■プロフィール

いんたげ

Author:いんたげ
FC2ブログへようこそ!

■最新コメント
■最新記事
■カテゴリ
■カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■全記事表示リンク
■月別アーカイブ
■ブロとも一覧

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ジルのグラビティ
CIMG2026_convert_20091202235508.jpg

餌を食べた後のあくまでも参考値だけれども体重を測ったら380gを超えていたジル。
ついこの間の月例測定では361gだったので20gくらいは排泄物で上下するようになったのかもしれないし、あるいは先々月のように急激に体重を増やしている途中なのかもしれない。

甲長は13cmに満たない。ギリシャやヘルマンなどの小型とされるリクガメでもメスであれば1kgくらいは超えるし、それをはるかに上回る大きさのカメを飼っているカメ友さんもたくさんいる。増えたといっても400gにも満たないジルなどはまだまだ十分チビガメと言える。

けれども個人的な感想で言えば、漆黒で重厚な甲羅を背負ってゆっくりと室内を歩く姿はすでになかなかの存在感を放っている。ペットの存在感に拘ってリクガメの大きさを個人的に飼育可能だと思われるギリギリまで追求した立場からすると、まだチビなのに想像以上の存在感にちょっと戸惑いを覚えたりもする。もちろんそう感じるのは今までこの大きさのカメを飼ったことがないからということが大きいだろう。1cm大きくなれば1cm分だけ新たな体験をしている状況。いくら動物園やペットショップで眺めてみても実際に自分の手元にあるのとではだいぶ印象が違うものだと感じさせられる。

つまり何が言いたいかっていうと、そうかー、でもジルはこの倍の大きさにはなるんだな……いや倍くらいじゃきかないんだったと…(汗。
30cm超えに向け覚悟を新たにする次第。
飼いやすい30cmそこそこで収まってほしいと思う半面、やっぱり40cm近くへ雄大に育った姿を見てみたかったり。飼い主の心中も複雑である。


ところでリクガメというと大きさもあるけど、やっぱりまん丸で甲高の甲羅も好き。なのでこれまでケヅメにはあまり関心がなかったのだけれど(もちろんケヅメも嫌いってわけではない。ただ好きの順位が低めだった)、イベントなどで30cm程度の個体を目にするようになってケヅメも悪くないなと思うようになった。そのくらいの大きさでシルエットが四角くて甲羅の茶が濃い個体は、変な話だけれど品が感じられてかわいい。無論ケヅメにとって30cmなんてのはほんの数年で通り過ぎる通過点に過ぎず、最終的には60cmクラスの怪獣になるのでとても飼えないが、30cm前後で成長が止まるミニチュアケヅメとかそのうち誰か作出してくれないだろうか。…なんて書くと怒られるか。


以上、夜更かししてまで書くような話かって他愛のない記事でした。
いや夜更かししてるからこそ取り留めもない記事なんだな。
もう寝る!

アカアシガメ | 02:54:28 | トラックバック(0) | コメント(16)
コメント
ケヅメやヒョウモンなどの世界に踏み込むのは、色々考えると私もチョット後込みしますね(笑)
しかし、いんたげさん家のジルちゃんは40近くですよね?と言うことは90水槽の半分位の大きさ?
ウチでは、まずお世話が無理ぽいですね(汗)
憧れますけど…(笑)
インドホシの飼育(4~5匹)までが限界かもですね!?(笑)
2009-12-03 木 10:21:47 | URL | kojiro [編集]
>飼いやすい30cmそこそこで収まってほしいと思う半面、やっぱり40cm近くへ雄大に育った姿を見てみたかったり。
いんたげさんの心境、すごいわかります~
もし自分も、大きさを追求して飼育できるギリギリのサイズの種を飼ってたら同じことを考えてると思います(笑)

好みの種は誰にでもありますからね。
自分も甲高なフォルムが好きなので、ビルマホシとかはすごく好きな種です。
なのでその反面、ホルスはあまり好かなかったり、、甲羅の高さも個体差が結構あるので一概にはいえませんが。

是非ジルちゃんには、遠慮なく40cmオーバーを目指してもらいましょう!^^笑
2009-12-03 木 12:29:45 | URL | ttm [編集]
Re: タイトルなし
kojiroさん
いやいやまさにカメ飼育歴の長い熟練者のkojiroさんにこそ大型に挑戦してほしいですw
アカアシは個体群によっては平均甲長40cmになるような巨大なものもいるみたいですが、ジルはおそらくそこまでは行かないと思います。当初聞いていた話では飼育下では30cmいかないくらいということだったのですが、その後いろいろネットを見て回っている間にとりあえず30cm超えは普通にあるなと(汗。
おそらくですがジルはメスっぽいですし、10歳くらいで30cm前後、そこから先はゆっくりとしか成長しないのではないでしょうか。
インドホシも25cmを飼っていらっしゃるのですから30cmなんてすぐそこですよw
2009-12-03 木 16:42:14 | URL | いんたげ [編集]
Re: タイトルなし
ttmさん
わかっていただけますか~。実際の飼育のことを考えると30cmに満たないくらいで止まってくれた方がいろいろと助かるのですが、せっかくだし大きく育ってほしいと思う部分もあるわけでして。
そうですね~。好みは人それぞれですからねー。ケヅメも私はあまり関心がありませんでしたが、かなりの人気種なのは間違いないですし。ttmさんはビルホシ好きですか。私もビルホシは好きですよ~。まだリクガメを増やすとしたらかなりの確率でビルホシを選びそうです。ホルスも大きく成長した個体は鏡餅みたいで面白いんですけどねw
ジルは40cmまでは行かないと思いますw現実的には35cmのラインを越えることがあるかどうかといったところでしょうね。20年くらい生きてれば40cm近くまでいくかもしれませんが。
2009-12-03 木 16:47:09 | URL | いんたげ [編集]
ジルちゃん、好調のようですね。
たしかに、私もななちゃんにはドンドン大きくなってほしいなとも思いますが、今のサイズでずーっといてくれたらなとも思います。
ケヅメに限らず大きい亀が闊歩している様を見ていると、いいななんて思いますが、我が家でというとそれはまた違うかななんて思いますね。
憧れではありますが^_^;
2009-12-03 木 21:47:48 | URL | ななちゃん [編集]
是非ジルちゃんには、ガツンと大きくなってもらいていですね~♪
まだ我が家のシバよりも小さいけど、この調子でいくと来年は追い越されそうですね(笑)
漆黒のリクガメは、個人的に大好きです^^ 確かに、こんもり丸い甲羅がリクガメの魅力ですよね~♪ ジルちゃんも、我が家くらいのサイズになるとかなり存在感増すんだろうな~(憧れ) 
ミニチュアケヅメ。。。日本の住環境には最適かも(笑)
2009-12-03 木 23:24:20 | URL | riku-nati [編集]
ジルちゃん、すでにこの大きさで存在感を醸し出しまくっているのですね~♪
いいことです~でもほんと今もかわいいですがもっと成長したジルちゃんを見てみたい
ですよね~ジルちゃんを飼育し始めた時、いんたげさんは「大きくなってどうしようもなくなったら
ショップさんが引き取ってくれるといったから、、」といわれてましたが絶対帰してしまう事は
ありえないでしょうね~♪うちの姐さんでもまだ成長線がでていますのでジルちゃんやぽっぽちゃんはまだまだいきますね~♪
2009-12-04 金 12:30:07 | URL | kajikaji [編集]
Re: タイトルなし
ななちゃんさん
ジルはまた体重を増やし始めたようです。
そうですねー、ずっとそのサイズでというのもよくわかります。丈夫ならピンポンサイズから大きくならないのを10匹くらい一度に飼育してみたいなんて妄想してみたりもしますw
実際に飼うのと外で見るのでは全然違いますからねー。それこそ毎日の世話の話にもなりますし。ジルは私が飼える範囲で収まってくれるかちょっとドキドキしてます。でもやっぱり大きいカメもイイ!
2009-12-04 金 12:50:22 | URL | いんたげ [編集]
Re: タイトルなし
riku-natiさん
ガツンとですかーw飼い主的にはほどほどのガツンでやっぱり…(苦笑。
ジルは今急成長中ですからね、ケヅメなどに比べれば成長は遅いですが、それでも25cmを超えるまではペースを落とすことはないんじゃないかと思います。
漆黒といえばriku-natiさんのところのナチちゃんなどもそうですね。非常に重厚感があります。というかジルの場合文字通り甲羅が重厚ですがw
30cmくらいのミニチュアケヅメ良さそうでしょ?wべっ甲みたいな甲羅が良いですねー。
2009-12-04 金 12:53:35 | URL | いんたげ [編集]
Re: タイトルなし
kajikajiさん
ジルはぽっぽと違い悠然と歩くので黒い重厚な甲羅の見た目と相まって存在感が体よりは大きく感じます。反対にぽっぽは赤い彗星と呼びたくなるくらい通常ザク(ジル)の3倍以上のスピードでだーっと室内を駆け抜けていきますw
成長するともっともっとトロピカルな雰囲気を醸し出してくれるんじゃないかなーと期待しています。正直いまだに40cmとかになっちゃったらどうしようという気持ちはありますが、少なくとも15年くらいはかかるでしょうからその頃にはブリーダーさんに返すのも現実的ではなくなっているでしょうね。
姐さんも目指せ30cmですね♪
2009-12-04 金 12:57:23 | URL | いんたげ [編集]
ジルちゃんの甲羅、漆黒という色そのものですね。ヒョウモンや地中海系の甲羅とは違った重厚な質感に魅力を感じます。私は何よりお顔が好きなのですけどね!このジルちゃんが30~40cm級に成長した姿はウットリでしょうね。。。私は最初にヒョウモンを飼ってしまったせいか大きさの感覚はずれているかも知れませんが、30cmのリクガメって思ったよりもコンパクトです!マルコがそのくらいで丁度いい感じなのですが、サンドラ(35cmくらい)になるとデカッ、となります(笑) きっとジルちゃんだって。。( ´艸`) 早くいんたげさんにも巨ガメライフを味わって貰いたいなぁ ♪ ケヅメライフはまずはお試しで2~3日から体験したい未知の世界ですね。
2009-12-04 金 15:34:46 | URL | u-ko [編集]
Re: タイトルなし
u-koさん
そうですね。普通リクガメというのをイメージしたときにアカアシやキアシは少し毛色が違う印象を持ちますよね。ジルの大きな目はじっくり見てると吸い込まれそうになりますね。30cmはコンパクトですか?wいや、u-koさんの言うことを信じましょう。そしてジルがその辺で収まってくれることを…。
30cmと35cm、わずか5cm違いですがリクガメの場合かなりボリュームが変わってくるんですよね。1cmくらいでも結構はっきり違うなと思ったりしますもんね。
巨ガメライフ、不安と期待でわくわくしますね。アカアシはそれほどは成長は早くないので巨ガメと呼ばれるサイズになるまではまだまだ結構かかると思いますが。
ああ、2、3日人のケヅメを預かるとかそういうのはいいかもしれませんw
2009-12-04 金 18:01:42 | URL | いんたげ [編集]
ジルちゃん、まさに成長盛りですね♪
私の場合、リクガメの大型種と言えば、まず国内にもいるムツアシで、今でも甲長40cm越えクラスで1万円くらいですので買おうと思ったことが何度もあるのですが、やはり室内で飼育出来ないと思い断念してきました。 今回急遽ビッグパパを迎え、それに併せて飼育環境を急いで準備しているという本末転倒な状況ですが、いざとなるとなんとかなるものだな、とは感じています (;^_^A   u-koさんがおっしゃっているように、25~30cmくらいまでは巨大とは感じませんし、頑丈な水槽なら屋内飼育も出来ると思いますが、30~40cmクラスになってくるともう水槽はほぼ無理で、別の対策が必要になると思います。 うちのティニも現在21~22cmあたりなので、もう数年したら水槽飼育に無理が出てくると思われます (゚ー゚;A
一方、大きくならない小型リクガメでも、ヤブガメやヒラセガメなどは極端に高価で飼育も難しそうですが、一度は飼ってみたいですよね♪  
2009-12-10 木 21:08:12 | URL | ダルウィン [編集]
Re: タイトルなし
ダルウィンさん
ムツアシいいですよねー。超格好いいっす♪私もサンシャインの水族館で成体を見ましたが、その大きさにたまげました。もうこれは無理、飼えない…と思いました。
でもムツアシってリクガメの中でも特に寒さに強くて、ダルウィンさんのところには広い庭もありますから実は余裕で飼えると思いますw(ビッグパパ以上に脱走用の対策は必要になるかとは思いますが)
なるほどやっぱり30cmオーバーからどうするかという感じですか。うちのジルは30cmまでは行くと思うんですよねー。33cmくらいまではかなりの確率で行くんじゃないかと。その先は相当長く生きないとないんじゃないかとは思っていますが。
ヤブガメはそちらでも高いのですか?こっちだと当然のごとくミリオン級ですねwヤブガメやヒラセ、安いですがホームセオレあたりの長期飼育記録は挑戦し甲斐があると思います。
2009-12-10 木 22:01:57 | URL | いんたげ [編集]
ムツアシは甲高は低いですが、あのダークな色合いが重戦車っぽくて、とってもカッコイイですよね♪ こちらではスマトラムツアシの方しか手に入りませんが、あれだけ大きなカメが30センチ越えで1万円以下で売られていますので、比較的売れ行きがよいのも頷けます。 庭での飼育に目処がついたら、嫁さんの機嫌の良い時にいつかゲットしたいと思っています (*^-^)
今まで当地のショップで甲長30cm越えのリクガメをたくさん見てきましたが、30cm越えるあたりから急に、甲長だけでなく体積の大きさが気になるようになりますし、ビッグパパのようにパワフルになると、下手したら屋内ケージでは破壊される恐れがあります。 よく大型個体飼育で言われるように、「野外飼育が出来ない場合、一部屋リクガメのために明け渡す必要がある」というのはやはり事実ですね。
こちらにはヤブガメやヒラセなどは全然入荷してきません。 おそらくそういう珍しい個体はほとんど日本に行っているのだと思います。 なにしろこちらで売るより遙かに高い値段で日本では売れますからね σ(^_^;)  
ホームセオレも一度飼育してみたいです。 2ヶ月ほど前にニシベルセオレが1匹安価で出ていたのですが、その時は見送りました。 ビルマホシも最近ちらほら出てきましたが、日本と同じくらいの価格ですので、一般庶民にはまだ高値の花です。
2009-12-11 金 13:24:43 | URL | ダルウィン [編集]
Re: タイトルなし
ダルウィンさん
そうですね。ムツアシはまさに戦車って感じでごつくて格好いいですよね。やっぱりそちらは日本のように保温を考えなくてもいいので気軽に巨ガメを飼えるんでしょうねえ。ベランダに出しっぱなしでも大丈夫ならうちでも飼えるんですが…。ダルウィンさんが飼育されるのを楽しみにしておりますw
そうなんですよね。やっぱり横幅や甲高といったボリュームがだいぶ違ってきちゃんですよね。ジルも30cmちょいくらいまではあまり心配しなくてもいいとは思うんですが…。
なるほど、確かに日本人の好事家は出しますからねえ~。すぐ死んでしまう確率もやたら高いはずなのにそれでもあきらめずに飼うんですから熱意が半端じゃないですね。
ビルホシも間違いなく良いでしょうねえー。やっぱり寒さにわりと強いらしいですし、良く動きますから見ていて楽しいですよね。少し安くなるといいですね。
2009-12-11 金 17:53:14 | URL | いんたげ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。