■プロフィール

いんたげ

Author:いんたげ
FC2ブログへようこそ!

■最新コメント
■最新記事
■カテゴリ
■カレンダー

04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

■全記事表示リンク
■月別アーカイブ
■ブロとも一覧

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
カエルの怪
いきなり止まったブログの更新ですが、もはやネタが尽きたというわけでもありません。
忙しいなどと言い訳をしつつも本当の理由はただ一つ。
WiiでモンスターハンターGを遊び倒してるからだったりして(汗。
さて、今日も一狩り行ってくるべ、待ってろよリオレウス(違っ。


小型水槽で起きた事件。

インテリアのつもりで小型水槽を購入したことは前にもブログに書きました。
去年の6月にインドホシのぽっぽを迎え、その一か月後くらいに、うーんこういうのもいいかも
と衝動を抑えきれずに始めてしまいました。たかが小型水槽、されど小型水槽。
インドホシ一匹で我慢しきれなかったのが今のいろいろやってる状況につながってます(汗。
ええ、これ以上は増やさないように我慢しますとも!

そんなんでリクガメやら淡水魚やらについてネットで検索していると出てくるわ出てくるわ、
今まで全く知らなかったし興味もなかった生き物のお話が。
グーグル先生偉大すぎ(ついでにAll aboutの星野先生と長谷川先生も偉大すぎw)。

その中で熱帯魚で最初に魅かれたのが2cmくらいの淡水フグのアベニパファー。
CIMG0109_convert_20090501192830.jpg

写真だとあまりそうは見えませんが(アベニーは概ねカメラが嫌い、カメラを構えるとさっと
逃げてしまうので撮るのがホント難しい…言い訳入ってます…)、実物は丸くて本当に
フグの形をしてかわいいです。ヒレなんかもフグそのものですし。
以前からミドリフグは飼ってみたいと思っていたのですが、実は宣伝文句と違い
汽水、海水じゃないと長生きできない、そこそこ大きくなるなどの理由で諦めていたのですが、
完全淡水フグのアベニーを知ってからはどうしても一匹買ってみたいという衝動が
抑えきれず小型水槽に入れました(衝動に弱すぎw)。



ところで今日の話の主役はこのフグについての苦労話ではなくカエルの話
(ちなみに写真のフグはもういません。突然拒食になってしまい死んでしまいました…)。

ある日フグの飼育のためにネットを漁っていたら(どんだけネット漁るちゅーねん)、
アベニーの飼育では有名な某ブログで、水槽の中にいるカエルを発見!
な、何これ??? ハイ、衝動またキタコレ!

そのブログで飼っているカエルは本当は違うらしいのですが、ヒメツメガエルといって
体長3、4cmの完全水生の水槽で飼えるカエル(ダジャレじゃないっす)がいることを知り、
早速どこかに売っている場所がないか調べました。しかしご存じの方も多いかもしれませんが
例のカエルツボカビ病の影響でどこも扱っていないということがわかりました。
(それまではアロワナの餌などに普通に売っていたらしいのですが)

しかしそこは電脳社会。攻殻機動隊の草薙素子よろしくネットの海に飛び込んで
同化しさえすれば、全世界の情報にアクセスし不可知などあり得ないはず
(簡単にいえばググるを繰り返したということです・・・)。
やがて全世界の情報から都内中野にある熱帯魚屋にいることを発見。
(都内は今のところここだけだと思うけど、特に全世界の情報は必要なかった件)


早速買いに行きましたよ。都内とはいえ、うちからちょっと遠いんですけれどね。

帰ってくるなり初ヒメツメガエルと思うと気持ちも高ぶり、慎重に慎重を期し
ゆっくり丁寧に水合わせを行い、十分に水槽の水に慣らしてからの投入です。
水合わせに2時間くらいかけましたっけ(遠い目)。

で、ちょっと眠くなったのでそのままうとうとと1時間…。


起きて水槽をのぞきこんでみると、もう水槽にはいませんでした(汗。

蓋を閉めずに眠気に負けた自分が悪いとはいえ、おいちょっと待ってくれと。
遠いところをわざわざお前を迎えに行った俺の気持ちも汲んでくれと。
必死になって部屋中を探しまわりましたがついに発見できませんでした。

初ヒメツメガエル飼育は2時間の水合わせだけに終わりました。



しかしここで諦められるはずもなく、懲りずに次の週また時間を見つけてそのお店に行き購入。
水合わせは前回よりやや適当でしたが、今度は絶対に逃げられないように蓋を
新しく作り直し、その上での投入。万全な態勢ですね(^-^)



2週間ほどするとまたしても逃亡してました…(滝汗。


万全なつもりの蓋でしたが、濾過器との関係でほんの少し隙間があって、小型水槽の水位が
高いこともあり、結局そこから逃げ出してしまったようです。
一生懸命探しましたよ。もう必死でね。だってあるとき突然干からびて死んだカエルを踏みつける
とか怖すぎますし…(;´ρ`)。
でも、結局2回目も発見に至りませんでした。
締め切った室内のいったいどこに逃げ場があるのというのか、密室殺人も真っ青な完全逃亡劇です。

CIMG0215_convert_20090501192714.jpg

おい、どこ行った?


さすがに2時間と2週間の2回の経験でヒメツメガエルは諦めることにしましたが、
今でもどこへ逃げたのが本当に謎は深まるばかりです。


まあ、マーシャルが熱帯魚を食べないカメに育ったら、マーシャルを水槽飼育に変えた後で
また試してみるかなんて、ちょっと脳裏をよぎったりするんですけどね(全然諦めてない件)。

スポンサーサイト
小型水槽 | 21:05:13 | トラックバック(0) | コメント(4)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。