■プロフィール

Author:いんたげ
FC2ブログへようこそ!

■最新コメント
■最新記事
■カテゴリ
■カレンダー

10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

■全記事表示リンク
■月別アーカイブ
■ブロとも一覧

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
消耗品まとめ買い
近所のスーパーにて購入。

CIMG2002_convert_20091128094357.jpg

今年もやっとこれが売りに出されるようになりました(^-^)
アカアシは野生下においては果物を食べることが多いことで知られています。なのでたまには与えてあげたいなーなどと思うのですが、果物といっても人間用に売られているわけですからチビカメには量が多すぎるんですよね。悪くなる前に処理するのは結局飼い主ということにならざるを得ないので、このような少量のパック売りが出てくるまではなかなか手が出ないのが実情です。

ジルもぽっぽもイチゴは大好き。早速与えましたよと。

CIMG2003_convert_20091128094423.jpg

ジルは舌を出して久しぶりの果物をじっくりと味わっているのでしょうか?
(でもこの後は焦ってぱくつきすぎてフガフガ言ってましたw)


CIMG2007_convert_20091128094450.jpg

一番好きな食べ物は?と聞かれ言葉が話せたらきっとイチゴ!って元気よく答えるに違いないぽっぽ。インドホシガメにはやや高カロリーかもしれませんがたまには良いでしょう。文字通り目の色を変えてむしゃぶりつく姿を見ているとちょっと嬉しくなってしまいます。



そしてここからが今回の本題

CIMG2009_convert_20091128094517.jpg

前回のブログでも書きましたが、マーシャルがレプトミンを拒否るようになってちょっと違った餌を与えてみよう、そして少なくなった消耗品もこの際まとめて注文してしまおうということで届いたのがこれ。
一定以上の金額にならないと送料が無料にならないのでやや無理しての注文ですが。←ケチ


CIMG2013_convert_20091128094636.jpg

こちらがマーシャル用の餌。
ちょうど切らしていた乾燥エビとその姉妹品の定番の配合飼料にナマズ用の餌。
ナマズ用の餌は沈下性なので本来泥底を漁って餌をさがすニオイガメに適した特性を持っています。
でもって早速ナマズ用の餌を与えてみたのですが、あまり食べないようです(涙。
パネルヒーターも以前より大きなものに替えてみたのですが、思うように温度は上がりません。水温は21、2℃をキープしているのですがちょっと低いんですかね~。パネルヒーターだと水換えが楽なんでこれで頑張ってほしいところなのですが><


CIMG2014_convert_20091128094703.jpg

これは低層魚用の魚の餌です。ただし使用目的は睡蓮鉢のラムズホーンやスネールを大きくするため。スネールやラムズって爆殖する水槽の厄介者というイメージが強いですが、実際はそんなに簡単には大きくならないんですよね。小さいのはたくさん生まれますが、たいていの場合栄養不足で大きくなる前に死んでしまいます。マーシャルにたくさん貝を食べさせるため餌のための餌というわけです。


そしてここからはリクガメ用品

CIMG2010_convert_20091128094542.jpg

まずはミネラルズブロックにカトルボーン。
このSサイズのミネラルズブロックなんですが、ジルはこの塊一つをたった1日で食いつくしてしまったりします(汗。ストックがいくらあっても足りません。これはたまらんということでとりあえずサイズの大きなカトルボーンを使ってみることに。これもあっという間に喰らいつくすようであれば次はサザエの殻でも探してくるか…。それにしてもそんなにミネラルズブロック食べちゃって病気にならないのか?(滝汗。


CIMG2019_convert_20091128094830.jpg

早速興味をもったらしいジル氏。
今回は2、3回噛んだだけで興味を失ったようですが、しばらく様子を見ないとわかりません。なんせミネラルズブロックをあっという間に食らいつくすような猛者ですから。


CIMG2011_convert_20091128094609.jpg

ラストは詰め替え用消臭剤にリクガメフード、そしてイミテーションの葉っぱシェルター。

植木鉢シェルターを一つ撤去してしまったので、この葉っぱシェルターがあればぽっぽも落ち着けるんじゃないかと試してみることに。

CIMG2021_convert_20091128094857.jpg

設置したそばから齧るジル氏(汗。
ええ、まあわかってたんですけどね。齧って食べられないものだと学習してくれれば良いんですけどね。やわでバリバリ引きちぎられるようならこれも即撤去ですね。


CIMG2022_convert_20091128102109.jpg

しばらくしてのぞいてみたところ良い感じに収まっているようです。


そしてもう一つ重要なのが上の写真中央のリクガメフード。
実は姉妹品でもう一つのアカアシなど雑食性の強いリクガメ用のフードが残り少なくなってきていたのでそれを補充するつもりだったのですが、残念なことにちょうど売り切れでした。

そしてこちらの完全草食性リクガメ用のフードも以前から気になっていたので、ならこちらでということで注文。主成分はアルファルファ、ティモシー、カラスムギで、防腐剤や合成着色料も一切使われていないということです。そして代表的なリクガメフードと比較しても繊維質が非常に多く、タンパク質も半分以下、カルシウムとリンの割合も2:1と良い数字になっています。冬場はなかなか野草が採れないのがつらいところですが、この草食リクガメ用フードは栄養面、繊維質の豊富さからも野菜を与えるより良いのではないかと前から考えていたのです。

詳しくはこちら
http://store.shopping.yahoo.co.jp/chanet/45455.html

もともとうちのカメズは小松菜や青梗菜はあまり好まず、他の野菜に比べどうしても後回しになるし、ストックを食べきれずにダメにしてしまうことも多いので、このフードが使えれば無駄も減るしバランス良く栄養もとれるしで一石二鳥です。

というわけでこちらも早速与えてみました。

CIMG2015_convert_20091128094733.jpg

雑食性用のものと比べると甘い匂いが全くしないのでどうかなと思ったのですが、とりあえずぽっぽは食べていました。気分屋なのでもう少し様子を見ないと間違いなく食べるとは断言できませんが、少なくとも今回は結構食べました。


CIMG2016_convert_20091128094803.jpg

完全?雑食性リクガメであるジルにはぽっぽ以上に好まれないかもと思っていたのですが、驚いたことに非常によく食べてくれました。先ほどのカトルボーンの写真を見ていただければ、2匹でフードをきれいさっぱり食べてしまっているのが確認できるかと思います(そしてやはり残る小松菜…)。
ただしこのフード、写真の通り見た目にちょっと難があるのと、餌皿の上に乗って食べられると体中に張りついて水入れやケージを汚すのが玉に瑕です(苦笑。

これまでリクガメフードというとどうしても高カロリーな点や着色料、防腐剤などに対する懸念から敬遠する飼い主さんも多かったと思います。しかしこれは完全草食性のリクガメ用に調整されていて、これだけを毎日与えても大丈夫とのことですし、発売元の言うことを信じれば着色料や防腐剤などの添加物も一切使われていません。犬に対するドッグフードのように恒常的に使用するに値するリクガメフードがいよいよ出てきたのかなという気がしないでもありません。野草が採れないこれからの季節においては積極的に利用できればと考えています。

とはいえ、もちろんこれも素人の一つの意見に過ぎません。考えが至っていないだけでこういった懸念がある等、ご指摘があればぜひご教示いただけると幸いです。


スポンサーサイト
リクガメ | 18:33:44 | トラックバック(0) | コメント(22)
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。