■プロフィール

Author:いんたげ
FC2ブログへようこそ!

■最新コメント
■最新記事
■カテゴリ
■カレンダー

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

■全記事表示リンク
■月別アーカイブ
■ブロとも一覧

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
悪いかもと思った時は…
昨日あまりにも天候が悪かったのでキャンセルした診察ですが、多少餌も食べるようになったとはいえやっぱり気になるし健康診断も兼ねてということであらためて行ってきました。

結果的に3日ほど餌を食べなかったのは気のせいでも何でもなくて、間違いなく病気でしたorz
診察を受けると「調子を落としてるかも?」ではなくて確実にわかってしまうわけですねこれが。


CIMG1921_convert_20091027224343.jpg

これはぽっぽのレントゲン写真です。
上の写真、青く囲まれた部分にガスが溜まっています。
左下の写真、赤く囲まれた部分は若干ではありますが肺炎の炎症の跡があるそうです。

ただやっとではありますが現在はぽっぽも餌を食べるようになりましたし、診察台の上でもアホの子のように暴れ倒す元気もあるので、先生も薬の処方だけで万が一また餌を食べなくなるようであれば連れてきてくださいとのことで済みました。

先生ともよく話をしたのですが、ケージの温度の低い部分に移動したのは既に体調が悪かった可能性が高く、そうなった原因と考えられるのはこの時期に日光浴に出したことだろうということでした。

私も最近は日光浴に出す場合は十分気をつけていたつもりです。ぽっぽを日光浴にベランダに出す場合は30分程度に止め回収していたのですが、それでもコンクリのベランダで日陰などに入ってしまうと思わぬ低温になりインドホシのぽっぽでは耐えきれなかったのかもしれません。
とにかく先生に言われたのはこの時期はもう日光浴はやめた方がいいということでした(ただし保温球などの保温設備があればおk)。

インドホシを地中海系や大型種のリクガメように寒さに慣れさせることはおそらく不可能でしょうからこれは仕方ないのかもしれませんね。とはいえここまで弱いとは正直…(おそらくその時の温度も20℃は割ってなかったと思うのですが…、ケージから急に冷たいところに行ったのがいけなかったのかもしれません)。

まあでも30分程度で回収していたことが事態を決定的に悪い方向へ向かわせることなく済んだとも考えられるわけで、そう考えれば少しだけ救われた気持ちになります。
(あ、あとレントゲンを撮ったので結石ができてないことがわかり安心しました。どうも毎日尿酸を出すので大丈夫なのかと心配していましたが、それも全く問題ないそうです)


昨日アップできなかったぽっぽ今月の身体測定。

CIMG1920_convert_20091027224131.jpg


体重 284g (-14g)
甲長 11.8cm (±0cm)

野草が採れなくなりつつあり、野菜メインに切り替わりつつある中で元々餌食いが落ち気味だったところへ体調不良で3日間ほぼ何も食べず、と考えればこのくらいの体重減で収まったことにむしろ驚きすら感じます(甲長に対してやや体重が軽くないですか?とクリニックの先生に聞いてみたのだけれどもそんなことはないとおっしゃっていました)。


CIMG1923_convert_20091027224218.jpg

処方されたお薬(二週間分)。

昔、ムツゴロウさんがテレビの番組で、「一度亡くしてしまうと再び失うのが怖いからもう犬を飼わないという人がいますが、新しい犬を迎えることで、その犬を通して過去の犬の面影を見ることができるんです。だからぜひまた犬を飼ってください」というようなことを言っていました。

ぽっぽは過去に飼っていたシーズー犬からその名前をもらいました。もちろんインドホシガメのぽっぽにシーズー犬のぽっぽの面影を見ることはありませんし、そのつもりもありません。でもこんなふうに自分の名字とぽっぽと書かれた袋を見ると以前にも感じたことがある違和感が同じように蘇ります。シーズーのぽっぽも晩年は獣医さんに診てもらうことが多くこんな袋をよくもらっていました。こんな時は思いもかけずインドホシのぽっぽからシーズーのぽっぽへと縁が繋がっていきます。


さて、今日の移動のストレスで明日からまた餌を食べなくなったりしなければいいのだけれど。
今の一番の心配事はそれですね。こんな時は普段は評判があまりよろしくないカラフルフードが最高に心強い味方だったりしますw

*ガスに関してご質問があったので先生から聞いたお話を書いておきますと、冷えたことが原因で腸の活動が低下すると中の内容物が消化しきれずに発酵してしまうそうです。この発酵の過程でガスが発生し体内に溜まるとのことだそうです。

スポンサーサイト
インドホシガメ | 00:28:30 | トラックバック(0) | コメント(20)
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。