■プロフィール

いんたげ

Author:いんたげ
FC2ブログへようこそ!

■最新コメント
■最新記事
■カテゴリ
■カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■全記事表示リンク
■月別アーカイブ
■ブロとも一覧

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
4月の身体測定@2013
さて3月に続いて4月の身体測定結果

このGWは好天続きだったとまでは言えないけれども、それなりに天気が良い時間も多かったので日光浴には困らない連休となった。


CIMG4625.jpg

ベランダに出したジルがあちこちをうろうろしているのを横目で見ながら飼い主はせっせとケージのメンテを続ける。しばらくすると部屋に入ってこようとするので良いから日光浴しとけ、とまた外に追い出したり、その後遅めの餌をベランダで食べさせたりしてのんびりとした時間を過ごす。


CIMG4637.jpg

マーシャルもたまの日光浴。マンヤマガメを購入した店には良く目を引く甲羅のきれいなモエギハコガメがいて、その木目のような風合いに良いなあなどと感じ入ったりもしたけれど、こうしてみるとヒメニの甲羅だってなかなか味わいがあるじゃないか。まあモエギハコガメほどとは言わないけどさ。あ、じゃあなんでモエギハコガメじゃなくてマンヤマガメだったんだと突っ込まれそうだけど、元々マンヤマの方が個人的には気に入ってたし、高額なお値段に飼育難易度Sレベルでこれまでも多くの飼い主が死なせてきたと聞けば、そらね普通に手は出ない、少なくともよほどこれしかないと強く思うことがなければ飼ったりはしない。


CIMG4639.jpg

こういったフォルムもいい(先のものより頭と体のバランスをクローズアップしてみせたつもりの写真w)。やはりWCの老成個体にみられる容貌魁偉というほかないような迫力ある巨頭に仕上げるのは難しそうだが、その分品はあるように思う。少なくともヒメニに関しては自然の恩寵は自然に帰し、ペットとしての愛らしさがあればそれでいいじゃないかと割り切れそうだ。せっかくこれだけCBが流通するカメだしね大事にしていきたいと思う。


CIMG4646.jpg

でこっちはマイナーだけれど頑健で(モエギハコガメなどと比べればはるかに)リーズナブルなマンヤマガメ。こんな派手で不思議な模様を背負ったカメがなんでマイナー種なんだろうかと思いつつ、このカメがリーズナブルだったのはラッキーだった。生体の価格なんて希少性と輸送費が決めるもので種としての善し悪しなんてほとんど関係ない(というかペットとしてマスに人気のあるものは大量に流通ベースに乗りやすいので価格はむしろ下がる傾向があると言ってもいいだろう)、国内で殖やしている人も細々とはいるようだけれど、それだけではこのマイナーカメだって輸出元の規制がきつくなればあっという間に高価格化すること必死なのである(ま、あくまでも可能性で言えば、だけど)。

ともかく「お、これ良い!」と自分が思った生体がリーズナブルであるというのは昨今のサイテス騒ぎを見てももう間違いなくラッキー。国内CBが十分に流通するキボシイシガメはともかく、昔からカメ飼いの間では人気のあったオオタマガメなんてなかなかブリーディングが難しいようでほとんどCBが流通してないようだし、サイテスⅠ類に入ることで仮にだけれどショップで見かけることがあったとしても「どんだけー」という価格がつくようになるに違いない(それまでだって決して安くはないカメだけどね)。

カメではないが昔は諭吉+αくらいで購入できたと聞いていたノドダレトゲオイグアナなんてのも2010年にサイテスⅡ類に上がっただけで10倍くらいの価格で流通しているのを見てフイタ、いやもはやショップでも滅多にお目にかかれない希少種なんだろうけどさ。でもⅡ類程度で慣れないので有名な元安トカゲがやや高級種にとはね。所詮生体の値付けなんてそんなものである(誤解のないように記しておくがショップや代理店だって希少な生き物をそれだけの手間暇をかけて苦労して輸入して来ているのもわかる。だから別にそれで販売者が不当な対価を取っているとかそういうことを言いたいわけではない)。

次々と評価が上下する中で希少性や価格にごまかされず自分にとってどうしても欲しいという種をチョイスできるかどうかが、これからもこの趣味を長く楽しむためのコツになるかもしれないなどとも思った。もちろんだからこそどうしても気に入った生体が高価な場合、大枚を叩く結果になるのも致し方のないところではあるのだろう。


で、つい余計なことを考えながらの日光浴が済んだら身体測定結果

CIMG4626.jpg

体重 2693g (+340g)
甲長 25.0cm (±0.0cm)


完全に以前の水準に戻った…というかむしろ激増した(汗
もうなにがどうやらという気さえするけれど、ここのところ排泄物が少なくなる傾向はあったかもしれない。さすがにいちいち排泄物の量を量ったりはしないので印象でしかないけれど。だからこれも結構な部分うん○体重である可能性はあると勘案しつつも2.5kgを大きく超えてきたのには素直に驚いた。一応体重減での不安は払拭されたと言えそうだ。


CIMG4636.jpg

体重 228g (+12g)
甲長 10.0cm (±0.0cm)


こちらも餌メダカに沈下タイプカメプロスと食べ放題で体重が大幅に増えた模様。あまり体重を増やしたくはないがここのところの紆余曲折を考えればここは致し方なしか。ともかく配合飼料を食べてくれるようになったのでここからまた調整していきたい。


CIMG4632.jpg

体重 115g (-10g)
甲長 9.1cm (±0.0cm)


マンヤマガメはやや体重を減らした。他にも理由はあるのだけれどまだ導入から1カ月でもあるし環境に慣れるまでの間の体重減は予想されたことでもある。餌も良く食べているので特には心配はしていない。


CIMG4647.jpg

もうこの時期に入ってくると熱帯産のリクガメでもケージを出て昼間はベランダ夜は室内などという飼育も可能にはなってくる。というわけでしばらく室内で放牧させるわけだけれど。


CIMG4648.jpg

いつものことながら部屋の隅で固まって動かないその姿を見るに、なんら問題はないとはいえケージに比べればずっと温度が低く、体を入れられるような水入れもないこの室内放牧にどんな意味があるだろう?とふと思う…そこでやっぱりたいした意味はなさそうだなと結論付けるとそっとケージに戻して放牧終了。たぶんこんなことをこれからも繰り返しながら今年も夏のベランダ飼育を待つことになるのだろう。



スポンサーサイト
カメズ | 20:58:27 | トラックバック(0) | コメント(8)
3月の身体測定@2013
世間はGW真っただ中だけれどもこのブログでは淡々と3月の結果のまとめ。
いくら遅れているとはいえ投げだしたりはせずに記録にしておこうと思う。
ただしこの間に4月の分もやってしまおうと考えているので3月は結果を中心にやや手短にいきたい。


CIMG4547.jpg

体重 2353g (+156g)
甲長 25.0cm (+0.3cm)


2月に思いっきり体重を減らしたジル。みるみる体重が戻ってきた。この時点ではまだ以前の水準には戻っていないが、大きくプラスに向いたのは安心材料。なぜあれほど急激に体重を減らしたのかは謎だが、食欲もあるようだしこのままで大丈夫そうだなと感じられる結果に。


CIMG4551.jpg

体重 216g (+3g)
甲長 10.0cm (±0.0cm)


一方こちらも偏食にやや手を焼いていたマーシャル、しかし活路が見えたのは同じ。活き餌を与えることで食欲を刺激してみたりしたが、その後もカメプロスやレプトミンなどの配合飼料には目もくれないという状況が続いた。が、そこへあっさり救世主が登場。それが↓

CIMG4618.jpg

カメプロス沈下タイプ。
前回マーシャルの偏食のことを書いたらコメントで2名の方から紹介があったのがこれ。ニオイガメ用に作られた水に浮かないタイプの配合飼料。

うちにはすでに山ほど配合飼料が転がってるし(リクガメ用も含めて今度紹介してみたいくらい(苦笑)、このひとつ前にもニオイガメ用の沈下タイプの配合飼料が別のメーカーから発売されているのだがその評判がいまひとつ芳しくなく、さらにはこれがマーシャルが見向きもしなくなったカメプロスの姉妹品ということもあり個人的には食指が動きづらかった物件なのだけれど、紹介してくれた2名の方に背中を押される形での購入。ありがとう当たりでしたこれ。

中を見てみると粒がとても小さく、勝手にニオイガメ用に顎をバリバリ鍛えるような大きさをイメージしていたのでやや拍子抜け。見た目だけなら外れ気配濃厚だったが、実際はそんなことはなかった。中に仕込まれているシジミエキスが食欲を刺激するようでバクバク食いよる。シジミエキスは飲みすぎの私の肝臓を助けてくれるだけではなく、配合飼料を食べようとしないニオイガメをも惹きつける。なかなか奥深いなシジミエキス。

これを入れるとなぜか餌メダカも猛烈な勢いで食いついてきてマーシャルと餌の取り合いになる。マーシャルそこだ!今こそ餌メダカを食べる大チャンスじゃないか!と熱く水槽を見つめるもマーシャルはカメプロスしか眼中にないorz(ちなみに私はいやというほど魚を食われているにもかかわらず、マーシャルが魚を食べる瞬間をほとんど目にしたことがない。底を這いずりまわりさほど泳ぎ上手でもないカメだから魚が起きて自由に泳いでいる昼間はほぼノーチャンスなのだ。しかし夜の帳に忽然と魚は姿を消す)

そんなわけでマーシャルの餌についてはあっさりけりがついた。問題はほぼ食べられなくなってしまった餌メダカ。だがこれも別に使い道はあるので(その使い道を聞かれてもちょっともにょっちゃうんだけどね…)、魚を食べなくなったマーシャル水槽にまたランプアイを遊泳させられる日が来るかもしれない。うん、なんだかんだで好きなんだランプアイ。


CIMG4561.jpg

これはエンダイブ。わざわざ断らなくても包装のど真ん中にそう書いてある。リクガメの餌にケイティママさんが使用していたので、スーパーに置いてあったのを見つけ私も使ってみようと購入。

量が豊富でしかもリーズナブル。カメ餌として非常にありがたい野菜だけれど、いかんせん量多すぎ(汗。カメが食べきれずに腐らしてしまうのもなんなので野菜サラダに入れてみた。

まあチコリとかトレビスなんかに比べれば量も食べられる。やっぱりやや苦いけど。。。でもドレッシングに漬けてしまえばなんとか食べられるレベルではある。しょっちゅう食べさせられるのは勘弁だが気が向いたらたまに買ってくるか。


CIMG4571.jpg

体重 125g (±0.0g)
甲長 9.1cm (±0.0cm)


3月の終わりに購入したマンヤマガメことコスタリカアカスジヤマガメ(うん、必死で覚えたよママン…)の測定結果も一応掲載。こいつについては新入りだということもあるし別途詳しめに記述しておきたいと思う(いつになるんだよとか突っ込まないそこ)。


カメズ | 20:58:23 | トラックバック(0) | コメント(2)
2月の身体測定@2013
CIMG4528.jpg

ある程度天気が良ければ日光浴に出すのもありやという昨今。あーやっとかとカメに野球にとシーズン到来。5月のGWくらいまではまだ寒い日も多いだろうけどだいぶ暖かくなってきたのもまた事実。爬虫類飼いにとって憂鬱な冬とやっとおさらばできそうだ。


CIMG4525.jpg

たまにはヒメニのマーシャルも日光浴。ほとんどしないけどね。


CIMG4503.jpg

昨年の暮れふいに思い立ち飼育を始めた白メダカ、プラケごと外に出すという大雑把きわまりない飼育だけどさすがはメダカ、何事もなかったかのように春を迎えている。
当初の予定とは異なったものの睡蓮鉢のアカヒレも5年を超えてだいぶいなくなったようなので、次世代はこの白メダカを主役にというのも悪くはないだろう。きっと夏には涼しげに見えるに違いない。


さて身体測定

CIMG4496.jpg

体重 2197g (-348g
甲長 24.7cm (±0.0cm)


計量器が壊れたのかと思った(汗
350gのマイナスはいくらなんでも大きい。正直この時はジルにいったい何が起きたのだ?と心配になったのだけれど、その後は至って普通で食べるものを食べ、出すものを出して現在では体重も戻ってきてる。本当になんだったんだろ?

しかし一か月のラグがあるとリアルタイムで心配しながらブログ書かなくてもいいのは良いね。ただの言い訳だけど。


CIMG4495.jpg

体重 213g (-3g)
甲長 10.0cm (±0.0cm)


さてカメプロスを拒否って偏食全開問題児のヒメニ。おいそんなヒメニなんて存在するのかよと思わず苦笑されてしまうくらい本来なんでも食べるような丈夫なカメだけど、それだけにこちらもやはり苦笑いで返すしかない。


CIMG4508.jpg

まあ気分転換にアフリカンランプアイを投入してみた(あ、飼い主の気分転換です)。マーシャルに関しては偏食中だから食わないだろうし、食うなら食うで食欲を刺激できるわけだからそれでも良いかといった塩梅。

ただ長いことこの水槽にはマーシャルしか入れてなかったので(マーシャルが食べちゃうので…)、上部式ろ過の水流がこの手の魚にはやや強すぎることを忘れていたり、魚を入れていたころのように水質を気にしたりということがほとんどなかったのでポツリポツリと死んでいってしまう。

そこでフィルターをせっせと洗い市販のカキガラで水質調整を試み、水流の出口の向きを変え洗濯機を解消して再び魚を投入。


CIMG4538.jpg

そして餌メダカへ…(爆
元々魚を飼育できていた水槽なので上に書いた点を改善すれば問題ないのはわかっていた。問題はないけどランプアイをどうやらマーシャルが多少なりとも食っていることもわかった(盛んに襲う姿勢を見せてたしね)。いなくなったのは水質や水流のせいばかりではなかったのだ。つまり食欲の刺激の方では成功していたのだ。半分だけ喜ぼう。

となるともう値の張る魚を入れるのはリスクが高すぎるというわけでべたに餌メダカ。さあ思う存分食べるがよい。生き残ったのはそれはそれとして水槽の賑わいくらいにはなるだろう。

ランプアイや餌メダカで試行錯誤してすでに1カ月以上経った今、マーシャルに食べられることで少しずつ数を減らしながらも生き残った餌メダカは今も元気に水槽を泳いでいる。マーシャルの偏食は相変わらずだけれどコリタブ(コリドラス用の配合飼料)くらいは食べたりするようにもなった。

再びカメプロスを食べるようになっては欲しいがこのままでも特に問題なくマーシャルは生きていくだろうね。


カメズ | 16:35:56 | トラックバック(0) | コメント(14)
1月の身体測定@2013
CIMG4480.jpg

更新が1カ月以上ずれてしまった身体測定(汗
結果、いかばかりか暖かくなってちょっと元気が出てきた(^O^)(理想的爬虫類飼育者)。
そしてササッと片付けてたまには身体測定以外のことも書きたいものだと思う(他人事過ぎる件)。



CIMG4476.jpg

体重 2545g (+57g)
甲長 24.7cm (+0.1cm)


ジル、この時は順調。次の月に若干の異変があるのだけれど1月のペースは悪くない。


CIMG4479.jpg

体重 216g (-4g)
甲長 10.0cm (+0.1cm)


一方1月の時点で若干異変のあったマーシャル。餌を3日1度に変えたことはすでにここでも書いた。しかしその後ちょっとした気の迷いで餌のバリエーションを広げようとか思って違う餌を与えたら今度は偏食になってしまった(汗。これまでカメプロスという配合飼料ほぼ一本で飼育してきたのだけれどこれを全く食べなくなった('A`)

久々にまだ小さかった頃のマーシャルが記憶から蘇る。これいつか来た道だわと。

マーシャルに関してはチビの頃にも偏食に手を焼いていろんな餌を与えたりしたことがある。しかしその時はほとんどの餌を拒絶し、自分が一番好きなもの(ラムズホーンなんかの貝類とかね)しか見向きもしなかった。今回も似たような状況なのでまたナマズの配合飼料からコリタブ、プレコタブ、小魚を乾燥させたカメ餌などなどから少しずつ始めるかという感じ。

以前ならかなり冷や冷やしたものだけれど、今は立派な体格になったマーシャルだから多少餌食いが悪くなっても動じたりはしないけどね。当分の間は食べるものを探しながらも成り行きに任せる。


CIMG4485.jpg

1月の後半にもなって寒さが一番厳しい頃になるとこれまで元気だった植物も色が変わりへたれて来る。


CIMG4486.jpg

アロエも茶色っぽくなってしまった。でもここで枯れてしまわない限りは大丈夫。本格的に春を迎えればまた元気になってワサワサと成長してくるだろう。その頃にはカメ餌のバリエーションも豊富になってきて給餌に頭を悩ませることも少なくなってくる。要するに暖かいということは良いことだ。


カメズ | 03:55:33 | トラックバック(0) | コメント(6)
12月の身体測定@2012
CIMG4469_convert.jpg

年末年始もあわただしく過ぎ去って行き、気がつけば1月ももう終わり。
しかし去年の身体測定結果はまだだった…というわけで去年やり残したことはちゃんとやっておこう。
(いやだって去年のうちに測定自体はやってたしね←言い訳)


CIMG4460_convert.jpg

体重 2488g (+183.0g)
甲長 24.6cm (+0.2cm)


今月も甲長はじわりと伸びる。0.2cm、良いペースだ。
一方で大きく増えた体重が気にかからなくもないけれど、10月はマイナス、11月が微増だったことを考えるとうん子体重の可能性大といったところだから当面様子見で大丈夫そうかな。


CIMG4461_convert.jpg

約2.5kg。結構重いんですよこいつ。体格的にももう十分成人式の資格がありそうな。


CIMG4462_convert.jpg

顔を見ても成熟したのかどうかはわからん(汗


CIMG4468_convert.jpg

ともあれ今年もひとつよろしくということで(遅っ)。


一方マーシャルは…

CIMG4457_convert.jpg

体重 220g (+0.7g)
甲長 9.9cm (±0.0cm)


この結果を受けて以降、餌は三日に一度に。いくらなんでも太りやす過ぎる。こちらも体格的には十分大人なので、餌の頻度はそのくらいまで落としても問題はないだろう。来月まではこれで調整。



さて真冬のプランターといえば…

CIMG4471_convert.jpg

夏の間にジルに襲撃・殲滅されたウチワサボテンの鉢の後にはたぶんこれ昔捲いたミニチンゲン菜の葉っぱか、レンゲソウだよね?って思うが、よくわからない葉っぱがものすごい勢いで密集して生えてる(汗。なんだこれとか思いながら時々餌に混ぜてやれるのでそれほど悪いことでもないか。


CIMG4474_convert.jpg

なんか知らんがこっちにも(汗。
救出されたウチワサボテンが中央に写っているけどもはや風前の灯火だねこりゃ。

実は去年ベランダの改修工事があってプランターは全部別の場所に移動させられててその間は完全に放置状態だった。


CIMG4472_convert.jpg

そしたらなにやらジャングル状態に…
ともかくいろんな植物があちこちから顔を出しカオスな状況、こんなのも嫌いではないが。


CIMG4473_convert.jpg

ここはツユクサに根っこの部分だけ植えた小松菜。植えておくだけで葉っぱが生えてくるのでちょっと得した気分ではある。たいした量にはならないのでさほど実用的とは言えないけれど。それにしてもここのところ小松菜高い。デフレの世の中で一人ハイパーインフレ状態。飼育してるのがケヅメじゃなくて本当に良かった(>_<)


CIMG4475_convert.jpg

こっちにも小松菜。とりあえず冬場でも成長するのでありがたい植物でもある。


CIMG4470_convert.jpg

ベランダ改修工事とジルの度重なる襲撃にも耐えたコダカラソウ。さすがだ、さすがコダカラソウ。もうね名前の通り言うべきかコダガラに恵まれ過ぎててガンガン生えてくる(さすがに真冬のこの時期は増えないけれど)。与え続けるとすぐ飽きてしまうようなところはあるけれど、リクガメ用にキープし続けたい一品。一方去年まで右半分に植わっていたグラパラリーフは襲撃の犠牲者。もう復活しそうにもない。

4月になったら全面的にまた植え直しでもするかと思いながら、今は2月の寒さが厳しい時期をうまく乗り切ってくれることを期待してる状況。


カメズ | 17:41:51 | トラックバック(0) | コメント(8)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。