■プロフィール

いんたげ

Author:いんたげ
FC2ブログへようこそ!

■最新コメント
■最新記事
■カテゴリ
■カレンダー

08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

■全記事表示リンク
■月別アーカイブ
■ブロとも一覧

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
カメ心と秋の空
CIMG2855_convert.jpg

ずいぶんと大きくなったとはいえ、カメの顔をアップで撮るのはなかなか難しい。
これは接写が苦手なデジカメに腕もいまいちということが重なるとこうなるという例w


CIMG2870_convert.jpg

例によって夕方に甲羅と餌に霧吹きをして食べ残しに挑ませる。放っておくとこのまま食べないことも多いので、無理やり餌皿の前に連れてくる。もともとジルは爆食派じゃないし野草がメインだったりすると朝一ではそんなに食べなかったりするので、こうしてできるだけ食べさせることを心がけている。
写真のジルの表情はどことなく生々しいのだけれどカメっぽくて良いと思う。特に後ろ頭と舌が見えてるところが。


CIMG2859_convert.jpg

餌を少し食べて歩きだしたと思ったら途中で立ち止まって垂れ下がってるサボテンを食べ始める。普段手からあげないとあまり食べないのに勝手に食べ始めたから驚いた。


CIMG2860_convert.jpg

そのままもぐもぐと子株を全部食べてしまった。いつもならコンロで軽く炙って棘を処理をしてから与えてるのに、目の前で棘なんて知らんわと言わんばかりにぺろりと平らげられた。棘、痛くないの?と人間様の視点では思うけれどもリクガメにとっては普通のことなんだろう。恐るべし野性。飼い主は小さいのが指に刺さっただけでもイラっとするのにw
しかしなぜかこの後ジルはサボテン大好きに変身する(これは先週の話)。それまでは手からあげると消極的だが食べるという感じだったのに、今では自分から食いつくようになった。何がきっかけで食べたり食べなくなったりするのか本当にわからないのがリクガメの難しいところ。この調子でコダカラソウも食べてくれるかなと思ったけれどもそんなに甘くなかった。こちらは引き続きお気に召さないらしい。


サボテンと言えば

CIMG2829_convert.jpg

大きくして早く餌にしてみたいケイティママさんにいただいたウチワサボテン(マヤ)。こちらは棘はないけれど前出のサボテンより厚みがあるのでその分成長もスローな様子。でもこの夏の猛暑も手伝ってなんとかここまで来た。


CIMG2853_convert.jpg

ちょっと気が早いかなと思いつつ株分けして挿し木に(もうちょっと大きな鉢を使っておけばよかった(汗)。とりあえずここからそれぞれ3つくらい子株をつけてくれれば十分にジルの餌にできるだろう。うまく行くだろうか?挿し木とか高度なことはしたことがないのでやや不安w
あ、これは食用なのでサボテンステーキにして一つ食べてみるのも悪くないかも。


CIMG2871_convert.jpg

ここのところ雨が続いたりして夜は室内に取り込んだりもするけれど、前述したようにこれは先週の話なのでまだまだ屋外飼育になんの心配もない時。ベランダ飼育中は必ずしもシェルターの中で寝ているわけでもなくて、結構ぞんざいな感じでシェルターの外で寝ていることも多い。この写真では最低限首は中に入れているけれど、だらんと垂らしてだらしなく寝ている姿も良く見たりする。恐るべし野性とは書いたもののそんな寝姿を見るとどのくらい野性が残っているのか疑わしくなってくる。ペットだから別になくても良いけど。野性採取個体(WC)だと野性味が逆に強すぎて飼育に馴染まないということもあるだろうし。


CIMG2873_convert.jpg

全然脈絡がないのだが最後はジルのキメポーズ。


スポンサーサイト
アカアシガメ | 20:17:47 | トラックバック(0) | コメント(18)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。