■プロフィール

いんたげ

Author:いんたげ
FC2ブログへようこそ!

■最新コメント
■最新記事
■カテゴリ
■カレンダー

05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

■全記事表示リンク
■月別アーカイブ
■ブロとも一覧

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
水族館へGo!
さて、気を取り直して。

今日(うpする前に日付が変わってしまいましたがw)の短時間日光浴。

CIMG1061_convert_20090614041815.jpg

はい、昨日書いたとおり外へ出るとがっちり丸まり寝を披露するぽっぽ。
一方ジルは。。。


CIMG1062_convert_20090614041850.jpg

そもそも寝てないw
こういうところを見る限りどうにも警戒心は人一倍強そうなのですが、
なぜ甲羅に丸まって寝ないのか、本当に謎ですw
そして寝落ちするときはこのまま首を気持ちひっこめる程度で寝てしまいます。
一体何なんだ?w



さて話は変わり、今日(13日)はとても天気は良かったのですが、
ジルとぽっぽの日光浴はそこそこに切り上げ友人との約束で飲みに。

ただ飲もうということにはなっていたのですが、ぎりぎりまで場所は決まってませんでした。
聞くと友人がどこでもいいというので、ならということで迷わず池袋を指名。

なぜか?

勘のいい人はすぐにわかったかもしれませんが、以前AKIさんが紹介していて
前から行こうと思っていたサンシャイン国際水族館へ行くためでした(^-^)
リクガメ飼いにはきっと魅惑的な場所なはず。
*その後AKIさんご本人から私は言っていませんとの指摘が・・・。え、かなり自信あったのに
もしかして記憶力相当衰えてる???(汗。


ではということで早速水族館へ。

CIMG1066_convert_20090614041925.jpg

CIMG1079_convert_20090614041959.jpg


ハイキタコレ。
水族館に入るといきなりアザラシとラッコがツートップで攻撃参加。
リクガメ以外には決して惑わされないぞと心に誓って入ったはずなのに、そして
いくら都心の水族館じゃジンベイザメを華麗に泳がすことはできないからって
これは汚い、大人は汚すぎる!水族館側の誠意を疑うしかない。

これではあまりにも…かわいすぎるではないか(;´д`)

しばらく魅入っていた(汗


リクガメに辿り着くまでに様々な誘惑攻撃は続く。

CIMG1192_convert_20090614043038.jpg

CIMG1131_convert_20090614042116.jpg

オーストラリア、グレートバリアリーフを模した海水水槽。
最近落ち着きつつあった海水水槽やりたい!という欲望にメラメラと炎が。。。
海水の生体は淡水と比べると発色が違いすぎる、綺麗すぎる(^ρ^)
クマノミ、かわいいよクマノミ…(そしてガキども、ニモニモうるさいw)。


鳥や哺乳類もいました。

CIMG1201_convert_20090614043124.jpg

嘴だけで40cmくらいはありそうな巨大な鳥です。
でかいのは知ってましたけどね。ちゃんと見るとやっぱりでかくてモモイロペリカンという
かわいらしい名前とは裏腹にちっとも可愛くありませんw
鳥としてのスケールをちょっと間違えてるんじゃないかとw

CIMG1224_convert_20090614043300.jpg

哺乳類で唯一、これ欲しい~とか思ってしまったフェネック。
大きな耳がとてもキュートでした。



おっとこんなことではいかん。
とりあえず話題をカメに絞ってみよう。
(本当はデジカメのSDカードがいっぱいになるまでいろいろ撮ったけどw)


CIMG1177_convert_20090614042830.jpg

アマゾン水槽にいたヒラリーカエルガメ。
甲長30cm以上はあるであろうか。
こんなふうに水面を頭に出していることが多かったのでなかなか全体を
うまく撮ること出来ない。

CIMG1182_convert_20090614042911.jpg

よっ、素晴らしくぶっとい足。

CIMG1093_convert_20090614042035.jpg

そしてマーブル模様な腹甲。白くて綺麗でした。

CIMG1220_convert_20090614043217.jpg

こんな感じで全体像が把握できるでしょうか?堂々たる体躯です。
ヒラリーカエルガメ、確かに魅力的すぎるカメですが、それ以上になぜか意地になって
撮っていたようなキガス(汗


CIMG1188_convert_20090614042956.jpg

こちらはスッポンモドキ。
これも水槽の中をすいすい泳ぐ姿は本当に魅力的なんですが、かなり大きくなる上に
飼うと良く死ぬので有名なカメなんだよなあ。


他にもピラルクーやらアジアアロワナやらもう嫌っていうくらい、おなじみかつ魅力的な
生体がいっぱいいたのですがきりがないのでリクガメのケージへ話をビューーンと飛ばしますw




CIMG1146_convert_20090614042245.jpg

ハイ再びキタコレ。
今回の目標のほぼすべてと言っても過言ではないビルマムツアシガメ。
実はこのカメを飼いたくて仕方なかったんですね。アジアの巨人と呼ばれるだけあって
大きくて黒く格好いい、水が大好きな多湿型の一方で寒さにもかなり強いらしくまさに日本向き。

が、見た瞬間、飼いたいとか言ってホントスイマセン<(_ _)>、でした。
で、でかい。さすがにアジアの巨人。一番大きいのは50cmくらいは余裕でありそうで
こんなのとても飼えんw

CIMG1152_convert_20090614042323.jpg

左隣にお尻だけ写っているのは甲長7、80cmくらいはあろうかというアルダです。
これを見るとビルマムツアシガメの大きさが良くわかるのではないかと。


そしてそのアルダ。
CIMG1157_convert_20090614042446.jpg

なかなかこちらを向いてくれませんでしたがちょっと色っぽい表情で写ってますw
(にしてもこれも自分で飼うこと考えたら余裕で無理だ><)


ここではアルダはなぜかビルマホシガメと一緒に暮らしてます。

CIMG1165_convert_20090614042618.jpg

草を食むアルダと、奥の方で必死に交尾に励むビルホシ。
なんてシュールwww

CIMG1167_convert_20090614042702.jpg

しかもその後このアルダが交尾中のビルホシに突進し始めましたw
最初はまずいと冷や冷やしましたが、実はメスをうまく押してあげるというナイスアシストでしたw

CIMG1153_convert_20090614042402.jpg

ところでアルダの右横にいるビルホシ気になりませんか?

CIMG1161_convert_20090614042534.jpg

そうです。このビルホシ多分♀だろうと思いますが、アルダに隠れているとはいえ
これも何気にでかいです。35cmくらいはあったかなと。
♂と思われる個体は20cm前後のものが多かったですが♀は大きいのは大きいですねえ。
正直このサイズでもちょっと厳しいとは思いますが、でもこのくらいの大きさの個体と20年、
30年と一緒に生活できたら楽しいだろうなあと思いました(飼うことばっかり考えてるw)。

しかしビルマは良く動きますね~。うちのインドホシもアカアシも放っておくと朝夕の2回くらい
シェルターから這い出して来て活動するくらいですが、ビルマは絶えず動き回っています。
見ていて飽きません(^-^)


CIMG1149_convert_20090614042200.jpg

こちらはスペースの都合上こうなってしまったのだろうと思いますが、
ホウシャとクモノスとパンケという不思議の組み合わせのケージです。
リクガメについてあまり詳しくないであろう他のお客さんが「パンケーキだって面白い!」と
喜んでいたのが印象的でした。

ホウシャは結局ずっとこの恰好のままで一度も顔を見せてもらえなかったのは
残念でした><
シャイなのかな~、移動する時も入れないシェルターに顔だけ突っ込んで移動してましたからw

CIMG1172_convert_20090614042748.jpg

クモノス、これだけは大きくならなくても良いリクガメだと思いました。
どれもちっちゃくてかわいい。つぶらなお目目が印象的。
良く言われるようにほとんど動いてませんでしたけどねw


こんな感じでクタクタになるまで水族館を堪能した週末でした。
いやー行ってよかった。池袋は街も水族館も人多過ぎなのが難ですが><

スポンサーサイト
リクガメ | 14:16:11 | トラックバック(0) | コメント(16)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。