね(・o・)ジルちゃんのこだわりなのか??それとも野生のアカアシなども自分で気に入った水場からしか水を飲まないのか??
う~ん(*_*)気になります……
2011-07-21 木 13:54:28 | URL | 小夏 [編集]
も~~ウチワサボテンの密集具合に爆笑してしまいました(  ̄▽ ̄)

ジルちゃん、ほ~んと夏場の屋外飼育で立派な甲羅になっていますね~カッコイイです♪

来年は、いんたげさんのお手製シェルターですね~楽しみにしていますよ~^^
2011-07-21 木 14:05:33 | URL | riku-nati [編集]
ジルちゃん、台風大丈夫でしたか?まあさすがに取り込んだとは思いますが…
ジルちゃんも「普通」のアカアシガメということで、来年には2回りくらいは大きくなってそうですね。楽しみです(*´∀`*)

ところで、ピータンはなぜかケージ外に出すと必ず排便してしまうんですが、なぜなんでしょう??緊張しているのでしょうか。。成長と共に治るといいのですが…
ジルちゃんにはそういったことはありましたか?
2011-07-21 木 15:31:03 | URL | オリバー [編集]
Re: タイトルなし
小夏さん
こちらは台風の影響はあまりありませんでした。一時大雨が降ったり気温ががくんと下がったことくらいでしょうか。
甲羅に関しては皆様に褒めていただくのですが、実際にはそれほどでもないのでそう言われてしまうとちょっと恐縮してしまいます(苦笑
コツはよくわかりませんが、水入れにいる時間がやたら長いので湿度に関しては不足することはほとんどないかと思われます。
すみません。書き方が悪かったかもですが、サツマイモの水入れから「しか」飲まないわけではありません。はっきりと目にしたわけではないので他の水入れから飲む時もあるのではないかと推測します。
どちらかというとたまたまサツマイモのところで飲んでいるのを目撃したという感じでした。
2011-07-21 木 21:05:36 | URL | いんたげ [編集]
Re: タイトルなし
riku-natiさん
サボテン密集は執念の結果です(爆
ちょっとやりすぎた感がありますが、いくらでも欲しいサボテン!という気持ちが良く出ていると思いますw
お手製シェルター…とりあえずゆくゆくはケージも自作しないといけないでしょうし、自作に慣れておいた方が良いのでしょうね(´・ω・`)
2011-07-21 木 21:07:46 | URL | いんたげ [編集]
Re: タイトルなし
オリバーさん
ご心配ありがとうございます。台風の影響はそれほどではありませんでした。気温ががくんと下がったので(人間的にはうれしいw)、夜室内に取り込んだくらいですね。あとは至って普通です(^-^)
ジルはまだまだ大きくなる可能性はあるでしょうねえ。ケージで飼うことを考えればあまり大きくならなくてもと思い、ベランダで眺めてる分にはまだまだ大きくなってくれよーという感じです。ちょっと複雑ですねヽ(´Д`;)ノ
持ち上げたり外に出した時の排泄はベビーにありがちです。うちのも良くしてましたよ。ただ成長とともに変わってくるのでその辺はご心配なく♪
2011-07-21 木 21:11:17 | URL | いんたげ [編集]
ジルちゃん 今年はサツマイモの葉を食べますか♪ 嗜好の変化なのか、気まぐれなのか
よくわかりません(汗)。 我が家はみんなサツマイモの葉はよく食べます。

チビサボテンが過密状態♪  餌になりますね。
2011-07-21 木 22:22:13 | URL | ケイティママ [編集]
台風もさってジル君もベランダで生き生きですねぇ~(^O^)
人間にとっては暑く過酷な夏ですがカメ飼育においてはカメにも人にもストレスフリーで楽ちんですねぇ(^_^)v
毎年、ずっと屋外飼育出来ないものかと思いますが中々そうはいかないのが残念です・・・
今から冬場の室内ケージが憂鬱です(ToT)
自作シェルター頑張って下さい(^o^)/
木製だったら以外と簡単ですよぉ~(^o^)/
2011-07-21 木 22:34:59 | URL | カメ [編集]
Re: タイトルなし
ケイティママさん
今年突然もぐもぐサツマイモの葉を食べるようになりました!本当に何が原因だかよくわからないですよねー(>_<)
サツマイモの葉は食べてくれるならそれはそれで良いと言えば良いのですが。ケイティママさんのところのカメさん達はみんな好きなんですね。
チビサボテン、もっともっと増やしたい気分なのですが…まだまだいける…かな?
2011-07-21 木 23:14:30 | URL | いんたげ [編集]
Re: タイトルなし
カメさん
こちらは台風の大きな影響はありませんでした。気温がガクッと下がったのが一番大きかったですかね。
夏はカメ飼育には本当に良い環境ですね。1年という長さで考えれば本当に一時の間ですが満喫してほしいです。
カメさんのところは庭があるのでうまく電源を引っ張って来れれば温室などを作って冬もわりと広い空間を提供することができるかもしれませんね。まあ実際にやるのは勇気がいることと思いますが。
将来的にはシェルターだけでなくケージも自作する可能性があるので手始めに練習しておいた方が良さそうですねw
2011-07-21 木 23:17:28 | URL | いんたげ [編集]
ジルちゃんベランダで見るのが久々なせいか、かなり逞しく見えますね∑(=゚ω゚=;)
甲羅ももう成体っていう貫禄が素敵です♪

シェルターに入っているところも闊歩しているところも、すっかり自分の空間っていう空気が感じられて、しっかり適応して馴染んでいるのが見える感じです♪

でも、あれですね・・・このサイズで、この成長ス・テ・キ☆ですね(*´∀`)
ジルちゃんチェリーヘッドじゃなかったんですっけ?

サボテンふいたwwwすごい執念ですねw冬でもサボテンをストックしておきたいという気持ちが表現されたある意味芸術の域ですよw
2011-07-22 金 17:05:12 | URL | 黒松 [編集]
ジルちゃんも快適なベランダ生活が始まっていますね~♪サツマイモさんも食べる様になっているのですね~あっ、そういえば今年はサツマイモを我が家ではすっかり忘れていました、、今日買いにいってこないと~(苦笑)
2011-07-22 金 18:18:25 | URL | kajikaji [編集]
Re: タイトルなし
黒松さん
ジルはもうベランダでも見失うようなことがない大きさですねw
堂々としてプランターなんかをひっくり返してますorz
大いに自分の空間にしてもらって結構なのですが、うろうろしてるのはむしろちょっと落ち着かないからかもしれません。
ジルはチェリーヘッドじゃないのでまだまだ大きくなると思われます。まあやっぱり30cmくらいまでは行くでしょうね。
サボテン凄いでしょ?wいっぱい増やしておけば冬に成長しなくても少しずつ使えないかなと考えてやったのですが、あらためて見るとやり過ぎかなとw
まあでも今年はこのまま行きます♪
2011-07-23 土 00:02:09 | URL | いんたげ [編集]
Re: タイトルなし
Kajikajiさん
ジルをベランダ飼育に切り替えてからすでに結構な日も経ち、ベランダが違和感なくなりましたね。最初は寒い日などはちょっと餌食いが悪かったりしたのですが、今はそんなこともありません(といっても昨日今日は気温が下がって悪かったですが)。
サツマイモ、この季節は重宝しますよねー。今年は餌になってしまいましたがそれはそれで役に立ってるので良しとします(^-^)
2011-07-23 土 00:04:19 | URL | いんたげ [編集]
サツマイモの葉のトホホな感じがいいですね(笑)
おいしいのでしょうねー
わたしも試したのですがうまく芽が出ませんでした
切って水につけとくだけではダメなのでしょうか
コツがあったら教えて下さい(o_ _)o

サボテンもすごいですね!
わたしはサボテン用の土まで買って挿したのに
全然子株がでてきませんorz

サツマイモといいサボテンといい
育てるのが下手なようです

ジルさんもベランダに慣れてきたようでなによりですね~
やっぱり自然光がいいですよね^^
2011-07-23 土 00:43:00 | URL | zeroko [編集]
Re: タイトルなし
zerokoさん
サツマイモの葉っぱ去年まではほとんど食べなかったんですけどね(汗
今年は美味しいらしいです。
サツマイモについてはコツらしいコツは何もありません。一つだけ強調するなら日当たりです。やっぱり日当たりが悪いと葉っぱの生え具合も悪いです。日当たりのよいところにおいて、時々水を替えてあげればそれで簡単に出てきますよ(^-^)
サボテンも同じです。やはり日照がある程度あった方が子株が根付きやすいと思います。土は専用のものなどは使ったことはありませんが、水はけの良いものを使っておけばそれで普通は問題ないと思います。
再びトライするつもりがあるならおっしゃってください。根つきのものを送って差し上げます。
ハハハ、私はこの手の園芸はど素人も良いところで実は水をやる以外のことはほとんど何もしてません(苦笑
それでうまく生えてきたものは残り、そうでないものは枯れていく、そんな感じです。
とはいえ日照と水さえあれば大抵はなんとかなると思いますが。
そうですね。機械的な照明のスイッチのオンオフよりは徐々に日が暮れて行ったり登ったりというのをこの機に味わってほしいと思ってます♪
2011-07-23 土 11:29:03 | URL | いんたげ [編集]
ベランダ暮らしの良いところは、紫外線は勿論のこと、日の出と日没の様々な気温の変化を感じさせてあげられることですよね。残念なことに屋根があって雨に当ててやることは出来ないのですが、冬に向けて強い基礎体力を身に付けてくれたらなぁと期待です。日本生まれのジルちゃんはもうすっかり日本の夏に順応していますね。
葉物が暑さで弱っていく中、さすがサボテンです!ジルちゃん楽しみだね~♪ 頂いた中で一番大きいのは55cmまで伸びましたよ!支柱で支えないと倒れちゃう ^^;
あ。。。やっぱり睡蓮鉢はこうじゃないとー。底の掃除屋を探さなくちゃ。
2011-07-24 日 14:19:16 | URL | u-ko [編集]
Re: タイトルなし
u-koさん
そうですね。ケージの画一的な環境と違って様々な刺激を受けるというのが屋外飼育のポイントだと思います。
今日なんかもそうですが、いくら夏といってもこんな感じで気温が落ち込んだりすることもあるわけです。別に無理に鍛えようというわけでもないですが、この程度の寒暖の差には対応できる力がもともと備わっているはずで最低限の体力は維持してほしいと思っています。
u-koさんのところのサボテンだいぶ大きくなりましたね(^-^)うちのは子株はさらに植えこむか一部ジルの餌に使っていますので、高さはそれほど行ってませんが今後はどんどん伸びてほしいです♪
睡蓮鉢の掃除屋さんは真冬に耐えるということを考えると日本産のドジョウか青コリにどうしてもなってしまいますけどね(苦笑
2011-07-24 日 21:42:20 | URL | いんたげ [編集]
ベランダの夏
今年は、猛暑の日にちが少なく、これからかもしれませんが、ジル君にとって過ごし易い気候ですね。
あの大きなシェルターに入っているジル君を観ますと、ジル君の成長ぶりが判りますね。
ゴールデンアカヒレは上から観ますと、なかなか見事で綺麗ですね。
水から外に出てしまうことはないのでしょうか・・・。
2011-08-07 日 00:01:51 | URL | ほっしー [編集]
Re: ベランダの夏
ほっしーさん
そうですねー35℃近いとジルも過ごしづらいと思います。とはいえ25℃くらいまでしか気温が上がらない日もあってもう少し気温高いといいなと思ったのも事実です。なかなか良いところでは収まってくれませんね^^;
ジルは大きく成長しました♪ここからはゆっくりでお願いしたいです(苦笑
ゴールデンアカヒレは睡蓮鉢では目立ちまくりですね。アルビノなので弱いかと思いきやノーマルより貪欲で強い気がします。そもそもメダカと違ってアカヒレはあまり飛び出さないようです。うちではこれまで事故は一度もありませんでした。それと水上葉なんかがさらに飛び出しを防止している側面があるんじゃないかと考えてます。
2011-08-07 日 11:25:47 | URL | いんたげ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。