■プロフィール

いんたげ

Author:いんたげ
FC2ブログへようこそ!

■最新コメント
■最新記事
■カテゴリ
■カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■全記事表示リンク
■月別アーカイブ
■ブロとも一覧

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ジャイアンツ木村拓也コーチの死を悼む
4月2日球場で崩れ落ちるように倒れた衝撃的な映像が流された後、悪い状態が続いていると言われていたジャイアンツ木村拓也コーチの訃報がとうとう伝えられることとなってしまいました。本当に残念でなりません。

ドラフト外でプロの世界に入り、野球選手としては小柄な体でその世界で生き残るために投手以外のすべての守備をこなし、バントや走塁などの小技にも優れ、プロに入った後ではスイッチヒッターまで習得してしまいました。何度も言われていることですがユーティリティープレイヤーというのは真に現役時代の木村拓也コーチのためにあった言葉ではないでしょうか。現役だった昨年のヤクルト戦でアクシデントで交代のキャッチャーが一人もいなくなってしまい、突如木村コーチがキャッチャーマスクをかぶることになってしまっても、150kmのストレートを投げる速球派ピッチャーを見事リードしきってチームの窮地を救ったのはとても大きな話題となり見る人に感動を与えました。まさにユーティリティープレイヤー木村拓也、ここにありです。そして選手として苦労して磨いたその高い技術をもってすれば、それを後進に伝えるというコーチとしての仕事に対する明るい未来を期待した人も少なくなかったはずです。昨年引退したばかり、そしてこれから現役よりも長くなるかもしれない野球人としての第二の人生が幕を開けたばかりでした。37歳。あまりにも突然で若すぎる死だというほかありません。

ちょっと話は変わりますが、今ではすっかり元気とはいえちょうど2年ほど前私の母も木村コーチと同じクモ膜下出血で倒れました(実は私がリクガメを飼い始めたのは母のこの病気がちょっとした契機になってたりします)。手術後2、3日は木村コーチと同じように意識が戻らない状態が続き、最初は突然最悪の事態も覚悟しなければならない状況に置かれ気持ちの置きどころにも困り、半信半疑というかきつねにつままれたような気分でいたのをよく覚えています。昨日までとても元気そうにしてたはずの人が何の前触れもなく、突然目の前で死の危険に直面しているわけですから周りもすぐには状況が飲め込めないわけです(正直にいえば慢性的に血圧が高いということはあったのですが、本人が極度の病院嫌いなため頑なに医者に診せようとせず、高いという話を聞いてからすでに何年も経過していたこともあり、危険だという認識は完全に麻痺していました)。

幸いにもその後母は意識を取り戻したうえに後遺症も全くなく無事に退院するとができました(とはいえ一月ほどの入院中は本人も家族もなかなか大変なものがありました)。そして病院でも意外と元気に歩いて帰る患者さんは多いという話を聞いていたので、以前ならクモ膜下出血と聞いただけでほぼ絶望的だというイメージが支配的でしたが、近年は事情が少し変わったのかなあと認識も変わりました。そして手術も医者の話を聞く限りとても負担が少ないものでわりとすぐ終わる(終わった)という話も聞いていました。従ってテレビで木村コーチが倒れるのを見てもあれは母と同じだ(もちろんノック中に突然前のめりに倒れるという映像自体は衝撃的だったのは間違いないですが)、そして意識不明の状態が続いていると報道されてもやはり母も2、3日はそうだった、さらには倒れてすぐに病院に運ばれたんだからきっと大丈夫ではないだろうかと内心楽観的ですらありました。

しかし木村コーチを襲った運命は大雑把に1/3の死亡率といわれるこの病気で彼を最悪の方へと導いてしまいました。呆気なく、それは突然にやってきて終わりを告げました。病院に運ばれたときにはすでにレベル5、最悪な状況であったとのことです。倒れてすぐに診断を受けられても出血量が多ければそれだけ危険度は増すということなのでしょうか。繰り返しますが37歳。好きなチームの好きだった選手、そしてコーチとしてのこれからを期待していたファンの一人としての悲しみと、母の世代のから一段も二段も降りてきて、私と同世代の身近な若すぎる死を目の当たりにした痛ましさの両方を感じざるを得ません。

球場での木村拓也選手は主砲でもエースでもありませんでした。しかし明るくガッツがあり頼りになる忘れられない素晴らしい選手でした。あなたがトレードで広島から巨人へやってきて、球場でその勝負強いバッティングを見せた時、素晴らしい守備を見せた時、多くのジャイアンツファンは良い選手が獲得できたと小躍りをして喜びました。広島でも巨人でも多くのファンに愛された選手でした。

ジャイアンツ木村拓也内野守備走塁コーチのご冥福をお祈りし、又ご家族の方に謹んでお悔やみを申し上げたいと思います。






ところで私も酒(とそれに伴う暴食)が続くと血圧が上がるんですよね(汗。しばらく摂生を心がけると標準値に戻るのですが、そういえば最近血圧計ってなかったなあ…(滝汗。

その他 | 01:37:18 | トラックバック(0) | コメント(8)
コメント
私は野球に詳しくないので、倒れたこと、亡くなったことは、ニュースや新聞でみましたが、そのような方だったのですね。
いんたげさんのお母様もクモ膜下出血になられたのですね。後遺症もなく退院できて何よりです。近所の方でおられましたが、後遺症もあったようで、別人のように。
脳のことは、よくわかりませんが、やはり部位的にこわいですね。

人間健康な時はありがたみなくそれが普通だと思ってしまいますものね。お腹壊しただけでもその時は健康が1番と思いますよね;
若くてもそういう風になるというのは、肝に銘じておかなければなりませんね。

タバコやめようかな・・・・・(^ω^ ;)
2010-04-08 木 10:03:29 | URL | 黒松 [編集]
Re: タイトルなし
黒松さん
そうなんです。本当にいぶし銀の良いプレイヤーでした。
今回のことがありうちの母はやはりかなりラッキーだったのだなと考え直した次第です。死なないまでも後遺症が残るということまではかなりの確率で引き起こされますから。そうですね。心臓なども怖いですがやはり脳は特に怖いかもしれません。今回テレビでも良く報道されていますがクモ膜下出血は30代以降のわりと若い世代でも起こるようです。黒松さんも30代半ばを過ぎたら(過ぎていたら)とりあえず血圧には気をつけた方が良いかもしれませんね。
たばこには血圧を上げる作用があるそうです(脅かすわけではありませんがうちの母も喫煙者でした)。
2010-04-08 木 14:17:06 | URL | いんたげ [編集]
木村コーチのことは詳しく知っていたわけではないのですが、少年野球の子供がそのまま大人になったような本当に純粋に野球を愛している人だなぁという印象でした。実際地元の子供達にも教えていたようですね。コーチとして第二の人生を迎えられたばかりの突然のことに言葉がありません。
そして自分と同じ年齢でクモ膜下出血を発症したということにはショックを受けました。
いんたげさんのお母様が今ご健在なのは絶望的なイメージのこの病気への大きな希望ですね。助かった方の実例が一番だと思います。私の母も血圧が高いのでいつも心配です。(私は低血圧気味。。。)
ホントです、いんたげさんが倒れたら3カメが路頭に迷うことになります。節制して下さい !!!(私も人のこと言えないかな ^^;)
2010-04-08 木 16:45:27 | URL | u-ko [編集]
Re: タイトルなし
u-koさん
そうですね。野球と子供が凄く好きそうな雰囲気がありましたよね。
本当に言葉もありませんでした。ちょっと若すぎますよね。人生何があるかわからないとあらためて思いました。うちの母は血圧が半端なく高かったようです。本人も具体的な数字を言わなかったでのわからなかったのですが、担ぎ込まれた時には200くらいあったとか。でもなんとか生還したので木村コーチも大丈夫と思っていたのですけれどもね。やはりこういうことは運も絡むのかもしれませんね。ええ、今後はちょっと摂生しようかなと思いました。最近はかなり自己管理がいい加減だったので。u-koさんはスリムだしとりあえず問題なさそうに見えますけれどね。
2010-04-08 木 21:11:38 | URL | いんたげ [編集]
そうですね。病気って日頃から注意していても突然くる場合がありますよね…
私も気持ち?精神力?は若い気でいますが、実際は、もう若くないのかもしれませんね…(汗)

酒&タバコ&不摂生な生活を正す時期かもしれません…(汗)
何かあまり考えたく無い所ですが…(笑)
2010-04-08 木 23:25:19 | URL | kojiro [編集]
いいプレーをする個性的な選手でしたよね。
37歳は本当に早すぎる死です。
私はめんどくさがって健康診断を3~4年に1度くらいしか受けていないのですが、やっぱり毎年チェックした方が良いのかなと思いました (゚ー゚;A

2010-04-08 木 23:32:28 | URL | ダルウィン [編集]
Re: タイトルなし
kojiroさん
そうなんですよねー。病気っていつ降って湧いてくるかわからないですから、必ずしも普段の摂生だけで防げるというわけでもないんですよね。まあ摂生で防げる部分もあることは認めて受け入れなければならないでしょうが(苦笑。
kojiroさんはどちらもおやりになるんですね。メディカルチェックはたまにしておいた方が良いかもしれませんね。
2010-04-09 金 01:04:10 | URL | いんたげ [編集]
Re: タイトルなし
ダルウィンさん
本当にきらりと光るプレーをする良い選手でした。たとえば今回のクモ膜下出血の場合だと30代後半くらいからはCTスキャンなどは受けた方が良いという話みたいですね。
ただ実際に定期的に診断を受けるのはなかなか腰が重いですよね。
2010-04-09 金 01:05:57 | URL | いんたげ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。