■プロフィール

いんたげ

Author:いんたげ
FC2ブログへようこそ!

■最新コメント
■最新記事
■カテゴリ
■カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■全記事表示リンク
■月別アーカイブ
■ブロとも一覧

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ブロンズプレコ
再度小型水槽のコケ取り部隊としてオトシンを召喚してみようと思案しているうちにネットで目に留まったのがブロンズプレコ。コケ取り魚としてバツグンの能力があるとのこと。

プレコと言えばオトシンと同じナマズの仲間、血は争えないというか種類によってはオトシン以上にコケを良く食べてくれます。ただ水槽のコケ取りとして定番のセルフィンプレコのように、コケ取り能力が高いプレコには最大で60cm程度などと大きくなってしまうものが多く、それは論外と今までは検討対象外でした。

ですが、ブロンズプレコは5cm程度と小型な上、コケ取り能力も申し分なく高いらしい。そのことを知ると俄然興味がわいてきました。


CIMG2328_convert.jpg

ハイキタコレ(^-^)

小型水槽には新たにオトシン2匹を入れ、ブロンズプレコの方はマーシャルのいるプラケのコケ取りをしてもらうことにしました。小さいですし色合いも青銅色と地味でずいぶんと扁平な形をしていますがこれでも立派なプレコです。
コケ取り目的とはいえプレコにまで手を出しちゃって、こうやってどんどん嵌っていって、気がついたらディスカス始めましたとかなっちゃうんだろうな…。自重自重と自戒する次第であります (*´Д`)

それはともかくブロンズプレコにはもう一つ特徴があって、それがこれ

CIMG2334_convert.jpg

いかにもコケをそぎ落として食べやすそうな吸盤状の口は他のプレコやオトシンにも共通ですが、ブロンズプレコの場合この口が体に比して特に大きく俗にオバQ口などとも言われます。まあややキモくもありますねw

観賞魚としてのプレコにはこんなのこんなのとか派手で大きくしかも格好いい非常に魅力ある種類がいます。しかしそんなプレコも大きさに差はあれど口は全部これなんだよな~と思うとなんとなくにやけちゃうんですよねwこれら大型のプレコは外見はとても魅力的ですが、この吸盤状の口がいかにも不釣り合いな感じがして無理してまで自分で飼いたいなとは思わないのでとりあえず安心。大きくなる魚でつい魅力を感じてしまうのはあとはムブくらいだから大型魚への誘惑にはなんとか耐えられそうかな。

もちろん先にも述べたように吸盤状の口は流木や石に張り付いてコケなどが食べやすく、音速飛行機かと思うような美しい流線形のボディーにゴージャスなヒレは急流に住むのに適した形状で、どちらも自然から賜った機能美・造形美といったところなのですが、でもやっぱりこんな恰好よさげな魚の口が吸盤型てw
…あ、プレコファンの皆様、ちょっと調子に乗りすぎてしまいました。申し訳ありません<(_ _)>


さて、ブロンズプレコの話に戻すと、プラケに入れたのが先月の10日くらいですから実はすでに一カ月以上の月日が経過しています。なぜ今まで記事にしなかったのかというと、このプレコ、飼育が難しいのでも有名だからです。ブロンズプレコはプレコの中でも特に急流に住み強い水流ときれいな水の維持が不可欠だと言われています。なのでフィルターが作り出す水流の強さと糞が多いカメと一緒という水質面での不利がどうしても懸念されたわけです(それでも小型プレコでかつコケ取り能力が非常に高いという魅力が勝った)。

ブロンズプレコ始めました\(^o^)/…2、3日で死にました('A`)…ではあまりにも情けないし、記事を読んだ人を不快にしてしまいかねませんからね。とりあえず一定期間の飼育に成功してから記事にすることにしていたのです。実際オトシン2匹については今回は前回よりは長く2週間以上飼育することができたとはいえ、やはり餌付けが難しく結局餓死させてしまいましたorzコケ取り能力が異常に高い2匹だったので非常に残念でした(この顛末はいずれまた記事にすることもあるかもしれません)。ともあれ一月も元気にしていれば水槽内の水に慣れ、餌を食べ排泄をするというサイクルに乗ったと、とりあえずは考えてもいいでしょう(もうひとつ、夏を乗り切れるかどうかという大きな山はありますが)。


CIMG2294_convert.jpg
この扁平な体型は急な流れをこのむプレコ類の中でも極端な急流に住むのに適応した結果と考えられます。


CIMG2313_convert.jpg

ヒーターカバーにちょこんと乗ったお茶目なブロンズプレコ。背中側にあるのはなんとか餌付けをしようと入れたきゅうり(結局食べてる気配がないので現在は入れてません)。オトシンは…きゅうり食べてた様子があったのに駄目だったorz
ブロンズプレコの飼育が難しいと言われるのはオトシン同様にこの餌付けの問題もあります。コケを食べるのは当然なのですが、水槽の中のコケの量には限界がありますからコケをきれいに食べてしまった後が問題になるわけです。コケ以外のこちらの用意した餌を素直に食べてくれればいいのですが、個体によってはなかなか食べてくれずに餓死してしまうのです。


CIMG2327_convert.jpg

こんな風に背ビレや尾ビレを広げたところは少しですがプレコらしい感じがしますねw
後ろにはやはり餌付けをするために入れた茹でた昆布が写っています(糸とダブルクリップで釣ってありますw)。水槽をきれいにするためのコケ取りとして入れた魚のためにきゅうりや昆布を入れることは、むしろ水槽の見た目を悪くするわけですが、そうしないとブロンズプレコは生き物としては存在できません。小奇麗なインテリアとしての水槽に憧れを感じて始めたことではありますが、こんな小さな魚でも生き物を飼うということは本来そういうこととはほど遠いところにあるものだと気付かされたりします。


CIMG2362_convert.jpg

これは昨日のプレコです。ちょっと写りが悪いですねw
ただ来た時よりは確実に一回りは大きくなったと思います(すでにコリドラスや淡水フグを抜いて我が家で一番大きな魚になりました)。コケ取り能力に関しては餓死してしまった2匹のオトシンが凄すぎたので、まあまあといったところですがこのまま順調にいって欲しいところです。
そうそう以前の記事でマーシャルが好んで食べると書いた低層魚用フードはもちろんもともとはこのブロンズプレコのための餌ですorz


小型水槽&ミズガメ | 22:21:38 | トラックバック(0) | コメント(20)
コメント
かっこいい
ほうほう、ブロンズプレコですか。始めて見ました。
ずいぶんぺったんこなんですね。ホンコンプレコみたい(いやそれプレコじゃないし)

そうそう、時々変な奴に手を出しちゃうんですよね。
で、そういう奴が偏食だったりいじめっ子だったりすると
新たなエサを導入せざるを得なくなったり、水槽内の力バランスがめちゃくちゃ狂ったりとかで
大変苦労することになるわけですが。

ちなみに、プレコの腹はぷにぷにしてなんとも気持ちがいいです。
水槽に慣れてもう少し大きくなったら是非触ってみてくださいw
2010-03-17 水 23:57:51 | URL | ゆー [編集]
新しくお迎えした個体の発表って結構難しいかもしれませんね(笑)

私も以前に古代魚に一目惚れして購入しましたが、後から最大全長をしり焦った事を思いました(笑)

しかし、数ヶ月後に水槽から飛び出して死んでしまいました…(泣)

やはり事前の下調べなどは必要ですよね(笑)
2010-03-18 木 00:53:57 | URL | kojiro [編集]
苔取り名人
僕の頭の中では苔取りと言うと、石巻貝が一番に浮かぶんですが、プレコも良いですね。
小さなカメとなら同居も可能ですよね。
我家ならチズガメかな・・・

ところで、いんたげさん、ディスカスは夏ごろですか?(笑)
2010-03-18 木 01:00:50 | URL | kame27 [編集]
おぉ、こんな渋いルームメイトがいたのですかΣ(っ゚Д゚;)っ

苔取り、エサ、インテリアと言って迎えた動物に、いつのまにかガチで飼っていたという経験は、私もあります。ミズガメは、そういう誘惑をもつ生物と同居が可能ですから・・・・w

エサといってメダカや金魚を買って来る→可愛さに誘惑される→食べられないとわかったら別の熱帯魚を飼う→ちょっと食べられそうで可愛そうになってくる→新たに水槽立ち上げ→水槽寂しく感じる→新たな熱帯魚お出迎え・・・( ´^ิー^ิ`)ニヤァリ
2010-03-18 木 10:33:28 | URL | 黒松 [編集]
Re: かっこいい
ゆーさん
私も今回初めて知りましたw確かにホンコンプレコというかその手のオトシン系の方が近い感じがしますよね。まあもともと同じナマズですから多少似てるのがいても当然なのでしょうが。
変な奴ですかw確かに変わったものを見るとつい気になってしまいますよね。水槽内のバランスの崩壊ありますね~。私の場合はアベニパファーはやっぱりバランスさせるのが難しいと感じますね。エビでも貝でも食べますし。いじめもします><、冷凍アカムシ必須です(苦笑。

ネットなどで良く見かえるプレコ持ちですね。あれ一度くらいはやってみたいですねwただブロンズプレコはせいぜい5cm(うちのはほぼMAXだと思われます)程度ですから人間の手に乗せるのはちょっと危ない感じがしますね。小さな熱帯魚の場合ひと肌でやけどしたりするらしいですし。10cmくらいにはなるタイガープレコあたりを飼うことがあればぜひ試してみたいと思います(^-^)
2010-03-18 木 13:42:44 | URL | いんたげ [編集]
Re: タイトルなし
kojiroさん
今回のブロンズプレコはオトシンのように簡単に落としてしまう可能性も考えられたので記事にするのは時間を置いてからにしました。
古代魚ってポリプですか?エンドリ?エンドリケリーですか~!!!
とかエンドリは無理ですが小さめのポリプなんかはやっぱり飼ってみたくなってしまいますねwああ、古代魚は肺呼吸して水面に行く機会が多いせいかジャンプも多いそうですね。
まあ確かに下調べ不十分で痛い目に会うということはありますよね。ただいくら下調べしても実際飼ってみないことにはわからないことも多いですが。
2010-03-18 木 13:46:26 | URL | いんたげ [編集]
Re: 苔取り名人
kame27さん
貝系はニオイガメがいると駄目ですね。石巻くらいだとバリバリ食べられちゃうと思います。
そうですね。金魚を食べないカメなら同居可能かもしれませんね。うちのブロンズプレコは結構姿を見せてくれますが、一般的には昼間は流木などに隠れて夜活動する魚ですから、昼間活動しているカメとはぶつかりあわないでしょうし。
ディスカスは…勘弁してください<(_ _)>あくまでも冗談ですwあれ始めると凄く世話が大変そうなのでパスですw
2010-03-18 木 13:53:30 | URL | いんたげ [編集]
Re: タイトルなし
黒松さん
隠された新モンス登場です!w
そうなんですよねーあんまり誘惑に駆られてるとちょとまずいことになりそうですよね。私の場合基本的に世話が面倒だなと思うとわりとあきらめがつく方なので、今のところ酷いことにはなっていないですが、今後も自重できるかどうかが問われ続けることになると思いますw
ああ、黒松さん熱帯魚スパイラルの丁寧なご説明ありがとうございます(苦笑。本当にいかにもありそうな経路ですよね。気をつけないと…。
2010-03-18 木 13:56:35 | URL | いんたげ [編集]
苔とり名人
ブロンズプレコ最近は見かけない時が多いですね。グリーンと云いますか光によってブロンズにも見えますね。オトシンもネグロでしたか、こげ茶のヤツはノーマルオトシンより苔を上手に取るようで、水草水槽に入れてました。
昔しは良く、ヤマトヌマエビを苔処理に入れてましたが、それこそマーシャル君に食べられてしまうでしょうね~
2010-03-19 金 02:28:22 | URL | ほっしー [編集]
Re: 苔とり名人
ほっしーさん
ブロンズは昔の方がよく見かけるプレコだったんですね。やっぱり飼育が難しくてみんなやめちゃったんでしょうか?ネグロの方がコケ取り上手みたいですね。値段が良いので、すぐ死んだから嫌だなということで避けてましたが、並オトで駄目ならやっぱりネグロかなと今は思っています。ヤマトヌマエビに関してですが、実はマーシャルと一緒にいます(苦笑。食べたらおいしいのではないかと思いますが、マーシャルが襲って食べるようなことはないようです。コケ取りとしては水槽のガラス面の掃除は苦手なのでそのためにプレコやオトシンを入れたりしています。
2010-03-19 金 12:21:18 | URL | いんたげ [編集]
なるふぉど~ブロンズプレコなる子を召還されたのですね~わはははほんとですね~
まさにオバQですね~この口は~(爆)僕もあろわな水槽のこけとりに今までカラープロキロダス、
(6匹)セルフィンプレコ(8匹)はいれてますがどれも突然死もしくは食いちぎられ死亡、、
後いじめられぼろぼろ死、、、(苦笑)ブロンズプレコ、、難しい様ですね~♪
しっかり生き残ってほしいところですね~♪
2010-03-19 金 13:22:34 | URL | kajikaji [編集]
Re: タイトルなし
kajikajiさん
オバQ口、ちょっとキモイけど変わってて面白いですよねw
アロワナは大型肉食魚ですからなかなか混泳は難しいのかもしれませんね。流木などでプレコが隠れるところを作ってやると昼間はそこから出てこずに夜だけコケ取りに出てくるなんて効きますが、どうなんでしょうね?流木に隠れることができれば襲われる可能性は低そうな気がしますが。事前に集めた情報ではブロンズプレコは結構難しい魚のようですが、それでも良い個体に当たれば結構元気に長生きしたりするそうなので、そういう個体であることを願っています(^-^)
2010-03-19 金 18:37:25 | URL | いんたげ [編集]
はじめまして
kame27さんのところから来ましたゴッドスピードと申します。
プレコ、綺麗ですね。 昨年末からわたくしも飼育経験したいと思っている魚です。

今回、正直なところアカアシガメに導かれ、訪問そしてコメントさせて頂きます。
わたくしも今年の1月からアカアシを飼育スタートしています。
これは2頭目のアカアシで、以前は10代のころ飼育経験しています。

そちらのアカアシ、綺麗に、健康的に育っていますね。
いろいろ工夫されていることでしょうね。
同じアカアシガメ飼育者として、これからよろしくお願い致します。
2010-03-19 金 23:12:48 | URL | Godspeed [編集]
Re: はじめまして
ゴッドスピードさん
こちらでははじめまして♪kame27さんのところでは楽しくコメントを拝見させていただいています(^-^)
プレコにはきれいな種類のものがたくさんありますよね!大型になるのはスペースなどの飼育コストを考えた場合に大変そうなので無理に手を出したいとは思いませんが、中型、小型にも美種がたくさんいるのでこの辺は手を出してしまいそうで怖いですw
ゴッドスピードさんもアカアシキーパーなんですね♪しかも10代の頃に経験がおありになるのでしたら大先輩じゃないですか!こちらこそよろしくです<(_ _)>
ハハハ、工夫ですかw実際のところ特に変わった工夫とかはないんですよね(汗。ジル自体が丈夫なのでとても助かっています。
ゴッドスピードさんのブログ拝見させていただきました。以前ネットサーフィン(古っ)をしていた時に何度か拝見させていただいたことがあります。その時リクガメを飼育し始めたばかりの私では次元が違いすぎてただただ凄いな~という感想しか出てきませんでしたが、そういう方に拙ブログに立ち寄っていただき大変光栄です。
2010-03-20 土 00:01:05 | URL | いんたげ [編集]
早速のお返事、ありがとうございます。そしてうちのブログへの書き込みも。

10代の時のアカアシは当時飼育していた生体すべてと共に、あるきっかけで手放しているので、成長を全て観たわけではありません。
よって、今回のベビーはわたしと共に歳をとっていけるように大切に育てています。
いんたげさんにとってアカアシを選んだ理由はなんでしょうか?
アカアシの魅力、そして観察を同じ飼育者としておしゃべりできたら、と常々思っています。
わたくしのブログ、いろいろとやんちゃにやっては、煙に巻いたりして、たいへん読みづらいかと思いますが、どうぞこれからも宜しくお願い致します。
今のところ、週に一度はうちのアカアシも出すようにしております。
わたくしも時々こちらへお邪魔する時はぜひそちらのジルちゃんの成長・生活を楽しみにしております。
2010-03-20 土 00:36:35 | URL | Godspeed [編集]
Re: タイトルなし
ゴッドスピードさん
リクガメはかなり長生きする可能性がありますから、一緒に過ごせる時間が長いというのも魅力の一つですよね(^-^)
ジルとの出会いについては
http://intageeco.blog37.fc2.com/blog-entry-8.html
この記事で触れています…あらためて読み直して思うのですが…ホント、しょうもない話ですみません(涙。
ゴッドスピードさんもぜひリクガメジャパン(http://rikugame.jp/)に登録してみませんか?アカアシキーパーもいますし(もちろんkame27さんもいらっしゃいます)ゴッドスピードさんの貴重な経験を聞かせてもらえたら参加者のみなさんもきっと喜ぶのではないかと思います。

私もゴッドスピードさんのところのアカアシの成長をとても楽しみにしています。時々拝見させていたきますのでよろしくお願いします<(_ _)>
2010-03-20 土 01:19:46 | URL | いんたげ [編集]
ブロンズプレコですか。 私は魚には全然疎いですが、水槽の苔とりに活躍してくれるんですね (^^)
ハチュだけでなく全ての動物でそうですが、種類によっては極端に偏食するものがいて、そういう子は人間の手で飼うのがホント困難ですよね。 飼ったことがありませんが、リクガメではインプレッサムあたりがそんなイメージですよね。
あっ、私のブログ友だちのオーラさんという方は、ブラジルのアマゾン川流域在住で、野生のアカアシガメ(たぶん亜成体?)を数匹(3~4匹?)飼育されています。 元は食用に知人からもらったものらしいですが、現地で野生個体を飼育している人と滅多に知り合いになれないので、記事でもっと書いて欲しいといつも思っています (;^_^A
2010-03-20 土 20:15:35 | URL | ダルウィン [編集]
Re: タイトルなし
ダルウィンさん
そうなんです!ブロンズプレコは水槽のコケ取り名人なんです!
魚にまでコメントいただきありがとうございます<(_ _)>
ペットの偏食は困りますよね。インプレッサとかセオレ、あるいはヤブガメ…そしてインドホシorz
オーラさん以前ダルウィンさんに紹介していただき時々拝見させていただいてます♪ただアカアシの話はまだ見たことがないです…(苦笑。こればっかりはブログ主さんの気が向くかどうか神様に祈るしかありませんが、現地のアカアシの情報是非欲しいです!
2010-03-21 日 00:45:22 | URL | いんたげ [編集]
あっ、以前もうご紹介していましたね (;^_^A
昨日、私の「ハイビスカス」というタイトルの記事に、オーラさんからトラックバックがあり、それがかつてのアカアシ記事のひとつだったので、急に思い出した次第です。
オーラさん自身が主婦で、料理用に頂いたアカアシを庭で飼っているだけなので、リクガメに対しての知識はあまり持っておられませんが、現地感覚で何を食べさせているかも興味ありますし、なにしろ野生でそこそこ大きくなった個体の逞しさを、画像を通じて見ることが出来るのがいいですよね。
ブラジルは南米の中では野生動物の保護・規制に熱心(と言っても、ピラルクーとかめちゃくちゃ食用にされて、市場に並んでいるようですが)なので、オーラさん曰く、野生のカメを勝手に自宅で飼育していることがおおっぴらになるとマズイので、ブログでは最近あまり書いていない、という趣旨のコメントをこの前書かれていました。 我々としては、頑張ってもっといろんな話を書いて頂きたいところですが...
2010-03-21 日 11:29:15 | URL | ダルウィン [編集]
Re: タイトルなし
ダルウィンさん
いえ、しばらくは見ていなかったのでもう一度思い出させていただいてありがたいなと思ってますw
そうですね。野性のアカアシがどんな風に生活をしているのか本当に聞いてみたいです。ブラジルの規制については聞いています。まだ商業的な輸出はあるようなのでオーストラリアのような厳しさはないかと思いますが、それでも野性に限っては熱心に保護をしているんですね。それ自体は良いことだと思うので、そういう事情があるのであればあまりブログで話題にできないのも仕方ないですよね。
それにしても野性のカメをこっそり飼っているといっても、感覚的には野良猫を保護してるくらいとそんなに変わらないのでしょうか?wやっぱりとても興味があります(^-^)
2010-03-21 日 16:08:26 | URL | いんたげ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。