■プロフィール

いんたげ

Author:いんたげ
FC2ブログへようこそ!

■最新コメント
■最新記事
■カテゴリ
■カレンダー

05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

■全記事表示リンク
■月別アーカイブ
■ブロとも一覧

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
通販とショップの狭間で
通販で注文していた物が届いた。

CIMG1231_convert_20090615003212.jpg

またかorz

何がまたかって、それほど大きなものを注文をしたわけでもないのにいつもたっぷりの
梱包材と中身よりだいぶ大きな段ボール箱で送ってくださる某通販。

CIMG1232_convert_20090615003245.jpg

中を開けるとまたまたorz
ここのところ梱包材は空気を入れたビニールのやつだったのにまた新聞紙に戻したの?
一つ一つ折りたたみなおして資源ごみで出さなきゃならない方の身にもなってくれorz

とはいえ品数豊富だし、どうせ送料取られるならとまとめ買いに走ってしまうのも事実。


CIMG1234_convert_20090615003324.jpg

じゃーん、今回注文した品物。

目玉はもちろん前回飲み屋で置いきてしまったことの雪辱を果たすために注文したプラケ…
ではなく、こちら


CIMG1242_convert_20090615003357.jpg

大型のリクガメシェルター(30×23×13)です。
そろそろ2匹のちびリクガメをベランダ飼育に切り替えようかと思案していたのですが、
そのために必ず必要になるのが雨風を防ぐシェルター。

当初は自作を考えていたのですが、先日ペットショップに行った際にこれとほぼ同じ大きさの
シェルターを発見。持ったら結構重たかったのでああなるほど気がつかなかったけど
確かにこれくらいの重さは必要だな、大きさもこれくらいあれば十分だしということで
今回は既製品のシェルターを使うことに。

ペットショップには申し訳ないのですが、欲しいものがはっきりしていれば一定以上の
価格の商品に関しては送料込みでも通販の方がショップで買うよりは安くで手に入るという
確信があったので早速家に帰って検索、思ったとおり店頭価格よりも安くで注文することが
できました。

これは余談ですが、ネットの勝ち組企業としてアマゾンが取りざたされたりすることがあります。
倉庫だけで自社店舗を持つ必要がなく、最小限の人件費と大量仕入れによるコスト減
膨大なアイテム数の確保、家に居ても買いものができる利便性、これらを備えたネット通販の
台頭を前に、商店街にあるような小さな小売り店舗の戦いはもう終わったと言っても
過言ではないかもしれません。もし再販制度が撤廃されたらいったいどれほどの本屋が
潰れるのかを考えただけでも空恐ろしくなります。
*再販制度が良いとか悪いとか言っているわけではありません。



それはさておき、あとは100均で人工芝のマットでも買ってくれば、明日にでもベランダ飼育に
切り替えることができそうです。それをいつにするか、飼い主の決断次第ということですね。
これが難しいところですが(;´д`)
本当は今日あたりでもいいかなとか思っていましたが、天気が悪いと気温もがくんと
下がりますし夜も結構冷えてるんですよねー。しばらくは夜だけ回収とかにしようかな?


一方、今回おまけではありましたが一緒に注文したプラケにマーシャルの引っ越しも実行。

CIMG1245_convert_20090615003433.jpg

セッティングをして前のプラケと並べてみるとこんな感じ。
以前より広くなったのは一目瞭然ですが、高さがあるので水深をやや深めにとっても
余裕がありますね。これなら蓋をしなくても逃げ出されることはあるまいw


CIMG1249_convert_20090615003506.jpg

マーシャルを入れて真上から撮ってみた。
なかなか広くなって良かったじゃないかな、気分はどうだいマーシャル君?

CIMG1254_convert_20090615003543.jpg

ええ、この顔は間違いなく餌を求めているだけですが何か?(苦笑

スポンサーサイト
カメズ | 02:38:07 | トラックバック(0) | コメント(14)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。