■プロフィール

いんたげ

Author:いんたげ
FC2ブログへようこそ!

■最新コメント
■最新記事
■カテゴリ
■カレンダー

06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

■全記事表示リンク
■月別アーカイブ
■ブロとも一覧

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
作戦勝ち?
梅雨がやっと明けたそうで、これから夏本番ですね!
すでにベランダで過ごしているジルのことを考えると梅雨の時期の方が湿度が圧倒的に高く、異常に暑くなりすぎることもないので過ごしやすいのではないかと思わないでもないですが、人間にとっては嬉しい知らせですね(^-^)


そんなジルですがケージ飼育においては水入れに浸かりっぱなしなのに対して、ベランダ飼育に切り替えるとあまり水入れに浸かろうとはしません。まあ梅雨時期などは気温が低い時間帯などもありますから浸からないのもわからなくもないですし、湿度も明らかに高いので特に問題はないと思います。
しかし梅雨が明けて夏場になってくると強い日差しを受けてベランダはかなり高温になりますから、できれば水入れを利用してほしい。その方が飼い主も安心だしなんとなくアカアシっぽいw

というわけで水入れの設置場所をちょっと考えることに。そういえばプランターからこぼれおちて松葉菊のカーテンになっている場所にたまに隠れてることがあるなと思いそこへ水入れを設置。



CIMG2638_convert.jpg

ハイ、いきなりキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

プレー開始5分いきなり鮮やかな先制シュートがゴールポストに突き刺さったような歓喜に包まれます(一人で勝手にw)
※やらせではありませんw

ベランダ飼育に切り替えた折には水入れはいつも4個くらい用意してカメの通りそうな所などに設置し、1つや2つひっくり返されたり排泄物で汚されてもいつでもフレッシュな水にアクセスできるように心がけているのですが、もう一つ必要だったピースがこの体を隠しやすい(隠れてるつもりのw)場所だったというわけです。
これで今年のベランダ飼育真夏編は上々のスタートを切ることができたかもしれません。


CIMG2640_convert.jpg

この日は満足そうにずっとここにいたので正面から顔を撮ってみました。
ま、満足そうだって言っても表情は別にいつもと変わりませんけどね…(苦笑


CIMG2641_convert.jpg

これは昨日の朝の給餌状況ですが、草食性リクガメ用のリクガメフードにきゅうり、オクラ、それとしめじをちょこっとといった感じです。前回の記事でも給餌内容については軽く触れてみましたが、ジルは決して大食漢ではありません。これは若干食べ進んだ後ではありますが、おおよそこの程度の量でもたいてい食べきらずに残します。3日に1度くらいはほぼ完食しますがその程度です。ただしアカアシには毎日給餌する必要はないとする飼育書もあり(2日に1度どころか3日に1度くらいの頻度でも良いそうです)、そういう観点から見るとうちでは毎日給餌を行っているので、あまりガツガツと食べなくて正解なのかもと思っています。特に野草などは好物としてのプライオリティは決して高くありませんから気が向かない時は残すけれども、腹が減った時には残らず食べてくれるという感じで餌のバランスも取れているのではないかと考えています。


CIMG2643_convert.jpg

温浴後サツマイモジャンゴーの下でさらに餌を食べ続けるジル。
サツマイモジャンゴーが良い感じで大きくなってきましたので、直射日光による餌の乾燥を避けるために下に餌皿を置くようにしました。


CIMG2644_convert.jpg

上から見るとこんな感じでしっかりと日陰になっているのがわかります。
ともかく夏場に向けてどれくらい多くの日陰を用意してやれるかも一つのテーマになるかもしれません。大きなシェルターがあるので最悪一つは容易に確保できますが、なるべくなら多く確保してあげることに越したことはありません。アカアシは背丈の高い草が生えているサバンナ(サバンナと言っても南米のサバンナは我々がサバンナと聞いてアフリカをイメージするものとは若干違うようです。特にサバンナ自体にもいろんな区分があるようですね)に主に生息していて、やはり多湿系と言われるリクガメだけあって日光はあまり好みません。
我々リクガメ飼育者は紫外線要求量に対し過敏になりがちですが、この手の森林~サバンナに生息するリクガメは我々が考えているよりずっと少ない紫外線量でも健康に生きていけるのではないかと思います(だいたいアカアシなんて一日の大半は倒木の下や他の動物が掘った穴の中でじっとして暮らしているようですし)。


CIMG2642_convert.jpg

そしてこれは私に寄ってくるジルです♪
最近ジルが通りかかった時に窓際でじっとしていると寄ってくることがあるようになりました(^-^)
これ、実はこんな状態で時々レプトミンをおやつに与えていたら、ん???この様子はレプトミン!?とか勝手にジルが学習しただけのことなのですが、これを端緒として飼い主をちゃんと識別してついて歩いて回るようになるまでもう少しかもしれませんね?w
期待してますよジル♪



アカアシガメ | 07:33:54 | トラックバック(0) | コメント(20)
前のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。