■プロフィール

Author:いんたげ
FC2ブログへようこそ!

■最新コメント
■最新記事
■カテゴリ
■カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

■全記事表示リンク
■月別アーカイブ
■ブロとも一覧

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ドームへGo
IMG_20120516_190649_convert_20120517003734.jpg

東京ドームへ行ってきた。
現地に見に行った巨人ファンとしては今年一番の期待の若手宮國椋丞(名前難しいなオイ)が肩に違和感を訴え一回を終えた時点で降板してしまったこと(当然見れなかった…香川の始球式もね(´・ω・`))。それからパンダ…あ、いやウルフこと高橋由伸独特の芸術的なスイングとアーチが、しかもグランドスラムが!、やはり一回に飛び出しちゃって、見ることができなかったのは本当に残念だった。けれどそれがあってもなお試合と雰囲気は最高という他なかった。

序盤に大量リード、宮國の後を受けて緊急登板した福田も今日は十分なピッチングをしたし(普段は…だけど)、若手の藤村、ベテランの谷がマルチ安打で、そこへ坂本とか長野とか、やっぱり見てるだけでも絵になるよね。もちろんキャプテン阿部もいれば、移籍してきた村田もまだ多少の違和感を残しながらも新しい巨人を感じさせてくれた。そしてこの勝利でセリーグ3位にも浮上したし、もう本当に贅沢な時間でしたよ…(ビール売りのお姉ちゃんの笑顔もねw)
最後はルーキー一岡の登板に中井も出てくれば、お久しぶりの松本哲も出てきたりもうお土産までもたせてもらった気分で魅せられまくり。

そして今日あたりはセイバー指標を拾ってそろそろエンジンがかかってきた巨人の状況を概観してみようと思ったけど、球場でたっぷり飲んで大満足した脳みそにはやや辛いw

ただセイバー指標ではないけれど一つ巨人にとって明るくそして重要な指標となるのは出塁率。相変わらず四球を取りまくる中日との差はまだ大きいけれど、それに続く二位(中日.324 巨人.309ちなみに去年の巨人は.298で同率4位)。統一球でHRでの一発攻勢が効かなくなって重要度がグンと増し、去年からの課題でもあった出塁率が大きく改善してきているのはこれから優勝争いをしていくうえで好材料となるのは間違いない。原監督ではないけれどこの状況に中継ぎがあと一枚、今日投げた一岡や福田が信頼できるようになれば反転攻勢へ盤石の布陣が整う。


ま、それはともかく

IMG_20120516_225448_convert_20120517003836.jpg

今日は入場者全員にこのオレンジユニのプレゼントがあった(^-^)


なので球場も

IMG_20120516_193727_convert_20120517003807.jpg

オレンジだらけ。
今日の対戦相手が関西を本拠地に置くパリーグのオリックスということもあったからだろうけれど、球場中がオレンジに染まる姿もとても壮観でした。



スポンサーサイト
その他 | 00:55:32 | トラックバック(0) | コメント(4)
1年
あれから今日で一年。
様々な思いはあるし何かを言いたいという気持ちがないわけでもない。
でもそれを言葉にしてしまうととても軽いものとなってしまわないだろうか。
ただそっと黙祷を捧げることにしよう。

その他 | 20:21:22 | トラックバック(0) | コメント(0)
お気楽狩猟日記
CIMG3954_convert.jpg

年末年始とちまちま暇を見つけてはやり続けたモンスターハンター3G
来る日も来る日もハンマーを振り回しオッスオッスの日々…
G級に上がり火山の採掘ツアーにも出れるようになったので、今は神おまを探してもっぱら炭鉱夫と化しております。(とかってモンハンやゲームに興味のない方にはなんの話だかさっぱりだと思います。今回のネタはあくまでも経験者向けということでよろしくお願いします<(_ _)>今さらモンハンの紹介でもないでしょうし)

ここのところ続けざまに新作モンハンをやってきて少々食傷気味だったため、MHP3はスルーしてこのMH3Gで再開したのがとても良い感じでリフレッシュになってます。
しかし良い感じすぎた…この時間泥棒め(>_<)

このMH3GはWiiで出たMH3がベースで、MH3では武器のバリエーション等ボリュームが少ないという批判こそあったものの、初の水中戦やモガの森システムなどが組み込まれそのゲームバランスの良さは概ね高く評価されていたと言って良いのではないでしょうか。MH3GはMH3のボリューム不足を補って携帯機の3DSで発売されたものなので俄然期待も高まろうというものです(^-^)

そして3Dなのも○です。携帯機は画面に関してはどうしても小さくなってしまいますが、3Dによって奥行きが加わるので同じ大きさの画面を2Dで見るよりはずっと広く感じられます。モンスターがただ3Dになるってだけでも涎ものですけどね、それだけじゃないんです。

先に不満らしい不満と言っておくとネットを通じたオンラインでのコープがないことがそれに当たりますが、これはモンハン本編ということを考えればそれを売りにしてきた部分も小さくないのでちょっと残念ですね。本編を携帯機で出すのは初だからオンラインがないのか、それともオンラインでのコープはPC用のMHF中心で行くのか今後の展開が気になるところです。

操作性に関しては上の写真にもあるように3DSに取りつける拡張スライドパッドがあることによって非常に快適です。最初はちょっと違和感もありましたが慣れてくるとやはり右アナログ偉大だぜとなってきます。もちろん3DSの下画面、タッチパネルをカスタマイズして拡張パッドを装着しなくても十分に遊べるようにもなっています。


CIMG3961_convert.jpg

たとえばこんな風にタッチパネルに仮想十字キーを持ってくればここで視点変更が可能となり、今作ではターゲットをロックオンできるシステムも導入されているので、それと併用すればPSPのいわゆるモンハン持ちでやるのと操作性の善し悪しはほとんど変わらなくなると思います。ただ私にとっては元々モンハン持ちもそれしかないからそれでやっていただけで本心を言えば全力で遠慮したいところでしたし、より良いものがある以上素直に拡張スライドパッドを使いますけどねw

余談ですが、やろうと思えばステータスなどをすべて下画面に入れて上画面にはゲージ類は一切表示しない設定にすることも可能です。そうするとこれがまた雰囲気が良いんですよねー。さすがに体力ゲージやスタミナゲージは同じ画面にないと不自由なのであまり実践的ではないのが残念ですが

CIMG3962_convert.jpg

ゲージ類を非表示にしてぐるっと見まわすとこんな迫力ある景色が3D空間に広がっていることに気がついたりすることも。大型モンスと激しくやり合うのにはやや不都合ですが、まったり炭鉱夫などをやる場合にはこの設定で十分なのでよく活用してます。


CIMG3957_convert.jpg

グラフィックに関しては同じ携帯機でリリースされていたPシリーズと比較すると確実にブラッシュアップされて綺麗になっています。これはセーブポイントがある船の上ですが、暖かな色彩と質感が地味に気に入ってます(^-^)

またチャナガブルのテカテカ質感やレイアの精彩なグラフィックなど一瞥しただけで綺麗になってるなーと驚かされることもあります。しかしとはいえ例えば据え置き機がSD画質からHD画質になったような目を見張るような進歩があるわけではありません。あくまでもブラッシュアップの範囲かと。ま、3DSですから3D表示こそがグラフィック面での最大の進歩ということですね。

また3D表示だと非常に激しく動くモンスターの場合、入力に熱が入ったりして3DS自体を揺らしてしまってブレて見えることがままあります。これは3Dで正常に見える視野角が狭いことに起因する問題で3DS特有の問題と言っても良いかもしれません。ただそうはいってもそんなに頻繁に起こるわけでもないですし私などは平気で寝転がってやってます(苦笑。これも慣れてくるとブレたなと感じたら自然に確度を修正する癖がつくようになるので慣れの部分も大きいですね(もちろん最初からブレないに越したことことはないですが)。


CIMG3959_convert.jpg

こちらは本作の顔とも言うべき新モンス、ブラキディオス。顔役だけあってさすがに手ごわい。簡単に言うと攻撃が爆発します。例えば画面上の地面が緑になっている部分はブラキディオスがパンチをした跡なのですが、しばらくするとこの部分が爆発します。攻撃は爆発だの岡本太郎的モンス。そして怒り状態だとパンチをするたびに即爆発をするようになり、さらに広範囲な爆発を繰り返すので逃げ切れなくて巻き込まれて死にますw必要なのは回避性能じゃない回避距離だった、そんなモンスですね。

この他のモンスは久々に復活したガノトトスといった例外もあるものの基本的にはMH3で登場した水中戦主体のラギアクルスやMHP3で登場したアオアシラやウルククスといったMH3とMHP3の合流を主体としており、その一方でティガレックスやウカム、アカムなどはリストラとなったようです。

G級でしか登場しない亜種やミラ、アルバなどまだ対戦していないモンスもいくらか残っていますが、ソロだし別に焦る必要もありませんから、スルメゲーとしてここから先はちびちび攻略していこうかなと考えています。なんせ神おまにナルバ亜種素材中心の防具、それと抜群に相性が良いと言われるウラガンキンハンマーの製作とまだまだやること一杯ありすぎなので(汗

ともかくとりあえず神おま早くでてきてくださいおながいします(>_<)



その他 | 09:56:28 | トラックバック(0) | コメント(2)
始まりは良かったけれど
CIMG3388_convert.jpg

今朝咲いたハイビスカスです。
一昨日も咲き、今日咲いてもまだ蕾が一つ、二つ。
安定的に花を咲かせそうで去年植え替えた成果がやっと出てきたかと喜んでいました。
雑食性のアカアシガメのジルにとって花は主食のうちの一つです。
しかし飼育下ではなかなかハードルの高い主食です。もちろん花を与えなくても他のものでも十分に代替できるでしょう。実際これまではそうしてきましたし。しかしできれば定期的に与えてあげたいというのが飼い主としての率直な気持ちです。だからうれしかったのです。

と始まりは上々な一日だったのですが午後になってこれまで経験したことがないような大きな地震がありました。
幸い私には何事もなかったですし、都内は停電することもなかったので寒さに弱いリクガメや熱帯魚にも大きな問題はなく水槽の水が3~4センチ分ほど外へぶちまけられている程度で済みました。

しかし震源地に近いところ特に津波の被害は想像を絶するものでした。TVのモニターを通して刻一刻と死傷者が増えていく様を見ていると阪神淡路の震災を鮮明に思い出します。
残念ながら助からなかった方には深くご冥福を、不明な方には速やかな救助を、怪我をされた方の早い快復をお祈り申し上げます。

余震が続いています。
寒い夜を被災地にて過ごす方の気持ちを思うと一日でも早いライフラインの復旧を願わずにはいられません。


その他 | 00:51:30 | トラックバック(0) | コメント(16)
PCファンの交換
少しばかり前からノートPCに異音が…

起動した時やしばらく使用してPCが熱を持つと急に

ブーン…ガタガタッ…

…ガタガタガタガタガタガタ!


あ~これはファンがやばい(汗

ハードディスクドライブ(以下HDD)が壊れたりしてもやはり異音がすることがありますが、カタン、カタンという独特な音がするのでその違いはすぐにわかります。今回のはいかにも扇風機にガタがきましたよ的な音です。そこで早速交換することにしました。

これは一度でもPCを組んだり、HDDの交換等を自分でやったことがある方には当たり前で珍しくもなんともないことなのですが、そういう作業をしたことがない方向けにノートPCなんかでも意外と簡単に修理できるんだよということで記事にしてみます(^-^)

そもそもPCの(物理的な)不調の原因というのはだいたい相場が決まっていて、一番多いのはHDDの故障だそうです。他には今回交換をするファン、マザーボード、そして意外と盲点なのは接続部の接触不良(高いところから落としたなんてのは除く)。

マザーボードが逝ってしまうとこれはほぼ完全にアウトでサポートに修理を依頼しても保証期間が切れて有償修理だったりすると買い換えた方が早いですよと言われることが多いと思います。

しかしHDDやファン、あるいは接続部の不良に関しては自分でいじってみた方が早くて安く上がるケースがママあります(ただし保証期間内だと自分でPCを開けたりすると有償修理となってしまう場合があるので、その際は素直にサポートに修理依頼を出した方が良いです)。


さて、

CIMG3297_convert.jpg

早速PCの裏ぶたを開けます。何か所もネジが締められていますから失くさないように気をつけなければいけませんが、ただそれだけで特に技術が必要なこともありません。

青く囲んだ部分にはHDDが入っていて、緑はメモリーそして赤い部分が今回交換するファンが設置されている個所です。ほとんどのノートPCでこんな風にわかりやすく並んでいると思います。

CIMG3298_convert.jpg

ここでまずは使われているファンの確認をします。四角い部分に製品名が書いてありますからそれをメモして一端裏ぶたを閉じます(デジカメで撮っておいても良いです)。
次にメモした製品名を直接入力してググってしまいます。するとすぐにずらっと検索結果が出てきます。今回は検索結果の中かからそれが売っている店、あるいはオークションまで簡単に見つけることができました。

この作業は別に裏ぶたを開けずに使用しているPCの製品名に「ファン」などの単語を入力しても同じように販売店やオークションを引っかけることができるとは思いますが、一応実物を目で確認して作業した方がより安心だと思います(HDD交換の場合もほぼ同じ手順です)。中を開けてみれば自分で作業できそうかすぐわかりますしね。

今回はオークションでバルク品が通常価格よりも数千円安くで出ていたのでそれを落札することに。落札から2日で入手できました。


CIMG3295_convert.jpg

届いた交換用のファン。バルク品なので包装も簡素です。


CIMG3300_convert.jpg

再びPCの裏ぶたを開け壊れたファンを取り外します。これは良い機会でもあるのでエアダスターを使って全体的に埃を飛ばして掃除しておきます。これも簡単な作業ではありますが埃はPCの天敵ですから寿命を延ばすために地味に有効な作業だったりします。


CIMG3299_convert.jpg

向かって右が新しいファンです。今回は全く同じ製品を使いました。


CIMG3301_convert.jpg

この作業の難関らしい難関といえばこの小さな接続端子をきっちりはめ込むことくらいでしょうか。


CIMG3302_convert.jpg

2か所あるネジを締めれば設置終了。後は裏ぶたを閉め起動ボタンを押して無事に立ち上がれば作業は終了です。ちょっと細かく手順を書いてみましたが意外と簡単でしょ?
面倒なのは適合するファンを確認してそれを手に入れることくらいです。

HDDが逝ってしまうとOSを含め様々な再インストールが待っていますから面倒なことこの上ないですが、しかし修理に出したからってデータやアプリケーションの入れなおしは同じことです。修理依頼を出すと最低でも一週間くらいは返ってきませんし、見積もりやなんやかやで2週間くらいかかってしまうこともあります。もちろんその間PCには一切触れません。

しかし自分でやれれば部品は注文してたいてい2日もあれば手に入る場合が多いですし、専門店に自分で買いに行くのもありでしょう。また今回のようにファンの異音程度であれば交換を終える前でもだましだまし使用し続けることは可能です。そして始めてしまえば作業も呆気ないほど短時間で終わってしまいますしね。
他にもPC○ポのように持ち込めば診てくれるところもあるので、有償修理でなるべく早く終えたいのであればそういうところを利用するのも手ですが、自分で交換をするというのも非常に有効な手段であることを知っておくのは悪くないと思います。

もちろん私のPCはこの記事を書く間も非常に静かに動作しています(^p^)



その他 | 23:18:03 | トラックバック(0) | コメント(18)
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。