FC2ブログ
 
■プロフィール

いんたげ

Author:いんたげ
FC2ブログへようこそ!

■最新コメント
■最新記事
■カテゴリ
■カレンダー

06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

■全記事表示リンク
■月別アーカイブ
■ブロとも一覧

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

燃ゆる夏
CIMG3594_convert.jpg

毎年春が終わるくらいになると生き生きとしてくる睡蓮鉢。
この時期ともなれば全開状態。
生命が沸きたっています。


CIMG3595_convert.jpg

アナカリス(オオカナダモ)の花が咲き、ラムズホーン(巻貝)は大きく成長し、写真にうまく撮るのはなかなか難しいのですが無数のミナミヌマエビが睡蓮鉢の縁を滑るように泳いでいきます。

水面ではヒメスイレンとアサザの葉が顔を出し、水中はアナカリスとマツモで埋め尽くされていきます。多少間引いてはいるのですが多少程度ではとても追いつくものではありません。気がつくとこのようにヒメスイレンやアサザを押しのけあふれ返ります。そしてさらに水上にはトクサが勢いよく伸び天然のすだれを形成します。


CIMG3600_convert.jpg

増えすぎたアナカリスとマツモの間で窮屈そうに泳ぐのはアカヒレです。

このアカヒレも我が家に来てすでに3年を超えますからそろそろ寿命を考える時期かもしれません。新しく追加をしようかなどということもぼんやりと脳裏をよぎります。
ただこの一般的なタイプのアカヒレは体色が銀色なのでこの睡蓮鉢の中ではあまり目立たないという欠点があります。追加するなら白メダカの方がいいのかなと思ったり。

いずれにせよ睡蓮鉢というと、夏の間の涼を感じるとるものとして古くから親しまれているわけですが、この睡蓮鉢の場合命がにぎやかに主張しあい少々暑苦しいのが特徴だったりしますヽ(´Д`;)ノ



スポンサーサイト



睡蓮鉢 | 00:28:12 | トラックバック(0) | コメント(24)