■プロフィール

いんたげ

Author:いんたげ
FC2ブログへようこそ!

■最新コメント
■最新記事
■カテゴリ
■カレンダー

03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

■全記事表示リンク
■月別アーカイブ
■ブロとも一覧

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
レッドグラミー
CIMG4033_convert.jpg

レッドグラミーに婚姻色が出てきた。
赤い体色に黒がにじみ出るようなその色彩は少しくすんだようにも見えて綺麗だとは思わない人もいるようだ。


CIMG4038_convert.jpg

こちらも婚姻色全開。
赤に溶け込む黒、そしてヒレを広げて自らを誇示する姿はスタンダールが描いたジュリアンのように野心的でエネルギーに満ち溢れている(結構気も荒いし)。


CIMG4041_convert.jpg

こちらはおそらくメス。オスとメスの見分け方は婚姻色の他には背びれ後部の長さにあるとのこと。婚姻色がない方が一見ビビッドだけれど少し単調でオスのような深みと力強さは感じられない。

特に産卵繁殖は考えていないのだけれど雌雄が揃っていればもしかすると稚魚を見ることができるかもしれない。泡巣を作るグラミーの産卵は独特なものなので一度くらいは見る価値がありそうだけれどどうなるだろうか。


CIMG4047_convert.jpg

これはちょっと見づらいけれど熱帯魚屋を冷やかしに行ったつもりがあっさり持ち帰ってきてしまったトランスルーセントグラスキャットフィッシュ。もう名前がそのまんまだけれど要するにスケルトンなナマズ。これナマズなんですよ、一応。

これから徐々に暖かくなっていくとこういうのが涼しげで良いかもと思ってついつい持ち帰り。いかにも熱帯魚初心者的なチョイスかもしれない、とは思う。しかしまだまだ駆け出しのひよっこな私だからああそうですよ、初心者なんですよとナンボでも開き直ってやるさ。

それはともかくなんでこんなに透けてるのか全くもって興味深い。そういえばカエルなんかでもこんな風に透けてる奴がいたっけか。カメは進化の過程で徹底的な防御の道を選んだけれど、こういうのは攻撃とか防御といったベクトル自体を放棄し自己を骨までさらけ出すことでサバイバルする道を掴んだ。生物多様性ここにありといわんばかりの不思議な生き物、血にも筋肉にも色がついてないんだろうね。皮膚なんてどんな感じなんだろうか不思議すぎてちょっと手で触ってみたくなる(いやもちろん触らないけどね)。



小型水槽 | 00:55:58 | トラックバック(0) | コメント(8)
前のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。