■プロフィール

いんたげ

Author:いんたげ
FC2ブログへようこそ!

■最新コメント
■最新記事
■カテゴリ
■カレンダー

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

■全記事表示リンク
■月別アーカイブ
■ブロとも一覧

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
イラーナ・ヤハフ
こんな素敵なアートがあることを迂闊にも今日まで知らなんだ。



イラーナ・ヤハフの描き出す世界はオリジナリティに満ちている。
まずは砂と手のみを用い優しく美しい絵を描き出していく。砂のみで描かれた絵は数多ある他の手法とはまた一味違った独特の質感を持ち、その絵はイラストのようであり時に写実的だったりマンガのようでもあったりする。しかし絵が完成したと思った瞬間、それはそこに留まることなく次々と新しいものに形を変えていってしまう。見る者は消えてゆく絵を惜しみながら、しかし次に何が起こるのかを期待せずにはいられない。そして砂で絵を描き続けるヤハフの持つ技術の高さに圧倒されながら作品に思わず魅入ってしまう。ただ静止画ではないからといってこれを単純にアニメーションと呼ぶのもややためらわれる。というのも次々と書き換えられていく絵の製作過程そのものが緻密に計算された構成の一部に他ならず、時にはヤハフの手そのものが作品の一部と化したりもする(作品の中で女性の涙となっている砂をはらうヤハフの手は作品のフレンドの手そのものでもある)。それは音楽のライブ映像のようなものであるというのが一番近いだろうか。
多くの人が幼い頃に一度や二度、砂場や海岸で絵を書いた経験を持つだろう。しかしあの砂遊びの向こうにこんな世界が広がっているなんてどれくらいの人が考えたことがあるだろうか?ヤハフに脱帽するのみである。


ヤハフの他の作品についてはこちら
http://www.sandfantasy.com/videoclips.htm



スポンサーサイト
その他 | 00:35:26 | トラックバック(0) | コメント(6)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。