■プロフィール

いんたげ

Author:いんたげ
FC2ブログへようこそ!

■最新コメント
■最新記事
■カテゴリ
■カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■全記事表示リンク
■月別アーカイブ
■ブロとも一覧

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
真冬の一輪
CIMG3290_convert.jpg

1月の終わり真冬に咲いたハイビスカス。

各地で大雪の被害が出ているこの冬。札幌の積雪6mというのはモスクワの3mの2倍にもなるとか。普段ブログなどで交流のあるカメ友さんの中には北海道在住の方もいらっしゃいますから本当にご苦労をされているのではないかと案じられます。そしてそのようなニュースを目にする中咲く南国育ちの花は普段よりもいっそう鮮烈な印象を残します。

室内に入れておけばこのように一年中花を楽しむことができるのがハイビの特徴です。そしてそのことはリクガメの餌のバリエーションが増えるということでもあるわけで非常に重宝するわけです。

しかし実のところ昨年植え替えをして鉢を大きくしたわりにはこれまであまり花を咲かせてきませんでした。いやほとんどといっても良いくらい(苦笑。
植え替えをした時にちゃんと根をほぐして入れなかったのがいけなかったのだろうかとか、前の冬に一端葉がすべて落ちてしまったのでそのリカバリーに見た目以上に時間がかかってしまったのかなどと考えていましたが、調べたところもう一つ有力そうな原因がありました。

それは夏バテ…ハイビスカスといえば南国を代表する植物ですが、それでも日本の真夏の日光は熱すぎるのだとか。現在はラニーニャの影響で記録的な寒波に覆われている北半球ですが、そういえば昨年の夏は忘れることが難しいほどの猛暑でした。そしてベランダでもとても日当たりのいい場所に置いておいてあったっけ('A`)

飼育しているのはリクガメであって植物はあくまでも餌というスタンスなので、それに対する知識も興味も乏しくどうしても対処が後手後手になりがちです。しかしたとえ餌でもそれを効率よく利用しようと思えば多少なりとも勉強しておくことが必要なんだと痛感します。

昔とある爬虫類の研究者が本当にその動物のことを知ろうと思えば、それ以外の種類の生き物も比較対象として飼い、そしてその生き物が食べてるものまで飼ってみないことにはその本質はわからないと言ったとか。
個人の趣味の範囲で本質についての本格的な探究をすることは時間的にも能力的にも限界があるかもしれません。しかしリクガメを飼っていたらいつの間にか植物の勉強も必要になってたなんて状況に置かれるとその意味するところが少しわかる気がしてきます。

このハイビを例にとれば日本の厳しい寒さの中にあっても室温(10~15℃)程度の温度があればしっかりと花を咲かせることができるわけで、必ずしも熱帯地域だけではなく亜熱帯も含め広範囲に分布するアカアシが一年を通して花を主食として食べる機会に恵まれているという話もこれで納得がいくわけです。


CIMG3291_convert.jpg

今回は窓を開けた室内での日光浴です(^-^)
天気は良くても空気が冷たくベランダに出すにはちょっと厳しいかなという日もこのような状態でなら日光浴をさせることができる場合があります。室内に差し込む日差しの範囲内にとどまるように


CIMG3292_convert.jpg

あっちに行ったりこっちに行ったりともかく落ちつける暗がりへ逃げ込もうとするジルをひっ捕まえては日が照っている部分から出さないようにします。こんなことをしているリクガメ飼いはあまりいないかもしれませんが(苦笑、犬の散歩のようなものだと思えばこれでもずいぶんと楽な作業に感じられます(^p^)
むしろせっかくペットを飼っているのだからこれくらいの世話はあっても良い。犬と違って毎日ではないしそれほど時間がかかるわけでもないのだから。


CIMG3293_convert.jpg

ケージへ戻せばいつもの通り定位置の水入れに。
そろそろ小さくなりつつあるのでこの水入れももう少し大きなものに替えてやる必要がありそうです。今度はどんなものをどうやって設置するか現在思案中なのですがなかなか良い案が浮かんできません(汗



アカアシガメ | 08:31:10 | トラックバック(0) | コメント(28)
コメント
この時期でもハイビスカス咲くものなんですねえ。
さすがにjこの時期に咲くことはないだろうなあと思っていたのですがうちも期待してみようか・・w
ジル君の水入れもちょっときつくなっちゃいましたねえ。この上のサイズとなると
とたんに適当なものを見つけるのが難しいと思うのですが何か妙案を期待しています。
そして、まねさせていただきますw
2011-01-31 月 15:25:25 | URL | 乙 [編集]
ハイビスカスがまだ咲くとは。私まだ室内にすら入れていないんですけど、もしかしてアウトですかil||li_| ̄|○il||li いや、わかってたんですけどね。
ただ、腰がね、重くて・・・。
カメエサはどうしてこうも常温で越冬してくれない子が多いんでしょう。
確かに、リクガメ飼うことによってその他の知識も多少なり備わっていきますよね。
しかも不思議と苦にならずに入ってくるから不思議です(*^▽^*)

私も早く日光浴びさせてやりたいんですが、今は窓越しにちょろっとが精一杯です。
このまま順調に成長すれば来年ぐらいには、窓越し日光浴くらいは冬でも楽しめる体格になってくれている予定なんですが。どうなることやら(^ω^ ;)

水入れのいい案があります!
ケージに水をうっすらいれてしまえば・・・・・・・ダメですよね~ww
2011-01-31 月 17:07:30 | URL | 黒松 [編集]
ジルさんのあっちへこっちへ逃げようとしている後ろ姿がとてもかわいらしいですー
水入れはもうピッタリですね
というかはみ出てる?
とっても気持ちよさそうにしているので新しい水入れも気に入るといいですねー

あ ハイビスカス…
ベランダで葉がすべて落ちていますが復活できるでしょうか…
2011-01-31 月 18:07:36 | URL | zeroko [編集]
この時期に見慣れないせいか夏に見るよりもインパクトがありますね。力を絞って咲いてくれたようで、ジルちゃんには思いがけない嬉しいおやつになりましたね ♪
南国の花だと単純に暑さに強そうと考えてしまいがちだけど、さすがに昨年の灼熱の太陽には熱帯の植物も耐え切れなかったのですね。考えてみたらカメ達の生息地の植物についてまで深く考えたことはなかったかも。。。本当はまずはそこから、なのですよね。。。うちに来るまで実際は何を食べていたんだろうと気になってきました。応じてはあげられないけど^^; うちのカメ餌は一緒くたにベランダに放置。。。私が不精者なので時間をかけて順応してくれるといいなぁ。
むふふ。ジルちゃんが日向ぼっこで動き回っているように見えるのは日陰を求めて、でも戻されて~効果なんですね^^ 結局水入れが一番落ち着く場所なんだ~。満足そうなお顔を見たら納得!
2011-01-31 月 19:02:23 | URL | u-ko [編集]
>>昔とある爬虫類の研究者が本当にその動物のことを知ろうと思えば、それ以外の種類の生き物も比較対象として飼い、そしてその生き物が食べてるものまで飼ってみないことにはその本質はわからないと言ったとか。

これ、まさにハープタイルの真髄ですね。
学術的なことで頭いっぱいの学者も比較しながらでないとモノは書けないと思うが、
各飼育者もそういう知識の恩恵を受けながら、飼育している生物の周辺を探るような日々の勉強があってこそ、飼育に深さが加わりますよね。真面目腐って話すけど^^;、お世話になってた故・高田先生もこのようなことをおっしゃっていました。

ハイビって暖めて飼うと冬でも花を持つんですね。
園芸屋でもそう言われたが、毎年新しいのを春に買うようにしてました。

2011-01-31 月 19:56:04 | URL | Fe-Pt [編集]
Re: タイトルなし
乙さん
そうなんですよ。日当たりのいい室内に入れておけば結構咲きます。なので冬場の餌のバリエーションの一つとして重宝するんですよね。ちゃんと世話をしてあれば期待をしても大丈夫だと思いますよ(^-^)
本当にこの上のサイズの水入れとなるともうタッパを利用するしかなさそうなのですが、これ以上深めのものを置くとひっくり返されそうでその点が引っ掛かってるんですよね。
まだ考え中で妙案が浮かぶといいのですが…。
2011-01-31 月 20:57:40 | URL | いんたげ [編集]
Re: タイトルなし
黒松さん
外だとさすがにこの時期は厳しいと思います。しかし葉がまだしっかりついているのであれば今から室内に入れておけば復活するのも早くなるかもしれません。
> カメエサはどうしてこうも常温で越冬してくれない子が多いんでしょう。
多肉なんかは外でも元気な場合があるようでその辺の違いが何なのか凄く疑問なんですよね。以前記事にしましたが、室内に入れた多肉もうちでは枯れないという程度で全然育ちませんでしたorz
これなら外に置いたままでも一緒だった。。。
> しかも不思議と苦にならずに入ってくるから不思議です(*^▽^*)
偉いなあ…私は野草を覚えたりその成分を把握したりといったことは最初はかなり苦痛でした(苦笑。最近はある程度慣れてきましたが、しかし今でも野草を見分けるのは苦手意識があります。
ビルマは耐寒性が高いのでジルくらいのことはすぐできるようになると思います。ケイティママさんを参考にして無理しすぎないようにして、でも時には思い切って出してあげるのも手だと思います。
ケージにうっすら水は中で排泄するので却下ですw
2011-01-31 月 21:04:24 | URL | いんたげ [編集]
Re: タイトルなし
zerokoさん
水入れジルにとってはぴったりになってきてしまいました。さすがに月0.5cmのペースで成長していると容赦がないです。まだぎりですがはみ出るまでには至っていません。
新しい水入れの妙案が浮かび次第設置してあげたいのですが…
葉がすべて落ちると復活には時間がかかると思います。しかし復活はすると思いますよ(^-^)
2011-01-31 月 21:06:35 | URL | いんたげ [編集]
Re: タイトルなし
u-koさん
そうなんですよー、この糞寒いのに真っ赤な花が咲いているのですから結構インパクトがありますね(^p^)
ジルにとってはありがたいおやつなはずです。
私もハイビって暑さに強いイメージを勝手に持っていましたから意外でした。
リクガメの自然環境に思いをはせるといろいろと疑問が沸いてきます。もちろんすべてを明らかにすることは難しいでしょうからできる範囲でということにはなりますが、可能なことは自分で調べて確かめるというのも野性動物の飼育の面白さかもしれませんね。
u-koさんはでも植物を育てるのが上手ですよね。うちでは多肉関係はすっかり元気がなくなってしまいました。室内に入れたのも成長という意味ではほとんど結果が出ませんでしたorz
そうなんです。結局ジルは水入れがあればそれで良いみたいです(苦笑
2011-01-31 月 21:16:09 | URL | いんたげ [編集]
Re: タイトルなし
Fe-Ptさん
ハイ、実はこの話元ネタは故高田先生です。ただ私はまた聞きで見たのとその人自身の書き方にあいまいなところがあったので「とある」とさせていただきました(元はビバガの高田先生特集です)。
あまりあれもこれもやらないとダメだと自分を追い込みすぎるときついですが、関心の赴くままにペリフェラルな部分に手を伸ばし演繹・帰納を行ったり来たりしていくことも飼育の楽しさの一つなんだなと感じます。
> 園芸屋でもそう言われたが、毎年新しいのを春に買うようにしてました。
実はその方が賢いと私も思いましたwハイビは根が生えるのが早くて、根が詰まってくると極端に花が咲きづらくなるそうで毎年植え替えをする必要があるそうです。であるならば手間暇考えたら毎年買い換えるというのは効率の良い選択肢だと思います(^-^)
2011-01-31 月 21:28:31 | URL | いんたげ [編集]
ハイビスカス
真冬に咲いた一輪の花。
良いですね。
実はハイビスカスって、一度も餌に使った事が無いんですよ。
今年の小さな目標です。(笑

2011-01-31 月 23:28:26 | URL | kame27 [編集]
Re: ハイビスカス
kame27さん
とても寒い時にこうやって真っ赤な花が咲くのはかなり印象に残りますね(^-^)
本文でも書きましたがアカアシは野性でもかなりの割合で花を食べているようなのでぜひ一度お試しください♪
気に入ってくれると思います。
2011-02-01 火 00:29:45 | URL | いんたげ [編集]
ハイビスカスには、真夏の日光は暑すぎるのですか。
そういえば、昨夏、ベランダの日当たりのいいところに置いていたら、元気がなくなり、木陰に移したら復活してきました。
カメに限らず何事でも、一つのことを知ろうと思うと、そのものだけでなく、まわりも見ていかないと、見えるものも見えなくなりますからね。
ジルちゃん、気持ちよさそう(^.^)
そのジルちゃんの近くでいんたげさんがウロウロしているのを想像すると、なんだか微笑ましいです。
2011-02-01 火 02:15:43 | URL | ななちゃん [編集]
いんたげさんがおっしゃったように、人間は知識欲が前提に備わっててこそ、こうやって異国の亀なども飼育したりするんだと思うわけです。単純に「ペット」「かわいいし、カッコイイから」とも呼べるが、その動機の元となっているのは「興味」。
知らないことを知りたい、という想いだと思うワケです。
それは進化論的な観点から、ヒトの進化にとって有利な形質だったから、ともいえる。
人間の進化はやはり他の生物にはない特異な・・・一応、他の動物にはない知能を持っているワケだから(それが良いか悪いかはまた別の話だけれども)、それはともかく人間は「知りたい」という欲のおかげで、これまでも知能を発達してきたわけですから。

本棚の飼育書や解説書の類もそうだし、今回のようにペットが食する花のことについて調べるというのも、全て繋がりと思えるものを、知らないことを知らないままにしておけないという気持ちは大切にしたいですね。
そういう行為や想いがひときわ強かったのが故高田氏でした。
生前、わたくしは度々自宅を訪れましたが、爬虫類の本はもちろんのこと爬虫類以外の本がこれほど多いのか!と思わされるほどさまざまなジャンルの本が並んでいました。

今回、いんたげさんが高田氏の言葉を出して下さったおかげでいくつかいろいろと彼のことを思い出した次第です。そのこと、いんたげさんに感謝いたいと思います。
2011-02-01 火 06:02:27 | URL | Fe-Pt [編集]
おお、、、なんと今のこのくそ寒い時期に奇麗なたいりんの花をつけて
くれたのですね~♪うちのハイビは室内でいくとなぜか白い虫がぷんぷん
と飛び回る様になってしまうので外です、、(笑)おかげで今瀕死の状態~
あに虫さえでてこなければ、、、
ジルちゃん部屋を散歩させてもらっていいですね~僕はよく考えたらこの冬
部屋に出してやったことがないことに気付きました、、、(反省)温浴の時も
終わったらふきふきして速攻ケージに、、、もっと遊んでららねば、、、(苦笑)
2011-02-01 火 21:13:03 | URL | kajikaji [編集]
この季節でも咲くんですねぇ~ハイビスカス(^O^)
ジル君は食べますか?
我が家のカメ達もPもJも食べません・・・(ToT)
鼻も葉っぱも・・・
水入れのジル君どことなくドヤ顔ですねぇ~(^O^)
いい顔していますねぇ~(^_^)v
2011-02-01 火 22:50:28 | URL | カメ [編集]
Re: タイトルなし
ななちゃんさん
先日はどうもでした(^-^)
> ハイビスカスには、真夏の日光は暑すぎるのですか。
のようです…私も初めて知ったのですが(苦笑
夏の経験はきっとななちゃんさんの勘所が良かったんでしょうね♪
一言で周りと言っても周りの方が圧倒的に広いのであんまり考えすぎると大変ですけどねw
ジルの近くでうろうろというほどでもないですがつきっきりでいじり倒してるわけで、知らない人が見たら何をやってるんだろうという感じでしょうねw
2011-02-01 火 23:17:36 | URL | いんたげ [編集]
Re: タイトルなし
Fe-Ptさん
本当ですね。興味を抜きにしてペットの飼育もありえず、そういう意味では飼育というのは非常に人間的な行為ではあるのでしょうね。単純に道具を使うとか以上の知的好奇心、それが人間の特性であるというのは無駄とも思える行為の多い人間を理解する上で重要な部分だと思います。
> そういう行為や想いがひときわ強かったのが故高田氏でした。
ビバガの特集での故高田氏の生き生きとした写真を見ただけでもそのことはよくわかります。
爬虫類を研究しながら同時に詩人でもあった氏が単純な爬虫類馬鹿ではなかったのはよくわかります。文化を語る器があった人だと思います。残念ながら私は故高田氏についてはこれまでほとんど知りませんでした。もちろん今だって知っていると言えるわけでもないですが、それでもこのような懐の深い研究者が日本にいたなんてなあという思いがあります。私がこの世界に首を突っ込むようになってまだほんの数年ですが、まだまだいろんな発見がありそうな気がします。
私こそリクガメを飼いだしてたまに目にする名前という存在からもう一段興味を魅かれたのはFe-Ptさんとの以前のやりとりがあったからでとても感謝しています(^-^)
2011-02-01 火 23:31:23 | URL | いんたげ [編集]
Re: タイトルなし
Kajikajiさん
本当に外は凍えるような寒さなのにこんな大きな花が咲きました(^-^)
ハハハ、うちでも虫に気を付けた方が良いかもですねw今のところは大丈夫ですが。
虫はカメレオンに処理を頼んでみましょうか。
真冬は室内も結構寒いので温浴の時でもそんなに気楽には放せないから難しいところですよね。ただ温浴の時の体が暖かい時がチャンスでもあるとは思うんですけどね。ぜひ遊んであげてください♪
2011-02-01 火 23:34:45 | URL | いんたげ [編集]
Re: タイトルなし
カメさん
去年も12月くらいまでは咲いたんですよね。ただ室内に入れるのが遅かったので早めに終いになって結局葉っぱも全部落ちてしまったのですが。ジルは花弁の部分からがっつり行きますね。花弁は後から気が向けばという感じではありますが。Pちゃん、Jちゃんは食べませんか?それは残念です。アカアシはもともと花をかなりの量食べているリクガメなので当然と言えば当然ですが、ギリシャも食べる個体は結構食べるようですね。
ドヤ顔であり、あっち池やという風にも見える顔でもあります(苦笑
2011-02-01 火 23:37:58 | URL | いんたげ [編集]
わぁ~ハイビ綺麗に咲きましたね♪
ビニールハウスじゃなく室内に入れればよかった(^_^;)
さすがに、ビニールハウスじゃ花までは期待出来なそうです(T_T)
私もリクガメ飼育を始めなかったら、植物を育てることもなかったですね(^。^;)サボテンさえ枯らしてしまう人でしたから(>_<)

あはは~ジルちゃん、水入れに浸かれて満足げですね(^w^)
2011-02-02 水 19:55:13 | URL | riku-nati [編集]
Re: タイトルなし
riku-natiさん
実際にはあんまり咲いてないんですけど(苦笑。でも今回は綺麗に花を咲かせてくれました♪
日中日が当たるところへ置いておけばハイビは室温くらいでも十分ですね。
riku-natiさんも元はあまり植物に対する関心は高くなかったのですか?私も多少の観葉植物以外は完全に無知でした。ジルはやっぱり水入れが一番みたいです(^-^)
2011-02-02 水 23:42:48 | URL | いんたげ [編集]
日本の冬に咲くハイビスカスの花も、なかなか風情がありますね♪
植物の場合も動物と同じく、日当たりのいい場所や半日陰を好むもの、湿度の高低、温度の高低、好む土などいろいろありますよね。
こちらのような常夏の南国では非常に剛健なハイビですが、当地でハイビを鉢植えで栽培ということはほとんどなく、普通は地面に生えているものですから、仮に日本の真夏並みの熱波状態でもかなり大丈夫だと思います。 しかし鉢植えとなるとどうしても許容範囲というか適応範囲が限られ、暑さに強い種でも限度を超えるとダメージを受けやすいような気がします。
ジルちゃんの窓辺の日光浴、気持ち良さそうですね (^^)
2011-02-10 木 11:19:41 | URL | ダルウィン [編集]
Re: タイトルなし
ダルウィンさん
真っ赤なハイビの花は寒さと鮮烈なコントラストを描いて見せてくれました。
なるほど鉢植えということ自体が植物にとって制限された環境だということですね。そういうふうに考えたことはなかったので勉強になります(^-^)
去年の夏は信じられないほどの猛暑日が続いたのできっと鉢植えのハイビにはストレスだったんでしょうねえ。
この時のジルはあちこちに動き回ってあまりゆっくり日光浴はしてくれませんでしたw
2011-02-11 金 18:54:05 | URL | いんたげ [編集]
ハイビスカス
真冬のハイビスカスの開花はめずらしいですね~
やはり、ハイビスカスのキーワードは日光なんですね。
私の感覚ですと、高温と多肥料で花が咲くと思ってますので、それなりに生育が良いので直ぐ根詰まりをおこしますね。
時期外れのハイビスカスが咲くのには、それだけ、いんたげさんのお部屋の環境が動植物に適した環境なのですね。

ジル君の水入れは、水替えが楽な方が良いに決まっているでしょうから、このステンが一番使い勝手良さそうですね。
それ以上大きくなったら・・・どうでしょう、体半分だけ水に浸けてもらうとか、少し深く結構重たいステントレイも売ってましたが・・・。
2011-02-18 金 18:56:43 | URL | ほっしー [編集]
鮮やかなハイビスカス!
ジルちゃんのごはんになったのでしょうか。

植物って適当にしててもしばらくは生きてますけど
ちゃんと育てようと思うと結構大変ですよね。
施肥やら水やりやら湿度やら温度やら土やら・・・
それだけに、ちゃんと育ったり花が咲いたときにはうれしいですよね!
(カメが喜んでくれたらなおさら!)
2011-02-19 土 19:04:28 | URL | ゆー [編集]
Re: ハイビスカス
ほっしーさん
うちでは去年も12月くらいまではポツポツ咲いてましたね。ただ長い間ベランダに出しっぱなしだったので葉っぱが一度全部落ちちゃってそこからリカバリーするのに凄く時間がかかった印象です。ですから今年は早めに室内に入れて維持してるのですが去年より花が咲きませんでしたorz
ハイビの根詰まりは問題らしいですね。花が極端に咲きづらくなるとか。そうであれば毎年買い換えた方が楽なんだろうな~とか思っちゃいます。
そうなんですよ。ジル用にはこのステンレスが良いんですけどね。下に敷くパネルヒーターの熱も通りが良いんじゃないかと思うんですが。でも次に使うステンレスでほど良い大きさのものってないんですよね。って100均で見ただけですがw重いのもちょっと問題ですね。
2011-02-20 日 12:01:05 | URL | いんたげ [編集]
Re: タイトルなし
ゆーさん
ハイビはあっという間にジルのお腹の中へと消えていきましたw
> ちゃんと育てようと思うと結構大変ですよね。
そうですねー。特に私は本当に何も知らない状況なので結構苦戦することも多いです。案外適当なままで絶好調なんてのもありますがw
ハイビに関しては今年が勝負ですね~。去年植え替えたのにあまり花が咲かなかったので、今年に期待したいです。それでだめなら毎年買い換えようかとw
そうそうプランターで育った植物をカメが食べてくれると嬉しいですよね♪幸いジルは比較的食べてくれる方なのかなと思いますが。
2011-02-20 日 12:04:21 | URL | いんたげ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。