■プロフィール

いんたげ

Author:いんたげ
FC2ブログへようこそ!

■最新コメント
■最新記事
■カテゴリ
■カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■全記事表示リンク
■月別アーカイブ
■ブロとも一覧

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
作戦勝ち?
梅雨がやっと明けたそうで、これから夏本番ですね!
すでにベランダで過ごしているジルのことを考えると梅雨の時期の方が湿度が圧倒的に高く、異常に暑くなりすぎることもないので過ごしやすいのではないかと思わないでもないですが、人間にとっては嬉しい知らせですね(^-^)


そんなジルですがケージ飼育においては水入れに浸かりっぱなしなのに対して、ベランダ飼育に切り替えるとあまり水入れに浸かろうとはしません。まあ梅雨時期などは気温が低い時間帯などもありますから浸からないのもわからなくもないですし、湿度も明らかに高いので特に問題はないと思います。
しかし梅雨が明けて夏場になってくると強い日差しを受けてベランダはかなり高温になりますから、できれば水入れを利用してほしい。その方が飼い主も安心だしなんとなくアカアシっぽいw

というわけで水入れの設置場所をちょっと考えることに。そういえばプランターからこぼれおちて松葉菊のカーテンになっている場所にたまに隠れてることがあるなと思いそこへ水入れを設置。



CIMG2638_convert.jpg

ハイ、いきなりキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

プレー開始5分いきなり鮮やかな先制シュートがゴールポストに突き刺さったような歓喜に包まれます(一人で勝手にw)
※やらせではありませんw

ベランダ飼育に切り替えた折には水入れはいつも4個くらい用意してカメの通りそうな所などに設置し、1つや2つひっくり返されたり排泄物で汚されてもいつでもフレッシュな水にアクセスできるように心がけているのですが、もう一つ必要だったピースがこの体を隠しやすい(隠れてるつもりのw)場所だったというわけです。
これで今年のベランダ飼育真夏編は上々のスタートを切ることができたかもしれません。


CIMG2640_convert.jpg

この日は満足そうにずっとここにいたので正面から顔を撮ってみました。
ま、満足そうだって言っても表情は別にいつもと変わりませんけどね…(苦笑


CIMG2641_convert.jpg

これは昨日の朝の給餌状況ですが、草食性リクガメ用のリクガメフードにきゅうり、オクラ、それとしめじをちょこっとといった感じです。前回の記事でも給餌内容については軽く触れてみましたが、ジルは決して大食漢ではありません。これは若干食べ進んだ後ではありますが、おおよそこの程度の量でもたいてい食べきらずに残します。3日に1度くらいはほぼ完食しますがその程度です。ただしアカアシには毎日給餌する必要はないとする飼育書もあり(2日に1度どころか3日に1度くらいの頻度でも良いそうです)、そういう観点から見るとうちでは毎日給餌を行っているので、あまりガツガツと食べなくて正解なのかもと思っています。特に野草などは好物としてのプライオリティは決して高くありませんから気が向かない時は残すけれども、腹が減った時には残らず食べてくれるという感じで餌のバランスも取れているのではないかと考えています。


CIMG2643_convert.jpg

温浴後サツマイモジャンゴーの下でさらに餌を食べ続けるジル。
サツマイモジャンゴーが良い感じで大きくなってきましたので、直射日光による餌の乾燥を避けるために下に餌皿を置くようにしました。


CIMG2644_convert.jpg

上から見るとこんな感じでしっかりと日陰になっているのがわかります。
ともかく夏場に向けてどれくらい多くの日陰を用意してやれるかも一つのテーマになるかもしれません。大きなシェルターがあるので最悪一つは容易に確保できますが、なるべくなら多く確保してあげることに越したことはありません。アカアシは背丈の高い草が生えているサバンナ(サバンナと言っても南米のサバンナは我々がサバンナと聞いてアフリカをイメージするものとは若干違うようです。特にサバンナ自体にもいろんな区分があるようですね)に主に生息していて、やはり多湿系と言われるリクガメだけあって日光はあまり好みません。
我々リクガメ飼育者は紫外線要求量に対し過敏になりがちですが、この手の森林~サバンナに生息するリクガメは我々が考えているよりずっと少ない紫外線量でも健康に生きていけるのではないかと思います(だいたいアカアシなんて一日の大半は倒木の下や他の動物が掘った穴の中でじっとして暮らしているようですし)。


CIMG2642_convert.jpg

そしてこれは私に寄ってくるジルです♪
最近ジルが通りかかった時に窓際でじっとしていると寄ってくることがあるようになりました(^-^)
これ、実はこんな状態で時々レプトミンをおやつに与えていたら、ん???この様子はレプトミン!?とか勝手にジルが学習しただけのことなのですが、これを端緒として飼い主をちゃんと識別してついて歩いて回るようになるまでもう少しかもしれませんね?w
期待してますよジル♪



アカアシガメ | 07:33:54 | トラックバック(0) | コメント(20)
コメント
いんたげさん お見事! 作戦大成功!!

我が家もリクガメフードは、孵化仔たちの総合栄養補助として与えています。 一週間に一度、曜日を決めて、フードだけの餌を与えているリクガメ専門店もあります。 私も頭の中を白紙に戻し、改めて一番良い給餌内容を考えることがあります。 いろんな方の飼育方法も大変参考になります。

サツマイモの葉は、屋外栽培をして、たくさん太陽を浴びた方がよく食べます。 我が家だけかな? 旬だからでしょうね。

ジルちゃんがいんたげさんのストーカーになる日も近いでしょうか(笑)。 餌目当でも嬉しいですね。
2010-07-18 日 14:36:14 | URL | ケイティママ [編集]
これからますます暑くなるベランダ飼育において、この水入れはベストポジションだったようですね♪
確かにどれだけ暑い日でも、十分な日陰と水場があれば心配も少ないですよね。
そう言えば、「アカアシガメ・キアシガメには固形のキャットフードを水で浸し、ビタミン・ミネラルを添加したものを週1回の割合で与えることをお勧めします」という文章をネットで見ました。 イパがうちに来てからは、もっぱらカルシウムを添加した葉野菜ミックスに時々果物を混ぜていますが、雑食性の強い両種に少しの動物性タンパク質を取らせるためにはこんな方法も有効なのかもしれません。
2010-07-18 日 22:30:20 | URL | DARWIN [編集]
良かったですね~!!ベランダは予想以上に熱くなるみたいですから、水場に入ってくれれば水分摂取やクールダウンにも良いですからね!!

ジルちゃん益々学習しているみたいですから、レプトミンで釣れば、そのうち呼べば来るようになるかもしれませんね!?(笑)
2010-07-19 月 00:26:57 | URL | kojiro [編集]
Re: タイトルなし
ケイティママさん
作戦なかなかうまく当たったようです(自画自賛w)
これで浸かりたい時に気軽に浸かってもらえると安心なんですけどね。
私はわりとリクガメフードは積極的に使う方なのですが、それはリクガメフードも別に冗談で作られてるわけじゃなくて、カメに必要と思われる栄養をバランスを考えて入れてあると思うから、我が家でフード意外に出す餌に不足しているものがあれば補ってくれる可能性もあるんじゃないかという意図で使っています。
これはさらにカロリー面に配慮した草食性リクガメ用フードなのですが、最近アカアシ・キアシのことを勉強していくにつれ、このカメたちはもっとヘビーな餌を与えても全然大丈夫なんじゃないかという気がしてます。
それくらい野性でこいつらはなんでも食べてるみたいですw
サツマイモの葉は気が向くと食べるのですが、あんまり食べないですねー(苦笑。
ジルはもともと雑食性の強いリクガメですから葉物のプライオリティがあんまり高くないんですよね。
だから他の餌もあるせいかほとんど食べません。松葉菊はわりと食べてるのを見かけるのですが。
そうですね。とりあえず餌目当てでも学習してついてくる、これくらいは楽しみたいですw
2010-07-19 月 06:43:26 | URL | いんたげ [編集]
Re: タイトルなし
DARWINさん
これは思ったとおりでしたね♪(もっと早く気がつけともいうw)
そうですね。すでにベランダ飼育は3回目に入りますので、2回の実績から真夏も大丈夫とはわかっているのですが、水に浸かっててもらえればなおさら安心ですから(^-^)
キャットフードですか?ジルのブリーダーさんはもっとダイレクトにドッグフードを使っていたみたいですw
ジルの尿がとても臭うので(最近は意外にそうでもないのですが)、なるべく野菜系を中心にしたら臭わなくなるかなーとか思って動物性は最低限しか与えてなかったんですよね。でもこいつらのことを学べば学ぶほど野性ではいろんなものを食い散らかしてることがわかってきて、キャットフードでも脂肪が多くなければ良いかなーという気がしますね。うちは飼い主の後をついて回るように調教中なので引き続きおやつにレプトミンで対応していきます♪
2010-07-19 月 06:47:46 | URL | いんたげ [編集]
Re: タイトルなし
kojiroさん
そうなんです。過去2回すでにベランダ飼育をおこなっていますから大丈夫なのはわかってはいるのですが、できるだけ快適に過ごしてもらえないだろうかと少しない頭を使ってみましたw
ええ、名前を呼びながらあげると良いなんて話も聞いたので少しですが試してみたりしてますw
ついて回るようになると散歩とかも行きたくなりそうなんですけどねw
2010-07-19 月 06:51:34 | URL | いんたげ [編集]
ジルちゃんは松場菊の下が似合いますね ^^ そこに水入れがあったらもう最高に気持ちいいはず♪ 梅雨明けした途端もの凄い暑さになりましたよね。湿度も下がってしまいジルちゃんにはちょうどいい涼みセットが出来上がりました!私も今日は何回も水撒きしながらの日光浴になりました。これからは暑さ対策になりそうです。
んふふ(^~^)ホントだ~仲良くしてる~!後追いジルちゃんの姿もそう遠くないかもしれませんね!期待してますよ~。
2010-07-19 月 19:50:31 | URL | u-ko [編集]
Re: タイトルなし
u-koさん
リクガメは本当にこういう狭いところ好きですよねwそして天井があればなお良いといったところでしょうか。
暑いですよね~。もう3回目のベランダ飼育になりますが、それでもなるべく良い環境を作れるように心かげていきたいと思います。特に真夏の場合湿度の問題はなかなかクリアするのは簡単じゃありませんから。
u-koさんはホルスですからアカアシ以上に暑さ対策が必要ですね。そこへ行くと多湿系は直射日光をもろに浴びるのでなければ気温自体はかなり高くても結構平気ですから。
まあ当分後追いはなさそうですがw少しずつ飼い主の顔を理解してくれたらなあと思っています(^-^)
2010-07-20 火 01:07:28 | URL | いんたげ [編集]
思った通りにグッズを使用してもらえると、嬉しくなりますよね。開始5分で先制ゴール・・・気持ちが伝わってきますよ。
サツマイモ、順調に育ってますね。ジルさんはサツマイモの葉を食べますか?うちでは今年は何故かサツマイモが芽を出してくれず、今年はサツマイモジャンゴーは無しということになりました。非常食兼日陰として毎年重宝していましたが、まあ仕方がありません。日陰代わりにハイビスカスでも屋外スペースに置いておこうかな。
2010-07-20 火 11:29:39 | URL | ポンスケ [編集]
き・も・ち・いぃぃぃいい~~(*´∀`)
ストライクですね。重箱の隅にストライクですね~~ww

キタ━━━━(Д゚(○=(゚∀゚)=○)Д゚)━━━━━!!!ってホントに口から出ちゃいそうですねw

頭のてっぺん?の鱗は湿度あってもカサっとしている感じなんですか?

アカアシも、こうして見ているとペットリクガメとしてかなり優秀ですね♪草ばかりにこだわなくていいですし、多少の偏食は、他のリクガメよりスルーできそうですし♪
ホシガメもアカアシやエロン、セオレと一緒の感覚の給餌内容でいければいいのになぁとか思っちゃいますね;

真夏のベランダ飼育も工夫次第で、なかなかに快適にすごさせてあげれそうですね♪参考にさせていただきます(*^▽^*)
・・・・・・・・あ・・・ウチには、黒い奴らがいるからムリダタ。
2010-07-20 火 16:53:52 | URL | 黒松 [編集]
あはは~作戦勝ち♪おめでとう(*^▽^)/
この連休中観察していたら、カメ部屋では水を飲んだり入ってみたりと水入れが活躍しているのですが、ベランダでは全然使ってくれてる形跡がありません(^_^;)
日陰はかなり作っていますが、ちょっと気になります。。。

おぉぉ!いんたげさんとジルちゃんの距離が狭まりましたね^^
この調子で、エサ目当てでも寄って来てくれるようになると嬉しいですね♪
2010-07-20 火 21:02:37 | URL | riku-nati [編集]
Re: タイトルなし
ポンスケさん
まあ、ちょっと出来すぎですがw
でも目論見がはまって見通しがたったのはやっぱり嬉しいですね。
ジルはごくごくたま~にサツマイモの葉を食べているようですが、基本的には食べないといって良いかもしれませんね。主に日陰専用です。まだこれからでも大丈夫じゃないですか?室内でジャンゴーにできる人もいらっしゃいますし。
でもハイビも良いですね!
2010-07-20 火 22:36:43 | URL | いんたげ [編集]
Re: タイトルなし
黒松さん
作戦がピタッとはまった感じは良いですねw
重箱の隅にストライクてw1点は1点です!w
相当湿度があれば頭のてっぺんももう少し湿った感じにツルツルして見えるのですが、やっぱりここは乾きやすいのかだいたいこんな感じですね。
アカアシは欧米かよっ!という突っ込みを覚悟しつつ、欧米ではやっぱり人気の高いリクガメですからね。リクガメの中ではペットとして向いているというのはコンセンサスがあるみたいですよ。
実際飼ってみると丈夫ですし、おっしゃる通り草食性が強いリクガメに比べると想像以上にいろんなもんを与えても大丈夫だと思います。レプトミンなんかはおやつ代わりに口の中に放り込んでやるのですが、そういうことができるのも雑食性が強いリクガメならではですね。
ホシガメもベビーのうちは雑食性のリクガメと同じ感じで餌を与えても大丈夫な気はしますが、甲羅をきれいにとか考えるとちょっと躊躇してしまったりしますよね。動物性の餌を与えた方が甲羅が凸凹しないなんて実験もあったりしてよくわからない部分ではありますが。
黒松さんも黒いの対策をしっかりすれば庭の放牧も可能となると思いますよ♪ただ対策はやや難しそうですが。
2010-07-20 火 22:45:32 | URL | いんたげ [編集]
Re: タイトルなし
riku-natiさん
ありがとうございます(*^^)v
ああ、ギリシャでもあんまり水入れを使わなくなりますか。基本的に餌から水分を取るタイプのカメでしょうから普通ならそんなもんだろうという気がしますが、普段使っているとなると気にはなりますよね。
念のためきゅうりやレタス、多肉系など水分の多い餌は多めに追加しておいた方が良いかもしれませんね?
そうですね。とりあえず餌目当てで良いんです!でも名前を読んだら寄ってくるカメの飼い主とかで天○志○動物園に出たいんです!(爆
2010-07-20 火 22:49:04 | URL | いんたげ [編集]
おお?おおお~そうなんですよね~うちのルーファス姐さんもジルちゃんとおなじくケージ
だったらずっと水場のくせにハウルにだしたらほとんど水場には浸からないんですよね~(苦笑)
なるほど~こんな手があったのですね~うちではマツバギクは今ないのでサツマイモジャンゴーを
使ってこれをやってみたいと思います~♪
2010-07-21 水 16:03:27 | URL | kajikaji [編集]
Re: タイトルなし
Kajikajiさん
あのルーファス姐さんでもそうなのですかw
それはさすがに意外でしたねえ。そうですね体が隠しやすい場所にもともと行きたがりますからそういう場所に試しに置いてみるのは良いと思います(^-^)
2010-07-22 木 06:42:55 | URL | いんたげ [編集]
猛暑除け
ジルくんは賢いですね。
普通だったら、暑さに逃げ回って、狭いところに体を突っ込ませ身動き出来ずって云うのが関の山でしょうから。
水入れにも、エサ置きにもスッポリハマって王子さま待遇で決まってますね。
犬猫用に、アイスノンみたいな、水を入れるとヒンヤリするグッツがありますが、カメさん用に何か工夫できないでしょうかね~。
問題はお腹が冷えるとマズイでしょうが・・・、やはり温めでも湿度も供給できる水が一番かもしれませんね。
2010-07-22 木 15:16:58 | URL | ほっしー [編集]
Re: 猛暑除け
ほっしーさん
ジルが賢い…というのはまだまだ検討の余地がありそうですがw、しかしアカアシやキアシはやはりそれなりに賢いリクガメだと思います。今回の水入れはもともとたまにそこに隠れてる場所に設置したため偶然入ったのかもしれません。好んでよく使うかどうかはさらに観察が必要だと思います。
アカアシはギリシャなどと違いますからベランダで直射日光をガンガン浴びるような状況さえなければ暑さに関しては十分対応できると思います。。。思うのですがこの暑さですからなるべく工夫はしてやりたいところですね。
2010-07-23 金 06:05:10 | URL | いんたげ [編集]
シェルターというか隠れ家は、いっぱいあった方が、カメの気分次第でいろいろなところに行けていいのでしょうね。
たしかに紫外線に過敏になっているところありますよね。
ケージで飼育していると、毎日当たり前のように紫外線ランプなどを照射していますが、自然下ですと雨の日や曇りの日も当然あるでしょうから、かなり不自然な形で飼育しているんだろうなと時々思ったりしています。
2010-07-26 月 00:13:52 | URL | ななちゃん [編集]
Re: タイトルなし
ななちゃんさん
まあ、隠れ場所はベランダでは限界がありますができるなら多めにという感じでやっています(^-^)
紫外線に関しては屋外なら曇りでもケージの紫外線ライトより強い紫外線がでています。そのため日光浴ができるならごく短時間でもかなり効果があると思われます。今の季節ならケージ飼育でも10分とか日光に浴びさせてあげられれば十分な気もしますね。特に多湿系はですが。
2010-07-26 月 17:18:25 | URL | いんたげ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。