■プロフィール

いんたげ

Author:いんたげ
FC2ブログへようこそ!

■最新コメント
■最新記事
■カテゴリ
■カレンダー

08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

■全記事表示リンク
■月別アーカイブ
■ブロとも一覧

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
疾風の如くゲッツ!
CIMG1844_convert_20090917203613.jpg

エクストラ・クリーパー4号
リクガメジャパンでぴえ~るさんが告知していたので速攻でゲット。
なんでもこの雑誌にはリクガメジャパン主要メンバーであるけんけんさんも登場している
とのことなので興味津津ワクテカでページをめくる。
(表紙はけんけんさんのご自宅とビルマホシガメですね)
「愛好家から学ぶリクガメ飼育術」という特集がそれで、けんけんさん夫妻もバッチリ
写真に収まってます(けんけんさんは微妙に表情がわからない角度でw)。

こういった雑誌に紹介されるくらいなのでもちろんけんけんさんの飼育環境
(設備というより環境の方が妥当かな?)も申し分なく素晴らしいです。
様々な植物(カメエサ?)に彩られたベランダを自由に行き来するリクガメを
眺める姿はもはやオ・サ・レの領域。
飼育されている種もヒラオ・クモノスがメインでとても上品ですが、
一般にも難しいとされるヒラオリクガメを孵化まで成功させている飼育技術にも
注目ですね。冬季には夏眠させているとのことですがこれはいわゆる乾季を
表現するというやつに発想としては近いのでしょうか。


他にもさまざまな飼育者が紹介されていて、ビバリウムでヤブガメ(超高価で
飼育が超高難度とされる種)やソリガメ(これも高価でやっぱり飼育もかなり
高難度とされる種)を飼育している人や、ブリーダーとして高名な
キボシ亀男さんの飼育環境なんかも紹介されていて見ていて飽きないです。

で、ビルマホシガメは人気ですねー(けんけんさんも飼ってらっしゃる)。
たまたま今回登場した飼育者さんに多かっただけかもしれませんが
いろいろ飼ってみたけれどやっぱりビルマという飼い主さんもいらっしゃって
なかなか興味深いというか…飼いたくなってしまいます(汗。
リクガメ飼育当初はヒョウモンと並び異常に欲しかったビルマホシガメですが
最近はすっかり興味の外だったんだけどなー、これはヤバイ…。

あと上述の飼い主さんがヤブガメやソリガメよりインドホシの方がおとなしいと
言っているようなのでちょっと驚いた。一般的には確かにおとなしいとされる
インドホシですが、うちのぽっぽは全然大人しくないしなあ…しかもヤブガメと
比べて?ヤブガメもまた動かないことで有名なカメだと思ったのだけれど。
ヤブガメがインドホシより活発。大枚をはたいて手に入れてもすぐ落ちてしまう
ことで有名なこのカメをそこまで元気に育てるとは。飼い主さんの飼育技術の
圧倒的な高さをうかがわせます。
(てか、そのインドホシよりさらにおとなしいうちのアカアシはなんなんだ!)

というわけで(なにがというわけだかわからんけどw)やっぱり個人的に
興味深かったのはアカアシやキアシをたくさん飼育している飼い主さんですね。
掲載されたキアシは特に良いです。キアシってネットや書籍で見るとなんか
ぼやっとしてて、埃だらけで写っているイメージが強いのですが、ここに紹介
されたキアシは甲羅もツルっとしていて元気がよさそうで非常に美しいです。

いや~エクストラクリーパー4号、面白かった(^-^)
こういう特集はまたぜひやって欲しいですね。

ただ特集の最後にリクガメ飼育初心者への手ほどきみたいなことが書いて
あるのだけれど、クリーパーを読むような読者にこんな記事必要なのだろうかw
それにいい加減ステレオタイプで説教臭ぷんぷんなのも閉口する。
気のきいたことが書けないんだったらリクガメは犬・猫と違いトイレをしつけられない、
なのでケージが必要になる。大きくなるカメには大きなケージ(小屋・部屋)が必要。
あと保温や設備にお金がかかるよ!って手短に書いておけばいいんじゃないかな。
(店でケヅメを衝動買いするようなやつが事前にクリーパーで基礎知識を
仕入れてるなんて自己矛盾だろそれ、と突っ込んでおく。)



おまけ。

CIMG1838_convert_20090917203515.jpg

相変わらず増え続けるのをやめない睡蓮鉢のアナカリスとマツモを間引いた。


CIMG1839_convert_20090917203541.jpg

同時に生体ストックとしておいてある発泡スチロールのアナカリスとマツモは廃棄。
睡蓮鉢から間引いたものと入れ替える(水草に卵がついてる可能性があるので)。
よく見てみるとミナミヌマエビもこの中で孵化成長している。


CIMG1837_convert_20090917203444.jpg

発泡スチロールで孵化していたアカヒレ。
まだ親アカヒレと比べると小さいけれどもこれ以上発泡スチロールの中に入れておくと、
アカヒレやミナミヌマエビの稚魚を食べる側に回る可能性があるので睡蓮鉢へ移動。
今後は親アカヒレのいじめに負けずに睡蓮鉢で元気に育ってくれよ~(o^-')b


スポンサーサイト
リクガメ | 07:14:39 | トラックバック(0) | コメント(19)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。