■プロフィール

いんたげ

Author:いんたげ
FC2ブログへようこそ!

■最新コメント
■最新記事
■カテゴリ
■カレンダー

07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

■全記事表示リンク
■月別アーカイブ
■ブロとも一覧

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
コリウス&リクガメ
CIMG1660_convert_20090809115103.jpg

コリウスです。

カメ餌とは別に欲しいなと思って買ってしまいました。
私が緑色した観葉植物以外で草花に興味を示すことはまずないのですが
(そもそも植物に対する関心自体が薄かったはず…)、以前から
植木として道端などに飾ってあるのを見て葉の色合いが綺麗だなあ、
これはイイ!(・∀・)と思っていて、カメ餌としては全く聞いたこともないものですが
つい手を出してしまいましたよと。

食べることができるかどうかはわかりませんが、一応シソ科の植物ですし
カメが口にしたとしても大丈夫かな(今ネットで調べたらシソ自体は栄養は十分で
あるけれどもリクガメは全く食べないとの記載あり…毒はとりあえずなさそう)。

ネットで購入したのですが30cmの鉢ということでそんなに大きくないだろうと
思っていたのですが、想像していたよりはずっとボリュームがあります(汗。


CIMG1659_convert_20090809115025.jpg

こちらはそのお店がおまけで付けてくれたコリウスです。
これもとても奇麗な模様の葉がついてます。
コリウスはいろいろな色、模様の葉がありますのでコレクションしたくなりますね。
(これ以上ベランダを狭くできないのでしませんが)
道端に飾ってあったコリウスは葉がもっと大きかったと思いますが、
これから立派な葉をつけてくれるでしょうか。


CIMG1654_convert_20090809114905.jpg

こちらは先日撮ったぽっぽとジル。
見つめあってます。しばらくこのように見つめあったままじっとしてました。
…何がしたいのかわからん(汗。

時々ぽっぽのマウマウの練習台になってるジルですが、こうやって長いこと
見つめあってることが一体何を意味するのか、本当にわからん(汗。
良くリクガメは集団生活をしないから単独飼育で十分と言われますし、
私も基本的にはそうだと思いますが、こういう姿を見る限り互いの存在くらいは
きちんと認識しあっているようにも感じられます。


CIMG1663_convert_20090809115254.jpg

こちらは今日のぽっぽ。
斜めってます。
まあすぐ室内に入ってくると思いますが。


CIMG1662_convert_20090809115222.jpg

一方ジルは旧シェルターで休んでいるようです。
ここのところぽっぽは室内で寝てますし、ジルも新しいシェルターで寝ているので
もう要らないかなとも思うのですが、時々気が向くとこうして入っているようです。


CIMG1661_convert_20090809115145.jpg

コモンマロウ。
一向に花が咲く気配はありませんが、どんどん背丈が伸びてくるので
摘心(なんて言葉一生知らないでいるだろうと思ってた)をして横に
広がるように誘導しています。葉っぱがかなり大きくなりました。
花が咲いたらカメ餌にする前に一度ハーブティーにして飲んでやろうと
密かに思っているのですが、摘心をすると花のつきが悪くなるらしく、
それも当分先のことになりそうで残念。
でも摘心しないと高さ2mくらいになっちゃうそうですから(汗。


CIMG1657_convert_20090809114943.jpg

ハイビスカスの方はこれ一鉢しかないのですが、4、5日に一度くらいの割合で
花をつけてくれるので凄く重宝しています。
チビガメ2匹ですから一回に一輪も咲いてくれれば十分ですし、
葉も餌にあげられるとても優秀なカメ餌ですね。


CIMG1664_convert_20090809133451.jpg

サツマイモジャンゴー、夏の日差しを受けて暴走中。
うちのカメどもはあまり好まないようですが(´・ω・`)

スポンサーサイト
リクガメ | 13:24:52 | トラックバック(0) | コメント(16)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。